おはる達の仕事

 

 作中、小兵衛の下女だったおはるや牛堀道場の老僕権兵衛が登場するが現代の我々から見ると奉公人ということはわかるが具体的な内容がわかりにくい。ここではおはるなど作中で登場する女性の奉公人の仕事を考えてみる。

 

◆女性の奉公人

 女性の奉公人は主の妻や母など女家族に仕え人事権は彼らにあり主と言えども口出しはできなかった。各家々で出入の口入屋を通して希望者を探し面接をして雇い入れた。小兵衛の道場もお貞が生きていた頃はお貞が決めていたのかもしれない。

 領民と商家は娘にいい縁談が来るように願い教育の仕上げとして厳しい躾をしてもらう目的で武家奉公をさせた。娘の教育とが目的のため無給で本来主が支給すべき奉公人の衣類を自前で揃え、実家から御礼の気持ちを込めて付け届けまでする。例えば、三冬の母おひろや十一巻勝負で登場するお久(谷鎌之助の妻)は田沼家に奉公したのはこのような理由からである。特に大名や千石以上の旗本になると当主の家族が住む「奥」と政務の場である「表」の区別され家法が定められ取締り役の女中が厳しく躾けた。

 ただ、作中の時代では武家奉公をしたいなら躾を兼ねて三味線、小唄、踊りなど芸事を習う必要があった。最初から躾をする手間を省くだけでなく奉公人に芸をさせることでプロを招く経費を省くことも理由だった。主の目に留まり側室になり思わぬ出世もあっただろう。

 雇用期間は半年契約の「半季」と一年契約の「年季」がある。上方では半季、江戸では年季で雇い入れることが多く、更新することもあった。通常は三月五日と九月九日に雇い入れる。雇い入れる方法は出入の口入屋に頼み希望者を面接する。

 作中の小兵衛の場合は以前に雇い入れたおたみが口入屋と小兵衛に出身地を偽って告げ道場の金十両を盗み逃亡したことに懲りておはるを雇い入れる時は親友内山文太の世話焼きもあり、おはるの実家関屋村まで赴き身元を確かめている。採用が決まると奉公人は家族の人別帳から主の人別帳に移される。

 

◆奉公人の種類

 

○上女中(武家では老女、町家の腰元)

 主の妻の世話をする。御客があれば応対し外出の御供をする。女中の監督役も兼ねる。

 

○女中・侍女(仲働き)

 洗濯や裁縫など少し技術のいる仕事をする。裁縫ができる範囲によって給金が異なる。主の妻の使いで他家に行き口上を伝え返事を聞いてくるのも役目。他に女手がいない家では下女も兼ねる。

 

○下女

 飯炊き、水汲み、薪割り、機を織るなど力のいる単純作業を担う。力仕事のため農家の出が多い。下女中が省略されて下女と呼ばれるようになったそうだ。道場の下男や老僕も同じような役割と推測される。

 

◆おはるの給金は?

 空欄は下女の場合の給金を示す。給金以外に食費と衣類代、寝泊りする場所は主が用意する。下記表は相場の参考である。宝永年間から給金が上昇するのは私娼が年三両〜五両稼ぐことができることに加えて茶屋や料理屋ができ女性の奉公先が増えたため人材不足になったことや物価の変動の影響である。

年間 給金(年) 年間 給金(年)
寛永1624〜1643 一分から二分 明和1774〜1771 一両一分
寛文1661〜1672 二分から一両 文化1806〜1817のはじめ 一両二分
宝永1704〜1710 一両二分 文化1806〜1817の後半 二両〜三両
天文1736〜1740 二両以上 文政1818〜1829の後半 二両二分
宝暦1751〜1763 仲働きで縫物ができる程度の者一両二分 仲働き一両二分〜三両
仲働きで仕立て一通りができる者二両位 天保1830〜1843 三両三分
一両から一両二分    

○おはるの給金 

 おはるは下女として雇われているが女手のいない小兵衛の家では仲働きのような役割も求められていただろう。当時の相場だと一両二分〜二両程度と思われる。おはるは三冬に裁縫を教えている場面があり縫物はできる。給金はおはるの父岩五郎と小兵衛が相談して決めているのでわからないがそれ相応の金額が支払われていたろう。そう考えると二両ぐらいだろうか。

 

○その他の登場人物の給金

 辻道場の下女おきねの場合は当時の相場で二両ぐらいだが辻に信頼され金の出し入れも任されていて給金も破格のものとある。道場の経理までしているので年四両以上なのかもしれない。

 大治郎の道場の世話をするおこうの場合はわかりにくい。大治郎の食事と身の回りの世話をしてくれるだけで下女に分類される。下女の相場は一両一分になるが住み込みではなく百姓をしながら飯時に手伝いに来るだけなので年二分程度だろう。年に十両あれば暮らせる時代だけに道場からの給金は家計を助けていただろう。

 

 

時代のページの最初に戻る