未完の作品のその後を考える

 

 七巻「襲撃」で絶筆となった梅安のその後を絶筆の時点の状況から推測して展開を考えてみる。

 あらかじめ全体の結末が決められてる作品の場合は、結末へ向かって話が組み立てられるため、結末はある程度推測可能である。

 しかし、池波さんは『鬼平犯科帳の世界』に収録されている「著者インタビュー」によると、きめた結末に向けて構成を組み立て書き始めるのではないらしい。結末は話の成り行きに任しているため、池波さんご本人でも作品の結末をどうするのか決めておられなかったと思われる。作者の池波さんですらわからない結末をこのページではあえて考える。

 

◆絶筆時点での話の状況の整理

 結末を考える前段階として絶筆時点での話の状況を箇条書きにして整理する。

 

〇梅安達

 白子屋の残党の三浦十蔵が生きていると梅安はいつ襲われるかわからず、梅安達は三浦を返り討ちにしようと考えている。

 梅安は近くの荒物屋に寄宿している浪人が遠方に住む按摩を駕籠を使わせて呼んでいることを土地の噂で知ると、浪人の正体を確かめるため按摩の竹の市に患者として近づき、その浪人が三浦ということを知る。

 彦次郎達は三浦の寄宿先へ出入りする雉子の宮門前で茶店を構えている男(大野原の庄八)を三浦の手先と判断し、始末する。

 そのことで警戒した三浦はねぐらを変えたが、梅安は竹の市から三浦の居所を聞きだす。

 目黒の新居が完成間近。鍼医者と仕掛人の要素が合わさった家らしい。

 

〇小杉十五郎をめぐる人々

 梅安は小杉十五郎を仕掛人の道から足を洗わせて再び剣客の道を歩ませたいと考えつつ、やむなく仕掛を手伝わせてしまう。

 小杉が仕掛人になったことを知らない浅野新之助は小杉の剣客としての才を惜しみ、浅野が世話になっている備前岡山藩へ小杉を推挙しようと考えていた。しかし、梅安宅に住む小杉に会いに行く途中、梅安宅へ乗り込もうとした怪しい者(仕掛人の平尾)を牛堀道場後継者争いの一件で小杉に恨みを持つ者と思い込んだ浅野は、剣客としての宿命として斬った相手の遺族から恨みを買っている小杉の仕官は困難だと考えている。 

 

 

〇音羽の半右衛門

 おしまに直接会い、彼女が裏切ったことを知った音羽の半右衛門だが、なぜか彼女を生かして帰す。しかし、その日から吉田屋から姿を消し、どこかに潜んでいる。

 白子屋の跡目を継いだ切畑の駒吉一味に吉田屋が襲われる。吉田屋にいなかった半右衛門は無事だが数名が殺された。

 

〇白子屋残党

 白子屋の跡目を継いだ切畑の駒吉は元締めの夢でもあった江戸進出を目論み、江戸の香具師の元締めの巨頭の音羽の半右衛門を仕掛けようと配下の者三名に半右衛門の店の吉田屋を襲わせるが、半右衛門はおらず失敗する。

 元締めの敵の梅安を仕掛けるために差し向けた仕掛人の中で生き残っているのは三浦十蔵と平尾要之助、小野祐助の三名。しかし、小野は梅安宅襲撃に失敗し重傷を負っているため仕掛人として役に立たないだろう。

 三浦は梅安を再度襲おうと考える。梅安は白子屋残党からの襲撃を警戒し自宅に帰ることは稀で、梅安帰宅の報を得るために梅安宅を見晴らせていた大野原の庄八が何者かに殺害される。庄八が梅安達に殺されたと感づくとねぐらを変える。

 梅安の一味の小杉の剣の腕が尋常ではないことを知る三浦は梅安と小杉の2人を同時に相手にしては適わないと考えるため、梅安宅で留守番をしている小杉を先に殺そうかと思案している。 

 平尾は梅安に左腕を折られ梅安への仕掛を諦め、標的を音羽の半右衛門に変更する。平尾と男女の仲になったおしまは辻斬りをして仕掛人としての自信を取りもどそうとする平尾に何か重大な話をしようとしていた。

 

 

◆その後の展開と結末の予想

 作品を続けようと思えば、白子屋残党を壊滅後に新たな敵や難しい仕掛を作り出せば、作品はいくらでも継続はできる。

 ここでは白子屋残党が壊滅した時点で終わることを前提にその後の展開と結末を予想する。

 

〇三浦十蔵

 梅安達に殺されるだろう。小杉と一騎打ちで討たれるというものではなく、梅安達に誘い出される形で梅安の新居を襲い、返り討ちにされるだろう。

 

〇平尾要之助とおしま

 梅安が平尾を返り討ちにせずに腕の骨を折り、仕掛人として再起不能に近い形にし、音羽の半右衛門が裏切ったおしまをあえて生きて帰したのは二人に今後の話の展開上、何らかの役割があることを想定されていたからだろう。平尾が梅安に返り討ちにされ、おしまが半右衛門の一党に殺されるだけなら、二人を生かしておく必要はない。

 おしまが話そうとした内容は彼女が音羽の半右衛門の命で白子屋に潜入していたことなど彼女の経歴で、平尾を失いたくないから仕掛人をやめて二人で生きていこうと諭すと推測される。おしまが最後は女として生きていくため、その相手として平尾が選ばれ、二人が生き残ったのではないかと思う。

 そうなるとこの二人は半右衛門からだけでなく、白子屋残党からも命を狙われる。

 おしまが平尾を助けるため、音羽の半右衛門に洗いざらい話し、彼女を半右衛門の一味ということを知らない切畑の駒吉を誘い出すために使われるなど、白子屋残党壊滅に何らかの形で貢献することを見返りに見逃してもらうという展開が考えられる。

 

〇梅安、白子屋残党を一掃する

 梅安は座頭の竹の市から三浦の居所を聞き出すことに成功する。しかし、三浦に梅安達の顔を知られているため、三浦の按摩好きを利用して彼に近づき仕掛けることはできないだろう。

 梅安は三浦が梅安の新居へ襲撃するよう誘い出すため、梅安が夜中に新居に1人でいるかのように装い、彦次郎と小杉の助けを借りて返り討ちにする策を用いるかもしれない。その時は梅安の新居に施された仕掛が活用されるかもしれない。梅安宅は焼失した彦次郎宅の仕掛を参考にし、押入れや戸棚から床下へ抜けられる仕掛けがあるが、新居ではどのような仕掛けがあるのか気になるところである。

 仕掛人対策のための仕掛であるが、並の仕掛人なら使うまでもなく返り討ちにできる。三浦を相手に新居の仕掛が「お披露目」されるかもしれない。小杉か彦次郎が寝泊まりできるような隠し部屋があれば、三浦が梅安の新居に乗り込んできたとしても返り討ちにすることは容易であろう。

 切畑の駒吉から命を狙われている音羽の半右衛門からの依頼で切畑の駒吉ら白子屋の残党の主だった者の仕掛を成功し、江戸から白子屋残党を一掃した時点で作品は完結させると思う。

 

〇梅安が元締めになり仕掛人をやめる

 梅安は音羽の半右衛門の許しを得て、仕掛人から足を洗いおもんと夫婦になり浅草の井筒の近くに開業するか目黒の新宅に移り住み、鍼医者として余生をおくるというのが多くの読者の希望と思う。

 しかし、梅安はすでにおもんと別れることを決意し、別れを告げるつもりで井筒を訪ねるが、おもんに会わずに去っている。

 闇の世界に生きる梅安が仕掛人稼業から足を洗って幸せに暮らして終わるという展開は、この作品らしくなく納得できない。仕掛人の世界は一度入るとなかなか抜け出せないことを強調されているだけに無事に足を洗えるとは思わない。

 仕掛人の末路として梅安が殺されるか、公儀に通報されて捕まるという終わり方も考えられるが、そういう終わり方は誰も望まないだろう。

 音羽の半右衛門には妻はいるが、子供に関しては不明である。彼に継がせるべき子供がないか、子供がいるとしても闇の世界に入らせたくはないという理由で信頼できる梅安に跡目を譲り渡し、梅安は元締めになる形で仕掛人を辞め、作品が終わる形がこの作品らしい終わり方だと私は思う。

 梅安が元締めになると彦次郎は梅安の片腕、小杉は梅安の下で仕掛人を続け、終生変わらず梅安を支えていくという形が人と人との絆が強調された作品の流れに沿った終わり方ではないかと私は思うが、いかがだろうか?

 

梅安企画集へ戻る