江戸時代の民間の教育

 

 作中では教育について全く触れられていないが、小兵衛や大治郎など剣客は剣術だけでなく何らかの教育を受けているはずである。作中、大治郎は何度も手紙を出していることから読み書きができることはわかる。

 剣客でも読み書き算盤ができなければ困る。例えば、他の剣客から果たし状が届けられても、文字が読めなければ、誰といつどこで果し合いをするのかわからない。文字が書けなければ、その果たし状に書状で返事を求められても出せない。また、地理に関する知識がなければ果し合い先がどこにあるかわからない。

 算盤ができなければ金銭の計算ができない。特に道場主であるならば経営者としての才覚も求められ、算盤ができなければ、健全な経営ができないなど不便である。

 道場主としても一般常識と教養が必要である。大半の武士が命を懸けて剣を振るう機会がない時代だけに、剣術の腕を磨くことよりも礼儀作法を身に着け、優れた師匠や兄弟子たちの人格に感化され人格形成にいい影響を与えることを目的に入門させる父兄もいる。一般常識がなく礼儀作法も知らない道場主の道場ではそういう目的で来る入門者は集まりにくい。

 さらに道場を広げようと思えば諸家からの支援が必要だが、武家と交際する上で必要な教養と礼儀作法が身についていなければ彼らから敬遠され道場運営に支障が出る。

 江戸御府外で生まれ育ったおはるは農村部の生まれで、弟達の面倒を見るのに忙しく、小兵衛の妻となるまで寺子屋などで文字を教えてもらう機会がなく、小兵衛に教えてもらい読み書きができるようになったとある。ここでは江戸時代の庶民の教育について考えてみる。

 

○民間任せの庶民の教育

 江戸時代には義務教育制度はないが、現代で考えられている以上に寺子屋などで教育を受けていて読み書き算盤はできたようだ。

 識字率については寺子屋の生徒数から嘉永年間(1848から1854年)の江戸府内では70から80%、江戸府内の農村部を除くと90%という推測結果もあり、かなりの高水準である。武家階級は、ほぼ100%といわれている。

 幕末の日本全体では男性40から51%、女性は15から21%と当時の日本の識字率は世界一といわれている。江戸時代全体で民間の教育施設が公儀より廃止させられたのは幕末の松下村塾の吉田松陰が国法を犯したとして処刑され、塾が閉鎖したぐらいだろう。

 公儀が強制せず、これだけの高い水準に達したのは長年平和な時代が続き、江戸時代中期から人々の生活に余裕ができたという側面もあるが、「読み書き算盤はできて当たり前」という風潮が全国的にあったのだろう。識字率が高いことで庶民向けの出版文化が栄えた。

 なお、寛政の改革で出された異学の禁で朱子学以外教えてはならないように誤解しがちだが、幕府公認の学問は朱子学のみであるという内容である。ほとんどの藩は強制はされていないが幕府の方針に反し、朱子学以外を教えると幕府の不信感を買うと怖れて自主的に見習った。

 異学の禁は庶民の教育に関しては対象外である。

 

◆民間の教育機関の代表 寺子屋(手習いとも言う)

 

 江戸では学校に「屋」と付けるのは嫌い「手習い」と言っていた。寺子屋の師匠は社会的地位が高く商家のように「屋」がつくことを嫌ったとも考えられる。ここでは一般的に使われている寺子屋と記述していく。

 

○寺子屋の数

 享保六年(1721年)には江戸御府内の寺子屋の師匠は約800人、幕末には全国で一万五千から二万ほどの寺子屋があったと推計され、寺子屋のない町や村はないとまで言われた。現代のような教員免許制度はなく教える場所も自由である。誰でも自由に開くことができた。師匠の裁量が大きな部分を占め、幕府と藩は援助も介入もしなかった。

 

○入門時期と就学期間

 現代のように就学期間や修める教育課程が決まっていないため入門する年齢と修学期間は入門者の自由だった。早い場合は五歳、普通は七、八歳で入門した。初午(二月最初の牛の日)を吉日として入学するのが通例だった。

 職人の親方に弟子入りするか、商家へ奉公に行くなど子供が働き始める時期になるまで通うため男子が十二、三歳、女子は十三、四歳まで通った。就学期間は六年ぐらいだろうか。

 女子は教育の仕上げと躾を兼ねて、武家か大店に女中奉公へ行くこともある。

 

○授業時間と休日

 師匠の自由裁量で授業時間は決められる。だいたい午前八時から午後二時まで。昼食は十二時。給食はなく、家に帰って食べるか持参した弁当を食べた。現代の学校のように全ての授業時間に出席する必要はなく、通える時間に通い、家の用事か御稽古事へ行く時間になると帰った。

 休日は毎月の1、15、25日の定休日と五節句、年末年始(12月17日から1月16日)は休みであるが、師匠の裁量次第で自由に決められた。

 

○入門料と授業料 

 入門料と授業料は一律ではなく、生徒の親の社会的地位と経済状況に応じて支払える額を支払う。江戸時代には教育費が家計を苦しめる心配はなかっただろう。

 寺子屋の師匠は「学は金銭で売るもの」と考えず、師匠という社会的な地位に誇りを持ち、金銭についてほとんど言わなかった。入門料は師匠にふさわしい額を近所から話しを聞き、親が判断した。二百文から三百文、余裕があれば二朱、親が大店の主なら一分を包んだそうだ。先輩に煎餅を配る習慣があり一枚五文ぐらいの煎餅を人数分用意した。

 道具類は机は貸してもらえたが、筆や半紙など消耗品は生徒各自で用意した。六月の畳替えや冬の炭代も負担になる。

 盆暮れや五節句には百文から千文程度を親が経済的地位に応じて礼金として持参した。教科書は寺子屋の備品を使う。

 

○教育内容と方法

 現代の学習指導要領に相当するものはなく、教育内容は師匠の裁量に任されている部分が大きい。

 最初にいろは四十八文字の読み書きと文字の意味、数字を教えた。短文の読書きを教え「名頭(人の姓の最初を漢字で書く)」、「名字尽くし」や手紙文と商用の送り状、請取状など実用的な文章ものを学んだ。

 地理に関する教育は江戸の寺子屋であれば、江戸の町名を読書きしながら江戸の地理を学ぶ「江戸方角尽」、江戸の町の生活の行事について習う「江戸往来」で江戸の地理と風習を学んだ。東海道のことは「東海道往来」、日本の地理は「国尽くし(アメリカなど外国ではなく山城、武蔵など旧国名)」を用いて地理を学んだ。

 その後、庭訓往来や漢文の基礎である千字文などを教えた。最後に百姓の子供には「百姓往来」、商人の子供なら「商人往来」と相場についての本、職人の子供なら「番匠往来」など親の職業に合わせた教科書を使い、入門者が将来就く職業に必要な知識を学んだ。寺子屋の教科書は七千種類(そのうち女性用は千種類あり)あり、寺子屋の備品で使いまわしされていた。

 生徒の年齢と親の職業が異なり、通う時間が生徒により異なるため一律に教えるのはではなく、個別指導を行った。礼儀作法を身につけさせるのも寺子屋に期待されていた事柄である。

 庶民が武士の師匠に習うことはできたが、武士の師匠は算盤の代わりに唐詩選や千字文など漢文を教える。学問好きの父兄がいるか本人が学者を目指していなければ、これらは生活に直接役立つ内容ではないため通うことは少なかっただろう。

 小兵衛ら剣客の子供には何を教えていたのかはわからないが、道場を経営するなら算盤、諸国を修行するためには地理知識は必須でどちらも寺子屋で習ったのかもしれない。大半の流派の伝書は宗教や哲学の用語が多い難解な文章で、「本人以外見てはいけない」決まりのため、わからない箇所を他人に尋ねることもできない。

 一流を興せば伝書を作る必要があるが、文章を書けなければ後世に技を伝えることができない。剣客でも子供の頃に寺子屋で習ったはずだろう。

 

幕府による道徳教育

 幕府は享保五年(1720年)に徳川吉宗は南町奉行大岡忠相を通じて指導要領を高札にして下付し、道徳教育の実施を命じた。その二年後には「六論衍義大意」という中国の書物を要約した本を刊行し江戸の寺子屋の師匠に配布した。

 内容は「博打など犯罪を犯さないように」、「親孝行をしなさい」、「年長者を敬いなさい」など現代の学校で朝礼や道徳の授業で教師が生徒に教えるぐらいの常識的な内容が十条ある。これ以降、寺子屋で道徳教育を行うようになる。

 幕府は無知から起こる犯罪を減らすことを期待したが、寺子屋に経済的援助は行われなかった。

 

師匠の収入

 師匠の収入は嘉永・安政年間(1848から1859年)には生徒百人いれば生活が楽で、二百人なら二十石取りの武士並(約十四両に相当か)といわれている。師匠は学は金銭で売るものと考えず師匠という地位を誇りに思うことから金銭についてはほとんど言わなかった。尊敬はされるが暮らし向きは楽ではないのが実情だろう。

 師匠は町民や商家の隠居が主だが、武家や僧、浪人もいた。地方では郷士や名主の他に村役人が師匠になる。十六巻浮沈の金貸しの平松多四郎のように副業でしているものもいただろう。また、教え子や昔の教え子が何かにつけて師匠に贈物をするなど結びつきは強い。

 

○試験

 自由な気風の寺子屋にも試験があったようだ。たまには試験をして上達具合を確かなければ緊張感が保てないのだろう。毎月数回、習った字を清書し読み方の試験をした。

 四月と八月に行われる席書という試験では師弟ともに礼装という大掛かりのものだった。また、演習や大演習という素読の試験もある。試験の成績優秀者には師匠から筆や半紙など褒美が与えられた。

 

○高等科

 希望者のみ高度な内容を教えた。男子には古状揃や実語教、童子教、三家教、四書五経など漢文を素読し、女子には女今川、百人一首、女大学、女庭訓往来、源氏物語などを教えた。学問所と違い師匠も内容がわからないためか解説はしなかったようだ。

 江戸時代では高学歴であっても、医者か学者を目指す者以外は直接的に役立たない。知的好奇心を満たすという純粋な意味で学問を楽しむ者達が教わったのだろう。

 

○幕府の昌平坂学問所

 幕府が設立した学問所。天明七年(1787)年9月から毎日開かれていた仰高門日講だけは袴を着ける必要があったが身分を問わず無料で開放されていた。講義は九時から十二時まで行われていた。一年間通い続けて、皆勤賞を取れば講師からお褒めの言葉をかけられたそうだ。

 最初の頃は物珍しさに行った者もいたかもしれないが、学問所で教える学問は官学である朱子学のみである。聴講した内容が直接暮らしに役立つものではないため、庶民が聞きに行くことは稀であっただろう。

 

時代のページの最初に戻る