剣客商売の時代の剣術

 

 剣客商売という題名の通り剣客や剣術、道場運営についてよく登場するが、まとめてみた江戸時代の剣術について解説する。なお、当方は剣術の経験がないので見当違いなことを書いていてもお許し願いたい。

コンテンツ 内容
江戸時代の剣術  江戸時代の剣術の変遷
泰平の世の剣術  泰平の世に剣術の意味を考える
その他の武芸  作中で登場する剣術以外の武芸を中心に簡単に紹介する。
剣客  剣客について考える
江戸時代の剣術の稽古道具と稽古方法  江戸時代の剣術の稽古道具と稽古方法を考える。
女武芸者  佐々木三冬のような女武芸者が実在したのか考える。
立会い・試合  試合や立会いについて簡単に解説する。
剣術の道場  「道場」そのものと公立の道場について考える。
江戸時代の剣術道場の収入源  道場運営に不可欠な収入源について考える。
剣客商売に成功する道場の条件  剣客商売に成功する道場の条件を考える。
江戸時代の大道場・有名道場  作中の時代と幕末を中心に剣客商売に成功した大道場や有名な道場を紹介する。
剣術の流派について  剣術の流派そのものについて考える。
『剣客商売』に登場する実在の流派  作中に登場する実在の流派を紹介する。
剣術の儀式  剣術の秘密主義と神秘主義や入門と伝書授与の儀式を紹介する。
小兵衛の剣・大治郎の剣  小兵衛と大治郎の剣の特徴を探る。
剣客の待遇・もし大治郎が仕官したら?  大治郎が仕官すればどれほどの待遇が受けられるかを江戸時代の実在する剣客のデータから考察する。
道場本館に戻る