豊臣秀次と関わりが深い人々

 

 豊臣秀吉の命で豊臣秀吉の甥の秀次の補佐役として派遣された附家老や秀次の重臣、家臣など秀次と関係が深い人々をこのページで掲載しています。

 

木村重茲(しげこれ) 常陸介 山城国淀18万石

 父親の代からの秀吉に仕えました。賤ヶ岳の戦いでは堂木山砦の守備大将を務めました。

 その後、各地を歴戦し小田原攻めでは先鋒の秀次隊に属し、文禄の役では朝鮮に渡海しています。

 文禄4年(1595)の秀次事件に連座し、彼のみ処刑(他の人物は自害)されたことから彼は秀次の補佐役だったと考えられています。大坂の陣で豊臣方の武将として活躍した木村重成は彼の息という説があります。

 聚楽第行幸では関白の行列の前駆右の最後尾に供奉しています。「東御門番役書」(『大日本古文書 家わけ第二 浅野家文書』編 東京大学史料編纂所 東京大学出版に掲載)によれば彼は聚楽第東外門である黒門の番衆を務めていた大名の一人です。 

 常陸町という町名は屋敷を構えていた彼の通称の常陸介が由来です。

 

駒井重勝 中務少輔
 秀次の右筆兼奉行。主が失脚し切腹すると1300石で秀吉に仕えました。

 関ヶ原の戦いの前哨戦の伏見城の戦いに西軍側で参戦し、関ヶ原の戦いの後に改易されましたが、前田利長に仕えました。

 彼が秀次に仕えていた頃の日記は『駒井日記』と呼ばれます。この日記には秀次の行動など当時を知るための重要な史料です。特に文禄4年(1595)4月10日に聚楽第の各曲輪の大まかな広さについての記載は貴重なものです。

 

田中吉政 兵部大輔 三河岡崎城 5万7400石
 浅井長政の重臣だった宮部継潤の家臣。宮部が秀吉に仕えると彼も従います。

 秀次の筆頭家老として近江八幡城主の秀次の下に派遣されます。在京か従軍により不在が多い秀次に代わり領地運営の実務を執り、近江八幡の礎を築きます。秀次が尾張に移ると三河岡崎城に移りました。

 関ヶ原の戦いでは東軍に属し、石田三成を捕らえた功により筑後国柳川城主32万石を与えられます。

 文禄4年(1595)秀次事件では何らかの功績があったのか、事件直後に3万石(『新訂寛政重修諸家譜』の田中吉政の項では秀吉の直轄地を預けられたとあります)を加増されています。

 田中町は彼が屋敷を構えていたことが由来と推測します。

 

中村一氏(かずうじ) 式部少輔 駿河駿府城 17万5千石
 近江長浜城主時代の秀吉に仕えました。

 近江八幡城主になった秀次の下へ附家老として派遣されました。

 小田原攻めでは秀次が総大将を務める北条側の重要拠点伊豆山中城攻めを担当、配下の渡辺勘兵衛の活躍もあり、一日で城を陥落させることができました。秀次が家康の備えとして尾張に移ると駿河一国を与えられました。

 文禄4年(1595)の秀次事件では伏見城から聚楽第へ秀次を迎えに来た使者の一人です。事件後、明確な理由は不明ですが加増されています。

 秀吉没後、政権の中老職につきます。関ヶ原の戦いでは東軍に属しましたが、開戦前に病気のため亡くなりました。

 中村町は彼が屋敷を構えていたことが由来です。 

 

一柳直末 伊豆守 美濃本巣郡軽海西城 5万石
 秀吉古参の家臣の1人。

 秀吉の精鋭集団黄母衣衆(きほろしゅう。鎧の背に黄色の母衣を目印にしていた)、後に大母衣衆に属し、数々の戦で戦功を挙げる一方、兵糧奉行や普請奉行としても活躍しました。

 秀吉の甥の秀次が近江半国を与えられると附家老として派遣されました。他の附家老は近江国内に領地を与えられましたが、彼のみ近江の隣国の美濃大垣城2万5千石を与えられました。秀次の相談役を務め、彼の下へ出仕していたため、彼から近江国内で千石を与えられていました。

 その後、美濃国の本巣郡軽海西城(もとすぐんかるみにしじょう)を与えられました。

 小田原攻めでは北条側の重要拠点である伊豆山中城攻めに秀次隊として出陣、城は一日で陥落しましたが、彼はこの戦いで戦死しました。

 

堀尾吉晴 帯刀先生(たちはぎせんじょう) 浜松城 12万石 
 秀吉古参の配下として各地を転戦しました。

 秀吉の甥の秀次が近江半国を与えられると彼の附家老として派遣されました。天正18年(1590)の小田原攻めの後に豊臣姓を許され、徳川家康の旧領の一部である浜松城を与えられました。

 文禄4年(1595)の秀次事件では伏見城から聚楽第へ秀次を迎えに来た使者の一人です。かつての秀次の附家老達は秀次事件後に加増か改易など何らかの変化がありましたが、彼だけ何もなかったです。 

 秀吉没後は中老の一人として家康と石田三成の対立の仲介をしていました。家督を息の忠氏(ただうじ)に譲り越前府中五万石の隠居料をもらいました。関ヶ原の戦いでは東軍に属しました。

 息の忠氏が若くして亡くなり、幼少の孫忠晴(ただはる)を補佐しました。

 

 

山内一豊 対馬守  遠江国掛川城 5万石
 最初は織田信長に仕えますが、後に秀吉に仕えます。

 秀次が近江半国を与えられると附家老として派遣され、長浜城を与えられました。秀次が尾張に移ると遠江国掛川城へ移ります。

 文禄4年(1590)の秀次事件では伏見城から聚楽第へ迎えに来た使者の一人です。秀次が切腹した当日に理由はわかりませんが7千石を加増されています。

 関ヶ原の戦いでは東軍に属し、土佐一国を与えられました。 

 

渡瀬繁詮(わたらせしげあき) 左衛門佐 遠江国横須賀城 3万5千石
 上野新田金山城主の由良成繁の子。北条氏に由良家の居城である新田金山城を攻め落とされ領地を失うと、彼は上方へ去り、秀吉に仕え、秀吉の甥の秀次に属しました。

 秀次が近江半国を与えられると附家老として派遣され、秀次が尾張に移ると遠江国横須賀城を与えられました。

 秀次事件では附家老のうち彼のみが改易処分を受け、預けられた佐竹屋敷で自害しました。近江八幡城主時代の附家老の中で彼のみが最後まで秀次側であった結果と思われます。

 

聚楽第にまつわる人々のページへ戻る