梅安の患者達

 

 鍼医者としての表稼業を持っている梅安。金銭にこだわらずに面倒を診る梅安を土地の人は「仏の梅安」、「台町のお助け先生」と称え、江戸御府内から東海道筋の各地に梅安の治療で治った患者が「梅安への恩返し」のために協力してくるが、彼らは梅安が仕掛人であるという闇の部分は知らない。

 梅安は仕掛の前は長期間、家を離れるため医者の心得として重病の患者を治すか、別の治療法を教え新患は受け付けないようにしている。

 白子屋の仕掛人が患者に化けて襲ってきた以降、挙動不審な初診患者は白子屋の手先ではないか彦次郎に後を尾けさせ身元を確認させるなど用心深くなった。

 作品の後半になると白子屋の残党に命を狙われる梅安は患者が巻き込まれないようにほとんど帰宅せず、指圧を教えた彦次郎に代診させた。 

 

名前 初出  紹介
金蔵 一巻・女殺し  下駄屋。梅安の患者。煙草と酒が原因で体を壊す。彼が話す土地の噂話が梅安の助けになることもある。
おだい 一巻・女殺し  下駄屋の金蔵の妻。二人目の子供の出産は難産で、専門外の梅安の処置で助かった。
与助 一巻・女殺し  梅安が唯一仕掛稼業を忘れられる場所の料亭井筒の主。命の恩人である梅安をいつも丁重にもてなす。
彦次郎 一巻・女殺し  梅安の親友。仕掛人。時々梅安に針を打ってもらう。
るい 一巻・殺しの四人  梅安が初めて殺した相手。梅安の患者だったが夫の留守中に梅安に手を出す。不義密通が夫に発覚すると「梅安に脅された」と嘘をついた彼女を許せず梅安は殺してしまった。
お崎 一巻・秋風二人旅  白子屋菊右衛門の妾。白子屋の京の拠点である茶屋・井筒を任されている。梅安に難病を治してもらった。
相福寺の和尚 一巻・梅安晦日蕎麦  梅安宅の近くにある寺の和尚。病気にかかるとまず梅安を頼るほどの信頼している。
お千代 一巻・梅安晦日蕎麦  旗本嶋田大学の家臣三沢当右衛門の娘。母は主に犯された衝撃で自殺し、彼女は抵抗し暴行を受け監禁されるが石川友五郎に助けられて出奔する。

 半死状態になり梅安の治療を受けた。梅安が嶋田を仕掛けた頃には物が食べられるまでに回復した。

堀本桃庵 二巻・梅安春雪仕掛針  北本所・表町に住む外科医。梅安から内密に頼まれて病人、怪我人の治療をする。口は堅いが厄介ごとには巻き込まれたくない性格。

 肝臓を悪くし梅安の治療を受けた。

越後屋平左衛門 二巻・梅安蟻地獄  四谷御門外にある蝋燭問屋。梅安は同業の伊豆屋について聞き込む。
富五郎 二巻・梅安蟻地獄  沼田藩下屋敷の中間小頭。屋敷の博打場を取り仕切る。胃病を治してもらった梅安に山崎宗伯の話を教えた。
萱野の亀右衛門 三巻・梅安鰹飯  昔は目黒から渋谷を縄張りにしていた香具師の元締め。隠居して道楽で百姓をしているが昔の義理から大井の駒蔵に頼まれ、かつて仕掛を受けてくれた梅安と駒蔵を仲介した。その後は蔓として梅安に仕掛を頼む。

 坐骨神経庄に苦しむと梅安の治療で治った。梅安に頼まれて新居を世話した。

宗太郎 三巻・梅安迷い箸  袋物屋鍵屋の手代。梅安の仕掛の現場を見たおときの弟。重病にかかり梅安の治療で命が助かった。
下総屋六左衛門 四巻・銀杏落葉  葛飾郡新宿の布海苔問屋の主。歩けなくなったが梅安の治療で治る。命の恩人梅安に頼まれ梅安が連れてきた侍を預かった。
近江屋佐兵衛 四巻・寒鯉  本庄の旅籠の主。梅安に難病を治してもらう。
伊勢屋万三郎 五巻・梅安雨隠れ  田町五丁目の料理屋。家族ぐるみで梅安の鍼の世話になっている。梅安に頼まれて梅安を店に泊める。
鶴蔵 五巻・兇刃  東海道吉原の古着屋の主。江戸にいた頃は梅安の患者。梅安の頼みで小杉十五朗を探した。
片山清助 五巻・引鶴  南日本橋松屋町の薬種問屋の主。梅安が京の津山悦堂の下で修行中、兄が師と親しい間柄だったこともあり、京にいた清助は梅安と親しい。

 駒井助右衛門に毒薬入手を持ちかけられ断わったことで命が狙われると感じ、その心労とつまずいて足を打った怪我でやせ衰える。梅安の治療を受けて回復する。

 親しい梅安に全てを話し、心労がなくなり駒井が急死すると回復する。梅安は片山が治ると箱根に湯治をさせて療養させた。

鵜ノ森の伊三蔵 五巻・鵜ノ森の伊三蔵  白子屋菊右衛門の配下の仕掛人。

 元締めの命で患者に化けて梅安が治療する隙に襲い掛かるが失敗する。再度、梅安を襲うが返り討ちにされた。

 もっとも、医者としての梅安からの宣告はきっちり守っている。

光念和尚 五巻・殺気  目黒にある西光寺の和尚。梅安の言いつけを全て守る模範的な患者。治療代が払えない代わりに梅安の頼みで小杉十五朗を預かった。
石墨の半五郎 六巻・殺気の闇  切畑の駒吉の配下の仕掛人。切畑の駒吉に梅安を仕掛けるよう命じられる。

 鵜ノ森の伊三蔵と同じく、患者に化けて仕掛けようとするが、梅安に見破られ、返り討ちにされた

お杉 六巻・三人の仕掛人  笹屋伊八の手の者。不在がちな梅安が自宅に帰ってくるのを見張るため、夫婦で梅安宅の近くの小間物屋の二階を借り受ける。

 伊八の命で患者として梅安の診察を受ける。梅安から泊りがけで出かける予定を聞くと夫を通じて、伊八に知らせる。

 

仕掛人・藤枝梅安の登場人物のページへ戻る