剣術の儀式と伝書

 

 ここでは入門や伝書など剣術の儀式の部分についてわかる範囲で紹介する。

 戦国時代は「相手を倒す」という極めて単純かつ合理的な剣術だったが、合戦が絶えた江戸時代になると禅や神道、儒教の影響を受け、宗教と思想の要素が加わり剣術用語が素人にはわかりにくいものに変わった。

 わかりやすい例では無外流の「無外」という言葉は流祖・辻月丹が禅の師匠から授けられた印可の一節に書かれた言葉である。

 後半は伝書について考えてみる。小兵衛や大治郎も授かったであろう伝書はイメージは何となくわかるがよくわからないものである。

 

◆入門の儀式

 道場に入門し師弟の絆を結ぶ儀式。

○入門年齢

 入門年齢に特に決まりはないが、武士が教育を兼ねて剣術の修業をする場合は九〜十五、六歳の間に入門する。

 藩校入学時期に入門することもある。入門時は父兄を伴い礼服で来るのが普通。入門者に起請文か誓約書を書かせるか読み聞かせ、入門帳に必要事項を記入させ、儀式を経て師弟の絆を結ぶことを誓わせた。

 小兵衛の道場は四巻天魔の会話で十五歳になれば笹目千代太郎を入門させると笹目の父に話している。木太刀の持ち方など基本的なことを習得していないと小兵衛の道場の厳しい稽古についてこられないという判断かもしれない。

 小兵衛が辻道場に入門したのは十二歳であるが辻道場も厳しいことで知られている。中条流の剣を遣う父親に基礎を習った上での入門だろう。

 

○起請文(神文誓詞とも言う)

 起請文の内容は稽古内容をもらさないこと、他流派との争いを避けるため他流派を尊重し批判しないこと、道場の規則が含まれる。破れば神罰が下ると明記されているが剣術の神秘主義の影響といえる。入門時と伝書授与時に起請文が使われる。

 起請文は身分の上下に関係なく必須で、将軍や大名のような身分が高い人物が入門する場合も提出した。流派によっては花押や血判を求めることがあった。用紙は牛王宝印という神社仏閣から出された祈祷札を使用する流派もあった。

 

○入門の儀式盃事

 三つで一組になっている三ツ組盃を三方に載せて入門志願者の前に出し、勝栗、鮑、祝詞、昆布を用意した別の三方を置く。師匠が盃を取り一献飲んだ後に同じ盃で入門志願者が飲み、残りの盃を入門者が飲み、師匠が返盃を受けて二杯飲む。師弟が同じ盃で三杯飲み交わすことで師弟の絆が結ばれた。酒が飲めない者でも形だけ口をつけた。

 その後、開祖や先代の師範の画像、道場が祭っている八幡菩薩、鹿島大明神、香取大明神など武芸にまつわる神仏に供物を供えて礼拝することもある。

 

○入門料

 入門の祝儀として入門者が師に進呈する。金銭ではなく物で納めるのが普通。扇子、筆、紙、墨など江戸時代では安くはない品を個人の経済状況に応じて納める。藩によっては所定の品を規定数揃えて師に進呈するという規定があった。

 一巻剣の誓約では大治郎の初めての門人の高尾が金で入門料を納めたが、金品でもよかったのだろう。

 

○道場の入門条件

 本人にやる気があり、剣術を悪用しなければ認められる。帯刀を許されていない身分の者でも剣術の稽古をすることは禁止されていない。

 治安が悪く警護の者を雇えない地方では自衛のため熱心に稽古した。五巻手裏剣・お秀の加藤勝之助のように「剣術は武士のものでありそれ以外の身分の者が剣術を学ぶこと」に反感を持つ武士もいたかもしれない。

 また、女性が武術の稽古をすることは禁止されていない。女武芸者もおり池波作品の短編集『剣客群像』に収録の「妙音記」の佐々木留伊は江戸時代の雑書『責而者草(せてもぐさ)』で書かれていた実在の人物で道場も構えている。武家の女は作法や護身術として薙刀術を習うことが多く、剣術は少なかったかもしれない。

 ただ、道場を神聖な場所と位置づけ女性を一切立ち入らせない道場もある。佐々木三冬のように本格的な女武芸者は評判になり婚期を逃すことになりかねないので道場に通って稽古する者は稀であっただろう。

 

◆伝書

 伝書はある腕前に達すると師匠から授けられる。現代の剣道の段位制ではなく、流派ごとに種類や名称が異なり非常にわかりくい。幕末になると北辰一刀流が初目録、中目録、大目録皆伝と三段階に簡素化し上達具合をわかりやすくした。

○伝書

 切紙、目録、免許、印可などが伝書のランクと言われている、段階と名称は流派ごとに異なる。

 伝書と言われている物は大まかに「目録」と「伝書」の二種類である。「目録」は術名の箇条書きや修行上の心得が書かれている。武芸の意味、流派の由来や精神が書かれているが伝書と内容が重なる部分もあり、目録がない流派もある。

 「伝書」は理論中心で口伝(奥義を口で伝える)を筆記した口伝書や聞書、覚書と業の解説、歌書きを添えて伝授した。絵画を使って業を解説する絵目録もあった。伝書のランクとしては北辰一刀流が初目録、中目録、大目録皆伝。天心流が初伝、目録、極意伝、免許、印可と言う順に高位になる。印可を得ると独立することが許される。

 

○指南免状

 免許皆伝の上位。指南免状を得れば弟子への指導や独立して道場を構えることが許された。当初は道場の高弟が大名や旗本に乞われ剣術指南役に就任することを許可する目的で発行されたものであった。

 

○伝書伝授の条件

 伝書を得るには相応の腕前が求められた。人柄も重視され剣術を悪事に用いる者には与えなかった。高位の伝書では師匠が門人と立会い、その結果で決められた。必ずしも勝利しなければならないわけではなく相応の実力を示せばよかったようだ。浅山一伝流では高弟が協議してその意見を尊重して師範が是非を決めるという珍しい方法を採っている。

 流派によっては高位の伝書である印可を与える試験として師匠が突然門人を襲い、その対応で決めた例もある。一巻女武芸者で小兵衛が厠へ向かう弥七の背中目掛けて鉄火箸を投げつけ、弥七は振り返らずに腰をかがめて避けた。印可の試験でも同じようなことが行われたのだろう。

 道場主によって伝書を与える規準が異なり、同じ腕前の者でも道場によっては伝書を得られないこともあった。道場主が義理で与える「義理許」、伝授料を得るために未熟な者から多額の伝授料を引き換えに与える「金許」など不正もあった。 

 

○伝授の儀式

 仏教(特に密教)の影響を受けている。流派によって異なり時代を下るにつれ簡素化されたが八幡菩薩や鹿島大明神、香取大明神など武芸にまつわる武神や流祖を祭り、神酒、勝栗、昆布など供物を供え師が礼拝し、師が伝授の旨伝え、師から伝書又は秘伝の業が授けられた。師弟が杯を取り交え、伝授者は秘密を漏らさないという起請文を提出し伝授料を納める。

 ただ、秘伝の業は師匠と授かった弟子以外は内容を知るものはいない。口外は禁じられ、同じ秘伝の業を複数の弟子に授けてようと内容は洩れる心配はない。

 師匠が身につけているものや普段使用している品を印可を授ける弟子に与えることがあった。儀式の後に祝いの宴席が開かれる。宴席の費用も授与者が負担する。武道奨励が行われた幕末には藩によっては伝書を授与された者へ賞与として金一封を与えられる制度があった。

 

○藩校と伝書 

 藩校が設立されると藩士の子弟達は藩校への入学が義務付けられ、学問と武芸を習い、一定の水準に達することが求められた。しかし、剣術の切紙を授けられた者でも流派によって授ける基準は同一ではない。また、流派ごとに伝書の段階や名称が異なる。流派が異なれば授けられた伝書から実力の比較はできず、摂津麻田藩の「初期、二度、皆伝」のように名称と段階を統一した藩もあった。

 多くの藩が考査に関与し伝書を与える実力の基準を決め、他流の門人と試合させ、複数の武芸指南役が相談の上合否を決めるという方法を採り不正防止に務めた。 

 

 

剣術編の最初のページに戻る