迷宮入り「まゆ墨の金ちゃん」事件を探る

 

 

 この話は私も気に入っている人気のある話でみなさんもご存知のはずです。しかし、何度も冷静に読むと村垣に大治郎殺害を依頼した起こり(依頼人)はわからずじまいとすっきりしない。迷宮入りした事件の真の黒幕を探りたい。

 

作中で判明していることを箇条書きにしてみると

 実行犯は村垣道場で寄宿している内山又平太と内山に金で雇われた三浦金太郎。内山は村垣より50両で依頼された。同じ池波作品の「仕掛人・藤枝梅安」によれば仕掛人と呼ばれる実行犯に渡す金額は起こりからもらう依頼料の半額のため依頼料は百両と推測できる。

 村垣道場は神田橋御門外にあり江戸の中では繁盛している道場。多数の大名家にも出入りしている一方、高利貸しや暗殺など裏稼業にも手を染めている。村垣と越後新発田藩の御用人伊藤彦太夫が料亭桜屋にて密談していることを小兵衛の調べでわかっているが密談の内容はわからない。

 以上の点から推測すると後新発田藩御用人伊藤彦太夫が三男三弥の腕を斬りおとした(一巻・剣の誓約参照)大治郎に恨みを持ち、大治郎殺害を依頼したとしか思えない。

 

伊藤が起こりとすれば

 伊藤が二巻妖怪・小雨坊で小兵衛に江戸に戻ってきた息子の三弥の消息を尋ねに来た件が矛盾する。大治郎への仕掛の起こりの張本人が、殺したい相手の親の家を尋ねに来るのは不自然な話で彼が起こりではないとする根拠になる。その時の小兵衛はあの件がなかったかのような対応だった。

 世知に長けた小兵衛でも息子の命を狙った人物にあのような対応はない。伊藤と村垣の密談内容まで記されていないため、小兵衛が詳しく調べると伊藤が起こりではないという確証を得た可能性もある。 

 

 

伊藤以外が起こりの可能性は?

 他に考えられるのは田沼屋敷での剣術の試合で打ち負かされた者である。「無名の若手の剣客」である大治郎に負けたことで諸藩からの援助の打ち切り、剣術指南役への就任が見送られるなど不利益を被った者もいただろう。その中には大治郎を逆恨み、しかも100両の大金を払うだけの経済力があるものもいるだろう。

 参加者は諸藩自慢の剣客と江戸の有名な道場の主である。藩士が大治郎に敗れたことで面目を失い逆恨みをするということはないとは言い切れないが、藩士の俸禄で仕掛料を出すことは不可能である。自藩の藩士が大治郎に敗れた藩主が逆恨みをし、仕掛を依頼するというのも考えにくい

 有名な道場主なら仕掛に百両を出すことは可能であるが、有名な道場なら腕利きの門人が多数いるはずだから、村垣に仕掛を依頼せずに自らの門人を使って襲わせることができるはずである。

 大治郎に敗れた者が起こりとは考えられない。

 

否定する根拠に対する反論

 両方忘れていたとしたら伊藤が起こりでも辻褄が合う。そう考えないと隠宅での小兵衛と伊藤彦太夫の場面は説明できない。小兵衛は伊藤が起こりであると推測している。彼が尋ねてきたらあの件のことをそれとなく探りを入れて聞いただろう。伊藤も御用人で職務柄、本心を顔に出さないような人物でも平然とはできないだろう。

 池波さんが「まゆ墨の金ちゃん」の話をすっかり忘れていただけか、伊藤が小兵衛を訪ねるのは「妖怪・小雨坊」の話の導入部分であの事件のことを言い出せば話が成立しないため作中の都合で黙殺されたと考えられる。

 

結論

 越後・新発田藩の御用人伊藤彦太夫が起こりと推測される。ただし、作中の都合で黙殺された。

 

番外・村垣道場はどうなったのか?

 村垣道場は「まゆ墨金ちゃん」以降登場しない。悪事を行った道場主はが小兵衛達により成敗されるか、懲らしめて奉行所に捕縛されているこの作品にあって野放しなのは珍しい。この件か別件(高利貸し、暗殺など)が判明し、奉行所の手が入ったか天狗様か剣術の神様に村垣は殺害されたかもしれないが、作者の池波さんに忘れられてしまった可能性が高い。

 村垣道場は神田橋御門外三河町一丁目角地にあり、田沼屋敷上屋敷は神田橋御門内にある。村垣道場と田沼屋敷は近い。11巻勝負では田沼道場での稽古を終えた大治郎は神田橋御門外から三河町一丁目へ向かう途中、待ち伏せしていた村田屋徳兵衛に出会うことから、大治郎は田沼屋敷の往復の時に村垣道場がある三河町一丁目を通っている。

 村垣道場が存続していれば神田橋御門外付近で村垣が秋山親子と偶然会ってしまい一騒動起こったに違いないだろう。

 

企画の最初のページに戻る