評定所

 

 『剣客商売』の作中では、時代劇でおなじみの町奉行所以外に評定所が何度も登場する。ただ、どのような役所なのか作中では正確に解説されていない。ここでは評定所の役割を考えていく。

 評定所は老中から政策や法律解釈、死刑など重罪の判決の是非など諮問受けて評定所で協議し、将軍に評定し将軍が承認する。開催日である式日は毎月二日(正月は十二日)、十一日、二十一日に開催される。

 老中一名、大目付一名、目付二名、三奉行(町奉行、寺社奉行、勘定奉行)と吟味方、祐筆などが参加し朝の七時から評定が開かれた。評定後は朝食が出され、その後に老中らは登城した。

 

◆幕府の最高裁判所 

 将軍の直臣である大名、旗本、御家人への裁判、原告被告を管轄する役所が異なる場合、評定所で審議し、出した判決を参考に老中が最終的な判決を決める。

 前例がなく幕府の各役所では判断しかねないような刑事事件も評定所の取り扱いになる。桜田門外の変で生き残った者の裁判や大塩平八郎の乱など重要事件も評定所で裁かれた。 

 幕府の各役所は独自の専決権で判決が出せる刑罰の範囲が定められている。例えば、町奉行所の権限で出せる判決は中追放までである。

 町奉行所の専決権を超える判決を出す場合は、町奉行を支配する老中へ仕置伺を出し、判決を決めてもらう。老中は評定所へ判決の是非を諮問し協議により出された意見を参考に老中が刑を決める。死罪や遠島など重刑判決は形式的に将軍が採決した。

 郡代や代官は彼らの権限のみで裁ける軽罪を除き、上役である勘定奉行へ仕置伺を出し、勘定奉行が詮議し刑を決める。勘定奉行の権限を超える刑の判決を出す場合は老中に仕置伺を出し、評定所で審議し、その意見を参考に老中が刑を決める。

 

○原告と被告を管轄する役所が異なる裁判

 原告被告を管轄する役所が同一ならその司法機関が裁く。どちらがその役所の権限が及ばない場合は評定所で裁いた。

 例えば、町奉行所管轄の江戸の町民と寺社奉行所管轄の宗教者という幕府内の管轄の役所が異なる場合、天領の領民と藩領民など原告と被告の領主が異なる場合は評定所で裁いた。

 

司法機関 管轄
評定所  将軍の直臣である大名、旗本と御家人への訴訟。

 原告被告の身分か領主が異なることで原告被告を管轄する機関が異なる裁判。

 御家騒動など藩内部の騒動、領地の境界線争いのような領主間の訴訟。藩を訴える裁判を扱う。

 民事裁判は原告被告双方が藩内の者、刑事裁判は藩内で起こった事件に関しては将軍の直臣である大名、旗本、御家人を除き他領の者でも裁ける。
寺社奉行  江戸御府内を除く全国の寺社領民と寺社の訴訟。寺社領民から江戸御府内の武士以外の者を訴える訴訟も扱う。
勘定奉行  天領と関八州内の訴訟。幕府領民から江戸御府内の庶民を訴える訴訟。

 天領の刑事事件に関しては郡代、代官が出そうとする判決の是非を審議し刑を決める。

町奉行  江戸御府内の町民からの訴訟。江戸御府内の寺社領民や寺社境内の借地人の訴訟も扱う。

 旗本の家来、藩士とその家来が町奉行所の管轄地で犯罪を犯した場合は町奉行所で裁く。

火附盗賊改  火附盗賊改が捕らえた町地の火附、盗賊、博打犯とそれに付随する脅しや殺人など凶悪犯の刑事裁判。
遠国奉行  管轄地内の庶民の訴訟。遠国奉行は江戸以外の都市にある奉行のこと。
郡代・代官  管轄地内の庶民の訴訟。

 

○大名や旗本、御家人に関する裁判

 将軍の直臣である大名と旗本、御家人に関する裁判も扱う。作中で旗本に関わる犯罪の全て評定所で扱われるのもそのような事情からである。旗本が起こした事件は起こした場所に関わらず評定所まで護送され裁かれた。

 御家騒動のような藩内の騒動、旗本領と他領との境界争いなど領地をまたがる案件も裁いた。六巻新妻の秋山大次郎の件は秋山が公金横領の罪を被せた藩を訴える裁判のため評定所扱いになる。 

 

○立会日

 評定所で裁判を行う日。毎月四日、十三日、二十五日に開催される。評定衆と呼ばれる京都所司代や大坂城代、遠国奉行が在府中は列席した。

 享保三年(1718年)には全訴訟約四万八千件のうち七割以上が金公事(借金に関する裁判)という統計が残り、あまりの多さに一時期取り扱わない期間まであった。評定所では毎月四日、二十一日を金公事専門の日と定めて処理していった。

 

○内座寄合

 毎月六、十八、二十七日に三奉行が月番の奉行屋敷に集まり、評定所扱いの裁判について協議した。

 

○訴訟の対象外

 いずれかの役所ですでに判決が出された案件については再審しない。また、同一案件でもすでに評定所へ提訴した者がいる場合は受け付けてもらえない。

 

○誰が裁判官

 作中の16巻は話の都合上、死罪という判決と刑の執行のみが必要なため、目付が裁判官として登場しているなど誤りが多い。

 裁判を行うのは町奉行、勘定奉行、寺社奉行の三奉行。重要案件では大目付と目付も参加するが、三奉行の審議を監察する役割のみで審議には参加しない。大目付と目付は法典である公事方御定書を持っておらず、裁判をする役職ではないため裁判に関しては専門外である。

 大目付は将軍の代理という立場で武家の事件の判決申し渡しを行った。なお、庶民の事件の判決の申し渡しは案件を専任する奉行が行う。

 計十人いる三奉行の中から輪番で事件に関係する奉行が専任奉行として担当する。専任奉行は他の奉行と協議するための書類作成と形式的に行われる初回の審議を請け負った。

 実質的に裁判を進めるのは評定所留役(勘定所からの出役のため留役勘定と呼ばれることもある)。専任奉行が担当する初回審議では評定所留役が専任奉行に質問する内容を教えるなど支えた。

 奉行達が関わるのは初回審議と判決申し渡しの時のみである。

 

○評定所での裁判が行われる間の滞在先

 訴訟は先着順で順番が回ってくるまで待つ。被告と証人の居住地が江戸から遠い場合は彼らが江戸到着するまでの日数を考慮し、開廷日を指定されるため原告はそれまで待つ。

 刑事事件の容疑者は各奉行所共通の牢屋に入れられた。牢屋は身分別にわかれ、武家が庶民と同じ牢屋に入れられることはなかった。

 五百石以上の旗本は親類に預けられ、それ以下の旗本と有名な神官、僧侶は雑用係がつき七畳の畳敷きと水道所や雪隠(便所)がある揚座敷に、御家人や藩士、普通の神官・僧侶、医者は揚屋に入れられる。大牢は庶民や浪人が、二間牢は無宿人のみ、百姓牢は百姓、女牢は女性が入れられる。無宿人が別にされるのは彼らが他の者に乱暴するからである。

 十巻春の嵐で殺人の容疑がかけられた大治郎は評定所の奥の間にある座敷牢で取り調べられているが、そのような所は実際にはない。道場主といえども仕官していないからには浪人であるから本来は大牢に入れられるべきだが、大治郎は田沼意次の娘婿であり、座敷牢に入れられているという作中の待遇を考えると揚座敷か揚屋だろう。

 遠国から訴訟に来た者は公事宿に宿泊した。公事宿は裁判書類作成の教えたり裁判について助言してくれる。被告が江戸御府内在住でも逃亡する怖れがあると判断された場合は役人が監視することもある。

 

○協議制の判決

 審議後、判決は各奉行の話し合いで決められ、全員一致なら判決が申し渡される。一致しなければ再協議を行う。それでも一致しなければ、それぞれの意見を書類にまとめて老中に提出し老中の裁決を仰いだ。

 規則では裁判が行われる当日に判決を出す。無理な場合は翌日に出し、それでも判決が出せない場合は老中に伺い判決を出してもらった。 

 

 

時代のページの最初に戻る