仕掛人の暮らし

 

 金ずくで人殺しをする仕掛人の普段の暮らしや金の使い道など作中と他の池波作品の記述から考えてみる。

 

1 普段の暮らし

 仕掛稼業は裏稼業であり、たいがいの仕掛人は表稼業を持っているはずである。裏稼業だけで生活していると世間から疑いの目で見られ、御用聞きか公儀の耳に入り、監視されるようになれば仕掛稼業がやりにくくなる。

 当然のことだが、どれだけ優れた仕掛人であろうと元締めの持家を除けば仕掛人と明かして家を借りるわけにはいかない。まとまった金があり、かなりの期間の家賃を前払いするなら別だろうが表稼業がなければ仕掛人は世間の目では無職扱いである。家賃が払える見込みがない者に家を貸す大家は、今も昔もいないだろう。

 浪人の仕掛人なら定期的に外出し、「剣術道場での代稽古で収入を得ている」など世間の目を欺くのだろう。

 もっとも、短編集『江戸の暗黒街』(新潮文庫)の「殺し」に登場する近藤市五郎は表稼業はないが、普段から立派な身なりで暮らし、土地の人たちは「仕官先で重役の汚名をかぶり大金と引き換えに辞めた」と思い込んでいる。表稼業では収入がなくても、暮らしが成り立つように納得させることもできたのだろう。

 一度の仕掛で数年暮らせるだけの仕掛人なら表稼業は世間に疑われない程度にこなしていればすむだろう。駆け出しの仕掛人なら滅多に依頼は来ず仕掛料だけでは暮らせないはずだだから普段は表稼業に専念しているだろう。怪我でもして引退することになれば表稼業がないと生活できない。

 仕掛人達は何食わぬ顔で普通に町の中で暮らしている設定である。

 

2 仕掛で得た金の使い道

 表稼業の収入に応じた暮らしをしないと世間に疑われる。梅安は江戸でも近くの品川や目黒近辺の料亭をではなく、遠くの浅草の井筒を贔屓にしている。道楽は江戸を離れた熱海、箱根、上方であり、偽名を使っている。

 金銭にこだわらない治療を行う鍼医の梅安が江戸で大金を使って遊んでいることは不自然である。これが世間に知れると「梅安は裏で何か悪事をしている」と怪しまれ公儀にまで、届き監視でもされれば仕掛稼業がやりにくくなる。江戸の梅安を知らない者なら「江戸の金持ちの医者の道楽」としか思わない。遊ぶのも一苦労である。そもそも、梅安は京都で人を殺したお尋ね者だけに目立つことはできない。

 自由に使える金がいくらあっても道楽で使える金も限られて、金は溜まる一方で使い道に困る。『梅安料理ごよみ』の「池波正太郎・梅安を語る」で池波さんによると困窮している患者にどんどんお金を与えている設定になっている。

 それでも減らないようで六巻・殺気の闇の時点で自宅の床下に埋めた壷の中には350両がある。その後、井筒のおもんに二百両を店の者を通じて渡す。江戸時代では世間に目立たないように豪遊することは無理なのだろう。

 ある程度の腕を持つ仕掛人は数年間遊んで暮らせる金を得ても元締めへの義理から仕方なく仕掛をするため貯まる一方である。短編集『殺しの掟』(講談社)の「顔」の木村十蔵は仕掛で得た金を妻子に託さずに亡くなってしまう。仕掛人ということを知らない身内に大金を託せばどういう手段で得た金か説明する必要がある。大金を隠したまま亡くなる方が仕掛人ということを知られるよりましである。

 もっとも、仕掛人の大半がいつ亡くなるかわからないため貯金していても無意味で仕掛料を全て使い来てしまう者も多い。

 

3 孤独な仕掛人

 鍼医の梅安は交友関係が広いが普通の仕掛人は孤独なものが多い。蔓である元締めが無理やり仕掛を引き受けさせるため家族や表稼業の親友、恋人を「人質にする」とか「命を狙う」と脅されれば、どんなに危険で、好まない仕掛でも引き受けるしかなくなる。

 また、元締めが彼らを人質にしておびき出して殺すという手もある。仕掛人ではないが音羽の半右衛門が白子屋菊右衛門の妾を監禁し江戸におびき出した。もし、梅安がおもんか患者を人質にされれば行くしかなくなる。 

 そのため、親しい人がいるといつ巻き込まれるかわからないため表の世界の人間とは最低限の人しか関わろうとしないので仕掛人は孤独である。鍼医のように多くの人を相手にする表稼業を持つ仕掛人は珍しいだろう。

 金を貯めても託す相手がなく、いつ亡くなるかわからないため思いっきり使うしかない。梅安のように信頼できる仕掛人が友人にいるなら仕掛で得た金を託せるが孤独な仕掛人には託す相手がいない。結局、命がけ金を得ても誰にも託せずに亡くなってしまう。池波作品の仕掛人の世界は何とも言えない悲しい世界である。

 

梅安企画集へ