おはるの謎

 

 小兵衛の後妻のおはるがいつから小兵衛の下女になったのか、設定がよく変わる。

 当初は鐘ヶ淵の隠宅の下女に来たことになり、元門人はおはるのことを知らないが、後半になると「内山文太の世話で道場の下女として雇われた」と詳しく記述されるように変わっていく。

出典  記述、もしくは元門人達の反応
一巻女武芸者  鐘ヶ淵に来て二年目。十七歳で鐘ヶ淵の隠宅に下女に来る。
四巻雷神  道場が閉められるまで門人だった落合孫六がおはるを嫁に迎えたと知り驚く。

 おはると落合は初見である。おはるが雇われたのは道場を閉めた後のようだ。

七巻春愁  おはるが小兵衛の道場へ女中に来たのは十七歳とある。
七巻決闘高田馬場  十七歳のときに四谷の小兵衛宅に下女に。

 門人の吉村弥惣冶はおはるが道場の下女だった頃を知っているようで師の妻として丁寧に対応している

十二巻白い猫  鐘ヶ淵に来たばかり。十七歳で下女に来る。
十三巻消えた女  道場の老僕平六死後、おはるは道場に雇われた。
十三巻夕虹大川橋  安永三年(1774年)11月17日の大川橋の渡り初め式を小兵衛とおはるは見物している。おはるは当時16歳。

 時期は不明だが、口入屋を通さず内山文太の世話で直接関屋村のおはるの家を訪ねて雇い入れた。

黒白下  安永四年(1775年)十七歳で道場に雇われた。

 口入屋を通さず、内山文太の世話で直接関屋村のおはるの家を訪ねて雇い入れた。その後、鐘ヶ淵に移る。

 

 まとめてみると雇われた時期が最も早いのは、小兵衛が道場を開いていた安永三年(1774年)11月17日以前である。

 最も多い記述は十七歳で小兵衛に雇われたとあり、道場を閉めた安永四年(1775年)になる。おはるに手をつけて剣術に専念できなくなり道場を閉めたと小兵衛が語るように道場の下女として雇われたのが話の筋と一致する。

 下女を口入屋を通じて雇い入れるのが通常だが、道場の金を盗んだおたみは口入屋と小兵衛にそれぞれ違った出身地を告げていたように、口入屋を通じて雇い入れる人物の身元に不信感を持ったため、内山文太の世話でおはるを雇い入れた時はおはるの実家まで行って身元を確かめたのも当然だろう。

 

下女時代の給料

 当時の相場では二両から三両ぐらい。ただ、女手のない小兵衛の道場では下女ではなく女中として扱われたかもしれない。下女は飯炊き、水汲み、薪割りという単純労働が主だが、おはるは裁縫もできるようで三冬に袴の縫い方を教えている。

 給金は小兵衛とおはるの父の岩五郎との直接交渉で決められたが、金銭的に余裕のある小兵衛だけに相場より高かったかもしれない。

 

企画の最初のページに戻る