他の池波作品に登場する『剣客商売』の登場人物

 

 池波作品では『剣客商売』と同じ時代設定の作品が多く、他の作品に剣客商売ではおなじみの人や店を見つける楽しさもある。

 ここでは他の池波作品に登場する剣客商売の人物と他の池波作品から登場した人物を把握している範囲で掲載する。

 

◇他の池波作品に登場する剣客商売の人物

 

秋山小兵衛

 『鬼平犯科帳』の「寺尾の治兵衛」では長谷川平蔵が蝋燭問屋橘屋の用心棒をしている浪人を見て、彼と立ち会った話を回想するシーンで小兵衛が登場する。

 小兵衛の役どころは鐘ヶ淵に隠棲した翌年である安永五年(1776年)の春に田沼意次の下屋敷で開かれた試合の審判を務めていた。最後まで勝ち残ったのが長谷川平蔵(当時三十歳。役職は西ノ丸書院番士)と旗本の子弟の佐久間伊織。平蔵がかろうじて勝利し優勝した。平蔵は小兵衛は隠れた名人で田沼様との深い関係も知っていて存命ならもう一度会いたいと話している。

 『仕掛人・藤枝梅安』の「為斎・浅井新之助」では剣客浅井為斎を秋山小兵衛が「稀代の名人」と評価したという内容。

 浅井は八十五歳と老齢ながら小杉十五郎が住む家を窺う不審者を懲らしめるという小兵衛が評価したとおりの腕前をみせる。鐘ヶ淵に住む八十八歳の小兵衛が遠方の品川台町付近まで用もなく1人で徒歩で歩いているという話はあまりにも不自然である。小兵衛本人が登場すれば話の流れに大きく影響を与えかねないため、浅井を小兵衛の「代役」に立てたのだろう。

 長編『秘伝の声』(大成二十三巻収録)は剣客商売が始まる一年前の安永六年(1777年)から始まる作品である。主人公の白根岩蔵が無外流の笠井右衛門から稽古をつけてもらうよう勧められた剣客が小兵衛と大坂の柳嘉右衛門。

 白根は小兵衛が道場を閉めたことを知り、大坂の柳道場へ行った。なお、柳は『剣客商売』では一刀流であるが、この作品では無外流という設定である。

 

牛堀九万之助

 他の池波作品でもよく登場する。脇役ということで使いやすいのかもしれないが、独自の剣の境地を開き妻を娶らない剣一筋の生き方が池波さんお気に入りなのかもしれない。初登場は短編の「寛政女武道」(短編集『剣客群像』収録)。剣客商売の連載前開始の3年前の昭和43年の作品でである。

 しかし、よく登場するが、『剣客商売』四巻の表題作「天魔」では門人が殺され、『仕掛人・藤枝梅安』では牛堀が亡くなると剣客商売の中の話よりもはるかに長期間で、死者多数という深刻な後継者争いが起こるなど災難続きの道場である。あまりにも災難続きのため別ページにまとめた。

 「寛政女武道」の牛堀の設定は『剣客商売』に引き継がれている。『剣客商売』で牛堀と小兵衛が知り合うきっかけになった試合を催した土井能登守は、この短編では牛堀道場の後援者として登場する。剣客商売との違いは牛堀に俳諧の趣味があることと道場を開いた時期ぐらいと些細なものである。

 内容は牛堀道場の女中として働いている主人公お久が門人にどちらが先に抱くか賭けの対象にされたことを知り、懲らしめる。そのことを逆恨みした彼らが人手を集め道場に乗り込むが返り討ちにされ彼女は道場を血で汚したことを牛堀に書面で侘び、自害する話し。

 書面で彼女に隠された意外な過去がわかるという話し。お久の設定や登場人物や名前、親が脱藩した理由、お久とお秀が根岸流の手裏剣術を使うなど共通点が多く、この話を下地に『剣客商売』の五巻手裏剣・お秀が作られている。

 梅安二巻の「梅安蟻地獄」では後に仕掛人の世界に入り梅安の仲間になる小杉十五郎が牛堀道場の代稽古を務めている設定。「梅安初時雨」は寛政十二年(1800)が舞台で、牛堀は急死し、金子孫十郎信任の子・孫十郎信高に託していた遺書により新参者の小杉を道場の後継者に指名する。承服できない高弟が小杉を襲い後継者争いが起こる。最終的には小杉は道場を捨て、金子の支援を受けた高弟酒井俊五郎が継ぐことで決着する。

 長編『剣の秘伝』では牛堀の元に大久保八郎と変名を使った白根岩蔵が大坂の柳嘉右衛門の添書を持ち牛堀道場に入門する。安永七年(1778年。大治郎が参加した一年後)に行われた田沼意次下屋敷の試合に牛堀は白根を出場させた。白根は金子道場の四天王と呼ばれる田村邦四郎と立会い勝利する。牛堀も以前に参加し勝利したそうだ。白根は牛堀が引き会わせた牛堀と同流の水野鉄斎に気に入られ水野の道場を継いだ。

 

金子孫十郎

 一刀流の名剣客。安永四年(1775年)から始まる長編『まんぞく、まんぞく』では主人公の堀真琴の師匠として登場する。

 真琴は敵討ちのため剣の修行に没頭するが、彼女の叔父は御家安泰のため彼女を養女にし、婿をもらいたいと訴える。真琴は『剣客商売』の佐々木三冬と同様に試合をして勝った相手でなければ妻にならないと言い張る。堀家から相談を受けた金子は彼女を出入禁止にするが、真琴はよその道場に移ってしまった。

 時代設定が安永六年(1776年)の長編作品『剣の秘伝』では田沼意次が主催した試合の審判として登場し、金子道場四天王の田村邦四郎が牛堀道場の大久保八郎(本名は白根岩蔵)と立会い敗れる。

 寛政十二年(1800年)の話である『梅安』二巻の「梅安初時雨」では彼は亡くなり、息の孫十郎信高が道場を継いでいる。『剣客商売』では金子と牛堀が出会う場面はなかったが、『梅安』では牛堀と親しい間柄という設定である。共に有名道場の主であり、小兵衛親子という共通の知り合いを持つという縁から2人に厚誼があることはありえる話である。

 牛堀は道場の有力な支援者の子弟ではなく、道場に出入りしてからの年数は浅いが昔の牛堀を彷彿させる小杉に道場を継がせるという遺言が守られるために、信高に遺言書を託している。

 

佐々木三冬

 女武芸者の堀真琴が主人公の『まんぞく、まんぞく』で同時代の女武芸者として井関道場四天王の頃の三冬の名前のみが登場する。

 真琴は佐々木三冬のモデルとなった実在の人物である佐々木留伊を基に作られているため、二人の設定が似るのは当然である。三冬を主人公にすると『剣客商売』との整合性の問題が生じ、自由に描けないため代役として真琴を主人公にしたと思われる。なお、佐々木留伊は短編「妙音記」(短編集『剣客群像』収録)で描かれている。

 真琴が通っていた道場は三冬が井関道場閉鎖後に通っていた金子道場である。この作品は三冬の師である井関が亡くなる1年前である安永四年(1775年)から始まるため、ほぼ同時期を舞台とした作品である。二人が出会うことは年代的には可能であるが、会わせる必然性がなかったか会わせなかったようである。

 

間宮孫七朗

 無外流の剣客。小兵衛の道場の代稽古を務め、独立する。小兵衛が道場を閉める折には彼の指導力を評価して門人の大半を託した。

 長編の『まんぞく、まんぞく』では門人の織田平太郎が主人公の佐々木真琴の夫候補として登場する。彼女は自分を負かした者を夫にすると宣言しているだけに、遣い手の織田が候補に選ばれ、紆余曲折を経てめでたく夫婦になる。

 

柳嘉右衛門

 大治郎が諸国修行中に滞在した道場が大坂の柳道場一つ。この道場で大治郎は浅岡鉄之助や小針又三郎と出会った。

 長編『秘伝の声』は剣客商売の一巻の一年前の安永六年(1776年)から始まる作品で、白根岩蔵が無外流の笠井右衛門に稽古をつけてもらうべき剣客の一人と薦められたのが小兵衛と大坂の柳嘉右衛門である。小兵衛はすでに道場を断たんでいたため彼は柳道場に行く。白根に江戸の牛堀道場への添書を渡たした。

 『剣客商売』では一刀流の柳がこの作品ではなぜか無外流であり、三巻「婚礼の夜」では道場の食客の浅野鉄之助を金子道場に紹介しているなど微妙な設定が異なるのを見つけるのもおもしろい。

 

◇他の池波作品からの登場人物

 他の池波作品から登場したゲストキャラを紹介する。

萱野の亀右衛門

 『梅安』で梅安を支える重要な人物の一人。『梅安』三巻の「梅安鰹飯」では香具師の元締めを隠居をし、道楽で百姓をしている。しかし、昔の義理から抜け出せず、腕のいい仕掛人を紹介してほしいという大井の駒蔵の頼みを断りきれず、梅安に駒蔵と会うように頼む。

 その後は蔓として梅安に仕掛を頼み、病気になると梅安に治療を受け、梅安のために新居を用意するなど親しい間柄である。

 『剣客商売』の十四巻「暗殺」は彼が元締めとしての現役時代の話。仕掛ける相手は御上の目を盗んで悪事をしている悪党限定であり、専属の仕掛人・波川周蔵を身内同然に思いやるなど『梅安』に登場する音羽の半右衛門のような善良派の元締めである。音羽の半右衛門では若すぎるため半右衛門の「代役」としての登場のようだ。

 「暗殺」では天明三年(1783年)の年末で五十五か五十六歳に見えると表記があり、「六十歳になると引退したい」と波川にもらしていた。しかし、享和元年(1801)が舞台の「梅安鰹飯」で五年前に引退しているとある。義理もあり、引退を決意してから十三年後の六十七か八歳である寛政八年(1796年)頃に引退しているが、梅安の頃でも未だに昔の義理から仕掛けの家業から完全に抜け出せずにいる。

 

井関録之助

 『鬼平』からの登場。『鬼平』では優れた剣の腕前を持つが、托鉢僧をしながら密偵のような役割で平蔵に協力している。

 かつて大坂の阿倍野に小さな道場を構えていたが流行らず、困窮のあまり仕掛を引き受ける。仕掛けの当日の朝、我に帰り仕掛けを思い留まり元締めに断る。裏稼業を知ってしまった彼を元締めが許すはずもなく、刺客から逃れるため江戸に逃げ、平蔵と再会した。

 『剣客商売』十二巻「逃げる人」で大治郎が三ヶ月滞在し、敵討ちの旅の途中の橋本又太郎と知り合った道場が大坂の阿倍野の井関道場。

 『鬼平犯科帳』の時代設定は『剣客商売』の少し後の話である。秋山大治郎は諸国修行、井関は大坂で道場を開いていたという二作品の設定を活かした「遊び」。

 もっとも、『剣客商売』では大治郎が橋本と知り合った道場の主が井関ということのみで、井関本人に関して全く触れられていない。 

 

企画の最初のページに戻る