江戸時代の貨幣制度

 

 江戸時代では金貨、銀貨、銅貨の三貨が用いられている。「剣客商売」の作中で使われる貨幣のほとんどが金貨である。庶民は金貨を使う機会は少なく、小兵衛らに金貨を使わせることで経済状態が豊かであることを表す意味もあるが、三貨が用いられている江戸時代の貨幣制度は複雑であり、作中で用いられる貨幣のほとんどが金貨のみというのは江戸時代の貨幣制度に詳しくない一般読者への配慮という意味合いの方が強いだろう。

 江戸時代以前に経済が発達していた上方では銀貨が中心に流通していた。大坂の陣で幕府が豊臣家を滅ぼし豊臣家が持つ金塊を回収、幕府直轄地の金山から金の産出量が増えたこともあり、これらの金を金貨の材料にした金貨を江戸で流通させたことで東日本は金貨が主に流通する金貨圏になり、国内で金貨圏と銀貨圏に分かれた。 

 江戸では商業の中心地である上方から多くの物を輸入していたため、上方からの品の値段は銀で表示されることが多い。銀は明和二年(1765)まで額面を記した貨幣はなく、秤で重さを量り、品質を確かめてから使う不便な貨幣だった。このページでは江戸時代の貨幣制度を解説する。

 

◆江戸時代の貨幣制度 

 買い物では高価な品の価格表示は銀、普段の買い物は銅貨と価格表示は分かれていた。金での価格表示は一両を超える高価なものに使われる。

 価格表示してある貨幣で支払うのが礼儀である。為替相場は固定ではなく変動制で、日に二度決められるため、その時点の相場を基に計算しなければならない。銀貨なら計量する手間があり、店にとっては迷惑な話である。

 価格表示してある貨幣の持ち合わせがなければ、買う側が両替商で両替して支払う。

 

江戸時代全般を通じて流通した貨幣

 金貨は金座、銀貨は銀座、銭貨は銭座で鋳造された。金座と銀座のみが常設で、金座の長は後藤庄三郎、銀座は大黒常是が代々世襲する。銭座は銭貨を鋳造、改鋳する時のみに設けられる。

 幕府は幕府成立以前の慶長六年(1601)に小判と一分金、丁銀の鋳造を始めた。元和六年(1620年)に豆板銀の鋳造を始めた。

 三貨のうち最も確立が遅かったのは銅貨である。寛永十三年(1636年)に寛永通宝が鋳造される以前から慶長11年(1605)に慶長通宝、元和三年(1621)に元和通宝を鋳造していたが流通量は少なく、銅貨不足で私鋳銭や鐚銭、室町時代に明から輸入した永楽銭が流通していた。寛永通宝が全国的に流通し、銅貨不足が解消され、天和二年(1682)に寛永通宝以外の銅貨の流通を禁じたことで江戸時代の三貨制度が確立した。

 貨幣は貨幣の各名称に鋳造開始、もしくは改鋳開始の年号を用いて呼ばれる。小判なら慶長六年(1601)鋳造開始の小判を慶長小判、元禄八年(1695)に改鋳された小判を元禄小判と呼ぶ。同一額面の貨幣でも改鋳により品質が変化し価値が異なるため、区別するためである。

 ただ、一文銭は何度も改鋳されるが、寛永通宝が一文銭の代名詞という扱いなのか、改鋳時期に関係なく寛永通宝と呼ばれ続ける。 

 

名称 種類 価値
小判  小判一枚の額面は一両。金貨は4進法で一両=四分=十六朱である。
一分判  四枚で一両の価値。「分」は重さの単位である匁の十分の一にあたる「分」と区別をつけるため「歩」と表記されることもある。
丁銀  銀は秤量貨幣のため量りで重さを量って使用する。一枚あたりの重さは約四十匁〜四十三匁である。
豆板銀  一枚あたり四匁〜六匁。匁の十分の一が「分」、百分の一が「厘」
一文銭  一枚で一文の価値がある。改鋳時期に寛永通宝と呼ばれている。

○江戸時代の様々な額面の貨幣

 江戸時代初期の貨幣制度は、現在の千円札と五百円玉に相当する額面の貨幣がないような不便な状態である。しかも、秤量貨幣の銀貨は額面が記載されておらず、使用する度に秤で重さを量り品質を確かめなければならないという不便な貨幣だった。

 江戸中期からは商業が発展したこともあり、様々な額面の貨幣が登場する。特に秤量貨幣の銀貨は金や銅と同様に額面が定められている計量計数貨幣が登場したことで使いやすさが向上した。

 幕府は財政難に陥った江戸中期から後期にかけて、額面より品質が低い新貨幣を鋳造した。額面分以下の品質にすれば額面分と浮いた材料費の差額分が幕府の収入になる。

 ここでは名称と鋳造開始時期などを簡単に紹介する。定着したものは増鋳や改鋳が行なわれたが、品質が悪く額面分の価値がないなどを理由に定着せずに終わったものもある。「判」は金貨と南鐐(良質の銀と言う意味)に使い、普通の銀貨は「○○銀」というように呼ばれている。

 太字のものは剣客商売の時代に江戸で流通していた貨幣である。

名称 鋳造開始時期 種類  額面
五両判 天保三年1832年  五両の価値がある。
二分判 文政元年1818年  一両の二分の一。
一分判 天保八年1837年  銀貨の一分判。一両の四分の一。四枚で小判一枚と交換できる。
二朱判 元禄十年1697年  一枚で二朱の価値がある。4枚で1両の価値がある。
南鐐二朱判 明和九年1772年  銀貨であるが金貨の額面を持つ初めての銀貨。額面は明記されていないが「以南鐐八片換小判一両(南鐐八枚で小判一両と交換)」と鋳銘されていることから実質的な額面は二朱である。 

 金属としては二朱の価値はないが、幕府が額面通りの価値を保証している補助貨幣。金貨と銀貨の統合を試みるなど画期的なものだった。

一朱判 文政七年1824年  一分の四分の一。一両の十六分の一。
南鐐一朱判 文政十一年1831年  一朱の額面を持つ銀貨
一朱銀 嘉永七年1854年  一朱の額面を持つ銀貨 
五匁銀 明和二年1765年  銀で初めての計量計数貨幣。「五匁」と額面が刻まれている。幕府の当時の公定相場は一両=銀六十匁のため、十二枚で一両と交換できる規定である。

 当時の為替相場は一両=六十五匁前後で、両替商は五匁銀の額面を無視し、五匁銀に為替相場を立てるなど対抗し、定着せず七年後には廃止された。

百文銭 天保六年1835年  「天保通宝」。素材は真鍮(亜鉛と銅の合金)と品質は悪く人気は低い。小判の形をしている。
十文銭 宝永五年1708年  「宝永通宝」。財政難の幕府が銭座からの運上金目当てで考案した。

 額面は十文であるが、当時の一文銭の約3.5枚分の価値しかない粗悪品である。綱吉の命令で流通させるが、翌年に綱吉が亡くなると廃止された。

四文銭 明和五年1768年  銅貨であるが素材は銅ではなく真鍮(亜鉛と銅の合金)と品質は悪い。

 品質は悪いが鋳造時は黄金と色合いが似ていることから庶民の人気が高く、四文銭人気に便図し、物の値段に四の倍数のものが多数出るなど四文銭は意外にも定着した。

藩札 寛永七年1630年  各藩が独自に発行した紙幣。発行した藩内のみ通用する。金札、銀札、銭札に加えて米や炭などの商品量を示すものもあった。

 寛永七年(1630年)に福山藩が文章記録上の最古だが、現存する最古のものは寛文元年(1661年)に福井藩が発行した藩札である。

 江戸御府内には流通していいない。

 

○江戸時代の貨幣の材料

 現代の状況では想像もできないが、日本は江戸時代初期まで世界有数の金銀銅の産出国だった。

 佐渡金山や石見銀山など日本には多数の鉱山があり、盛んに採掘されていた。16世紀中頃から17世紀初頭まで銀は世界産出量の三分の一を算出し、輸入品の支払いという形で銀や銅を輸出していたほどであった。江戸時代の貨幣の材料は国内で賄えていた。

 あまり知られていないが金貨の小判には金以外に銀が、銀貨の丁銀には銀以外に金が特定の割合で含まれている。幕府が慶長六年(1601)に鋳造した慶長小判は金と銀の比はおおよそ8対2、慶長丁銀は銀792、金2、銅206の割合で含まれている。厳密に言えば合金貨幣である。合金貨幣は日本独自のもので、当時の世界最高水準の技術が用いられていた。

 

○改鋳

 江戸時代には流通している貨幣を回収し、新たな貨幣に替える改鋳が何度も行われている。

 元文元年(1736)の元文の改鋳では、貨幣の流通量不足により生じたデフレ不況解消のため貨幣流通量を増やす目的という経済政策の一環で改鋳が行われた。

 ただ、多くの改鋳の目的は財政難解消である。改鋳により品質を落せば額面と浮いた材料費の差額が幕府の収入になる。例えば、元禄八年(1695)の元禄の改鋳により鋳造された元禄小判は慶長小判二枚から元禄小判三枚鋳造できる品質であったため、慶長小判二枚から元禄小判三枚に改鋳すれば単純計算で一両の利益が生じる。改鋳は財政難の幕府に多大な収入をもたらした。 

 

○貨幣の為替相場は?

 幕府は物価安定のため三貨の公定相場を定め、一定に保とうと目論んだが、両替両は幕府が定めた公定相場を公然と無視し、日に二回相場を決めているため、実質的に変動相場という複雑な貨幣制度であった。

 剣客商売の一巻が始まった安永七年(1778年)時点の相場は金一両=銀六十五匁=銭六貫(一貫=一千)文だった。江戸時代初期の慶長十四年(1609)の公定相場は金一両=銀五十匁=銭四貫(一貫=一千)と、改鋳により貨幣の品質が低下などで銀貨と銅貨の価値が低下し、金貨の価値が上がった。 

 固定相場であるならば、額面と異なる貨幣での支払いも難しくなくなるため両替の機会が減り、両替時の手数料を徴収する両替商の商売が成り立たなくなる。

 現代の為替相場のように貨幣相場を利用して一儲けすることも可能であった。火附盗賊改の長谷川平蔵は自身の提案で幕府が設置した人足寄場の運営資金が幕府から充分に支給されず、銭相場で儲けた金を運営資金に投入した。おそらく、武家の中で貨幣相場に手を出した記録があるのは珍しいだろう。やはり長谷川平蔵は異色の存在である。

 

 

 

時代背景の最初のページに戻る