辻道場の謎

 

 ここでは辻道場と門人の謎について検証していきたい。

 

1 小兵衛が入門した頃の辻道場の主は?

 作品をよく知っている人には謎ではなく簡単なクイズかと勘違いしそうだが、それが意外と複雑である。一巻・剣の誓約の中に無外流のあらましについて書かれている。

 無外流の初代辻平内が亡くなるのが享保12年(1727年)と記され、二代目の辻喜摩太が継いだとされている。辻喜摩太は姓を都治、名前は記摩多や喜間太という記述もある。作中では辻喜摩太を杉山庄左衛門としている。『図説日本武道事典』では二代目は武蔵国府中六社明神の神職の長男で彼の代から都治と改姓したとあるなど辻喜摩太については諸説あるが、作品と直接は関係ないのでここでは省略する。

 辻平内が亡くなった4年後の享保15年(1730年)に12歳の小兵衛(黒白上「秋山小兵衛」P164)は3代目の辻平右衛門に入門しているとされている。代替わりして3年後に亡くなるような高齢の人物に後を託すのは不自然で、小兵衛が入門していた頃には存命していたと考えるのが普通だろう。

 ただ、道場全体で門人が200名近くいたことから、小兵衛が彼に弟子入りした頃の三沢千代太郎(辻平右衛門前名、宗家を継ぐ折に改名したは宗家ではなく、高弟の1人だったという解釈もできる。ただ、辻平右衛門は架空の人物のため、気にしなくていい気もするが少し気になった。

 嶋岡礼蔵が辻平右衛門に弟子入りしたのは一巻・剣の誓約などから逆算すると17歳、元文五年(1739年)になる。小兵衛は嶋岡の3歳年上で享保16年(1731年)に入門していた。辻が上方から大和に巡り歩いていたときに嶋岡の実家である芝村の大庄屋に逗留し、嶋岡は辻を慕い入門した。そのため、道場を高弟に任せて、修行の旅に出たのか道場を継いでいなかったのか微妙なところである。

 

2 辻道場の門人の数は?

 1巻・剣の誓約では厳しい稽古のため門人は7人しかいないと小兵衛は大治郎に語る。

 作品が進むにつれ増加し名前のわかる門人(出稽古先は除く)だけで18人、12巻同門の酒では小兵衛と気心の知れた高弟が10名(そのうち6名が病死)とある。9巻或る日の小兵衛では門人の総数は200名以上、内弟子は7名と書いてある。作品の進行に伴い、辻道場は内弟子7人、門人200名以上という設定に修正されたのだろう。

 

3 道場の閉鎖時期の設定変更

 辻道場の閉鎖時期について、安永7年(1778)の話の一巻剣の誓約では30年前とあるため1748年と黒白上の1750年と設定が異なる。

 五巻雨避け小兵衛での小兵衛と関山との立会いは本文では三十年前と書いてある。舞台が1780年の話であるため、関山との立会いは1750年の出来事である。小兵衛が関山と立ち会ったのは、館林藩は関山が剣術指南役にふさわしい力量があるか確かめる試合の相手を、以前仕官を断った辻道場の高弟である小兵衛か嶋岡と指定したことによる。くじにより小兵衛が立ち会った。

 そのため、道場閉鎖を1748年とすると、関山と立ち会った1750年には辻道場が閉鎖されているため矛盾する。

 十五巻目眩の日では小兵衛が30歳以後も辻道場の高弟を務めていると記述がある。閉鎖時期を1750年とすると黒白上で波川と立会った年や関山との話も矛盾が生じない。ただ、設定を変更された理由に関してはわからない。

 

4 嶋岡礼蔵と柿本源七郎の最初の立会い時期の矛盾

 1巻剣の誓約は、初期の名作と個人的に思うが、冷静に読み返してみると時間の推移に関して辻褄が合わない。作中の立会時期を整理すると辻道場の高弟だった嶋岡が24歳の柿本と立合い、10年後の立会いを約束する。明和5年(1768年)に筑波山で2刻(約4時間)の激しい立会うを行うが引き分け、さらに十年後の安永7年(1778年)に再び立ち会う約定を交わしている。

 しかし、作中の嶋岡のセリフから辻道場は三十年前に閉鎖されていることがわかるため、二十年前に柿本と辻道場で最初の立ち合いをしたことは明らかに矛盾している。

 筑波山での引き分け、その場で10年後の安永7年(1778年)に約定を交わした。その10年後が1巻・剣の誓約の話である。安永7年時点での年齢は嶋岡は五十七歳、柿本は四十過ぎである。 

 辻褄を合わせようとするなら最初の立ち合いから十五年後に筑波山で立会、さらに十五年後に再戦するという立ち合いをする年を十年ごとではなく、十五年ごとにし、安永7年時点での柿本の年齢を五十過ぎにすれば矛盾が解消できる。

 

 

5 神童?矢村孫次郎

 12巻同門の酒で登場する矢村孫次郎は辻道場の高弟とあるがどう考えても若すぎる。この話は天明2年(1782年)であり、彼は43歳、道場が閉鎖された寛延2年(1750年)時点では矢村は11歳になる。この歳で辻道場の高弟を務めたどころか入門できたのかも怪しい。作中の設定どおりとすれば余程の神童だったのだろうがその面影もない。彼の父が道場の高弟の一人で、幼い彼は父に連れられて道場に来ていたから小兵衛達にも目をかけられ集まりに特別参加していると考えるのもよさそうである。

 仮に10歳上の53歳の間違えならまだ納得できる。剣の達人なら21歳で免許皆伝や印可を受け高弟になっていることはありえる。ただ、あまりにも高齢だと他の高弟達との年齢差がなくなり、剣客として現役を続け、出稽古で身を立てているという設定はおかしいだけに、作品性を優先させた結果だろう。

 

 

企画の最初のページに戻る