直心影流の剣客

 

〇市口道場

 中ノ郷・横山町に直心影流を構える。旗本の永井十太夫の庇護を受けているため永井家の大半が門人である。

 辻斬りをしていた永井十太夫の犯行を目撃した秋山小兵衛を殺害しようとするが返り討ちにあり門人は全滅し、永井家も御取りつぶしになったため閉鎖された。

 なお、跡地は一刀流の佐田道場になった。

名前 初出 紹介
市口孫十郎 二巻・辻斬り  中ノ郷・横山町に直心影流を構える。永井家の庇護を受け永井家の大半が門人である。永井の辻斬りの唯一の生き証人小兵衛親子に道場で果し合いを行う。道場の床板に油をまくという罠を仕掛けるが通用せず小兵衛の一刀で即死する。
永井十太夫 二巻・辻斬り  目付を務める旗本。直心陰流の剣術が自慢の大男。辻斬りをしている現場を小兵衛に目撃される。

 同家が支援している市口道場の者を使い目撃者の小兵衛を殺害しようとしたが失敗し発覚し切腹させられ家は御取り潰しになる。永井源太郎の父。

 

加藤道場

牛込・払高町にある道場。

名前 初出 紹介
加藤勇右衛門 七巻・梅雨の柚の花  牛込払高町に真心影流の道場を構える。門人の飯塚と松平で狼藉した所を朝倉平太夫に懲らしめられたことに逆恨みし朝倉の道場の押し込んで殺害する。

 朝倉死後、三年間の放蕩生活を送っていた旧朝倉道場の門人笹野新五郎が秋山道場に通い剣術を再開したことを聞きつけ事件を知り仇を討つためと思い込み笹野に闇討ちを仕掛けるが笹野に返り討ちに会う。

飯塚釜之助 七巻・梅雨の柚の花  旗本の嫡男。真心影流加藤道場の門人。師匠と同門の松平鎌太郎と狼藉をはたらくが朝倉平太夫に懲らしめられ逆恨みし朝倉道場の押し込んで彼を殺害する。

 三年間の放蕩生活を送っていた旧朝倉道場の門人笹野新五郎が秋山道場に通い剣術を再開したことを聞きつけ笹野が自分たちの犯行と知られ師の仇を討とうとしていると思い込み返り討ちにしようとするが失敗し捕まる。

松平鎌太郎 七巻・梅雨の柚の花  千石の旗本家の当主。真心影流の加藤道場の門人。剣術より弓が得意。加藤勇右衛門飯塚釜之助と狼藉を働き朝倉平太夫にとがめられ刀を抜いて立ち向かうが髷を斬りおとされる。逆恨みし朝倉の道場の押し込んで殺害する。

 三年間の放蕩生活を送っていた旧朝倉道場の門人の笹野新五郎が秋山道場に通い剣術を再開したことを聞き笹野は事件を知り朝倉の仇を討とうとしていると思い込み秋山道場で一人で留守番していた笹野に闇討ちをしかけるが失敗し松平は秋山小兵衛に左腕を切断される。その後、お上の取調べを受けた。

 

〇その他の直心影流の剣客

名前 初出 紹介
山田次郎吉 六巻・品川お匙屋敷  実在の人物。明治の剣聖と言われた直心影流の使い手。感が強く関東大震災を発生の四年前に予知する。明鏡止水の境地に達し太平洋の波の音を聞いたり遠くにいる人の行動がわかるなどの逸話が何度か紹介されている。

 

剣客一覧に戻る