牛堀道場の後継者争い

 

 二巻・梅安初時雨から起こる牛堀道場の後継者争いは巻をまたいで描かれるため整理してみた。

 剣術道場の後継者争いが何度も描かれる『剣客商売』ですら、これほど長期間の後継者争いはないため、池波作品の中では牛堀道場の後継者争いが最も深刻で、期間は長い。

 このページでは前半に道場の関係者と後継者争いに関わった人物、後半に争いの過程を一覧表でまとめてある。

 

牛堀道場の関係者ならびに後継者争いに関わった人物

名前 初出  紹介
牛堀九万之助 二巻・梅安鍼地獄  浅草元鳥越町に奥山念流の道場を構える剣客。道場は小さいが牛堀の名声は江戸中の剣客に知られている。妻子はなく病気で亡くなると新参者ながら代稽古を務め、若いときの牛堀とそっくりな小杉十五郎を後継者に指名するという遺書状を金子孫十郎信高に託した。

 『剣客商売』の秋山小兵衛の親友。

小杉十五郎 二巻・梅安鍼地獄  大和の浪人の子。牛堀道場の代稽古を務める。道場には足掛け三年の新参者ながら牛堀は各地で修行した彼を後継者に指名した。

 道場を継ぐ決意をしたが反対する片桐らに襲われ返り討ちにしたことで後継者争いが起こった。片桐家が送った追っ手を退けて上方に逃げるが江戸に戻ると道場に姿を現せ路上で片桐一派と斬りあい事を公にして決着を図った。

金子孫十郎信高 二巻梅安初時・雨  湯島五丁目に一刀流の大道場を構える剣客。先代を師のように慕った牛堀から遺言状を預かり披露した。

 牛堀道場に後継者争いが起こると主がいない道場を預かり、牛堀道場の高弟酒井俊五郎を支援し落ち着いたら道場を継がせるつもりでいる。

酒井俊五郎 三巻・梅安流れ星  牛堀道場の高弟。高弟の中ではもっとも腕は落ちるが教え方が巧い。金子孫十郎の庇護を受け後継者を失った道場で門人を教えている。いずれ道場を継ぐようだ。
多吉 二巻・梅安初時雨  牛堀道場の老僕。小杉十五郎の後継者就任に反対する一派に脅され小杉の居所を教えた。
片桐謙之助 二巻・梅安初時雨  片桐主税助の次男。牛堀道場高弟。道場の後継者を目指し、松平らと師の遺言で後継者に指名された小杉十五郎に闇討ちを仕掛けるが返り討ちにされる。
片桐主税助 二巻・梅安初時雨  書院番頭。次男・謙之助を牛堀道場の後継者にしようと猛烈な運動する。謙之助が小杉十五郎に討たれたと知ると小杉を討つことに奔走したが、事が公になると幕府から謹慎を命じられた。
片桐隼人 二巻・梅安初時雨  小杉十五郎に討たれた片桐謙之助の兄。東海道赤坂で小杉と立会い敗れる。一刀流の達人らしい。
青木忠八 二巻・梅安初時雨  片桐主税助の家来。弟の敵を討とうとする片桐隼人に同行したが小杉と立会い斬られた。
山岡勝造 二巻・梅安初時雨  片桐主税助の家来。弟の敵を討とうとする片桐隼人に同行したが梅安に殺害された。
三宅五兵衛 三巻梅安・流れ星  片桐家の用人。家来の林平吾の従兄林又右衛門が凄腕と聞き、百両で小杉殺害を依頼した。
林平吾 三巻・梅安流れ星  片桐家の家来。凄腕の従兄林又右衛門を松平家に紹介した。
松平新次郎 二巻・梅安初時雨  松平伊織の三男。牛堀道場高弟。師の遺言により後継者に指名された小杉十五郎に片桐らと闇討ちを仕掛けるが返り討ちにされる。
松平斧太郎 二巻・梅安初時雨  小杉十五郎に討たれた松平新次郎の兄。無外流の遣い手だが弟の敵を追い東海道を下る途中、彦次郎の吹き矢を右目に受けて失明した。

 小杉の潜伏先が判明すると片桐、松平の者たちを率いて襲撃を行うが取り逃がしてしまう。

松平宗之助 三巻・梅安流れ星  小杉十五郎に討たれた松平新次郎の兄。片桐家の用人と共に凄腕の浪人林又右衛門に百両で小杉殺害を依頼した。
神保弥市郎 二巻・梅安初時雨  神保亀右衛門の次男。牛堀道場高弟。師の遺言で後継者に指名された小杉十五郎に片桐らと闇討ちを行うも片桐らが返り討ちにされる。逃げ出し片桐らの父兄に知らせた。

 江戸を去った小杉を追うが梅安に殺された。

斉藤修蔵 二巻・梅安初時雨  岸和田藩士。元牛堀道場の門人。公用で江戸藩邸に赴く途中に小杉十五郎を見かけたことを親しい神保弥市郎に告げた。
宮口源三郎 三巻・梅安流れ星  牛堀道場門人。片桐謙之助を斬った小杉十五郎が道場に現れたことを片桐屋敷に通報した。
辰蔵 三巻・梅安流れ星  坂本の御用聞き。片桐家に出入りしている村井信兵衛に頼まれて小杉十五郎の見張りをする。
岡本弥三郎 四巻・白刃  牛堀道場門人。内田と共に小杉の姿を見つけて片桐家に通報した。小杉がいる彦次郎の家の襲撃に加わるが取り逃がしてしまう。
内田半平 四巻・白刃  牛堀道場門人。岡本と共に小杉の姿を見つけて片桐家に通報した。小杉がいる彦次郎の家の襲撃に加わるが小杉に右脚を斬られる重傷を負った。
林又右衛門 三巻・梅安流れ星  元は旗本の家来。道場の後継者争いに巻き込まれ五人を斬り江戸を離れ盗賊をしていた。

 従弟林平吾から小杉十五郎殺害を百両で引き受ける。昔の仲間浅羽の久蔵が堅気になり吉野家の主になっていることを知ると金を強請り娘を誘拐した。小杉殺害を引き受けたことを知った梅安達に仕掛けられた。

 

後継者争いの経緯の整理

 出来事 
二巻・梅安初時雨  牛堀九万之助が急死。道場の有力支援者が子弟を後継者にする運動を始める。

 金子孫十郎より牛堀が小杉を後継者に指名した遺書状が披露される。門人80名のうち30名は小杉を支持する一方、有力な後援者の旗本らが反対する。

 片桐謙之助、松平新次郎、神保弥市郎が道場を継ぐ決心をした小杉に闇討ちをかけるが片桐、松平は返り討ちにされる。逃走した神保は両家に経緯を知らせる。

 小杉が梅安の勧めで道場を捨て、上方へ逃走する。

 片桐、松平の父兄の協力で小杉が立ち寄る鮒宗の見張りが行われる。

 神保は門人の斉藤修蔵が東海道で小杉を見かけたことを聞き、片桐隼人と家来の青木忠八、山岡勝造が先発隊、松平斧太郎と家来2名と神保ら門人5名らが後続隊として小杉を追いかける。

 東海道芒(すすき)の原で松平斧太郎が彦次郎の吹き矢を右目に受けて右目を失明する。三島の宿に松平と家来1名が残る。

 掛川の宿の宿屋で按摩に扮して近づいた梅安により後続隊が全滅する。

 東海道赤坂で小杉が片桐を斬る。先発隊全滅。

 梅安が小杉の身柄を白子屋菊右衛門に預ける。

三巻・梅安流れ星  片桐家が家来林平吾の従兄の林又右衛門に百両で小杉を殺害するよう依頼する。

 江戸を離れていた小杉が牛堀道場に現れる。

 小杉が道場に現れたことを知り、片桐一派15名は小杉を路上で襲い掛かる。松平宗之助ら4名が返り討ちにあい、林平吾ら3名が重傷。後継者争いは公儀の知る所となり、小杉は殺人犯として追わ、片桐、松平両家に謹慎の沙汰が下る。 

四巻・白刃  岡本弥三郎と内田半平が小杉の姿を発見し片桐家に通報する。
四巻・寒鯉  白子屋菊右衛門が梅安らの姿を見かけ、島崎の友蔵に居所を探らせて片桐家に通報する。

 松平斧太郎の指揮により岡本、内田らが小杉がいる彦次郎宅を囲むが勘付かれ、取り逃がす。

 

仕掛人・藤枝梅安の登場人物のページへ戻る