聚楽第行幸に供奉した武家一覧

 

 天正16年(1588)と天正20年(1592)の2度、聚楽第行幸が実施されました。このページでは武家の中で誰が供奉していたのかを紹介します。

 

◆天正16年の聚楽第行幸の武家の供奉者

 

 天正16年の聚楽第行幸に供奉(ぐぶ)した武家を『群書類従三巻帝王の部』(編 塙保己一 続群書類従完成会)に収録されている「聚楽第行幸記」を元に紹介します。「聚楽第行幸記」は、豊臣秀吉が行幸直後に御伽衆の大村由己に命じて作成させたもので、聚楽第行幸の公式記録です。『群書類従』に収録されている物は楠木正虎が江戸時代初期に写したものです。 

 天正16年時点の秀吉に従う大名と秀吉の家臣の大半が供奉しています。

 ただ、この行幸時点での秀吉の勢力範囲は日本の半分ぐらいですから、勢力範囲外である関東と東北の大名は供奉していません。また、上杉は国許の越後で東北への備えとして残されたようで、行幸には供奉していません。

 秀吉は行幸の前年の天正15年に九州を平定しましたが、その年の秋に肥後で国人一揆が起こるなど九州の情勢は不安定で、一揆討伐のために出陣した毛利、島津、龍造寺ら肥後近隣の大名達と九州に所領を与えられた加藤清正、黒田孝高ら秀吉の家臣を九州に残しました。

 聚楽第行幸に供奉できなかった上杉、毛利らは行幸から数か月後に上洛しました。

 

 

〇当時の人名の表記方法

 当時の人物は姓と通称、諱名(いみな)で構成されています。通常は姓と通称のみしか使いません。従五位下諸大夫の官位を授かった武家は「○○守」「○○少輔」、「○○頭」など官位相当の官職を通称に用います。

 『聚楽第行幸記』での人名記載の多くが姓と通称です。例えば、石田三成は『聚楽第行幸記』では石田治部少輔と記載されています。通称としての官職ですので、名乗った官職の職務を行うことはありません。

 無官の武将の諱名は親族か主君から授かるか自分で決めます。諱名は公式の文章などに署名する時しか使いません。

 姓ではなく本姓を使うことがあります。各武家は系図上では源平藤橘といった名家出身の先祖から始まり、何代か後に所領などにちなんだ姓を名乗ったことになっています。本姓も普段は使わず、公式の文書などにしか用いません。

 朝廷から豊臣姓を賜った人物の本姓は豊臣です。秀吉の推挙で朝廷から官位を賜った諸大名(大大名の場合は当主と親族、重臣達)に同時に豊臣姓を下賜されていることが多いです。行幸に供奉した大名のうち豊臣姓を授かっている大名は行幸の2日目に秀吉に対し忠誠を誓うという起請文では前田利家は豊臣利家、宇喜多秀家は豊臣秀家と署名しているように本姓である豊臣姓を使っています。

 羽柴秀吉は朝廷から豊臣姓を下賜された後も名字は羽柴のままです。前田利家を豊臣利家、宇喜多秀家を豊臣秀家と本姓の豊臣姓で記載しないため秀吉も本来は羽柴秀吉になるはずですが、豊臣一族に関しては豊臣を名字のように使うことが現在では定着しています。

 『聚楽第行幸記』では織田信雄を内大臣信雄卿(卿は公卿への尊称。公卿は参議以上の官位を賜ったもののこと)、豊臣秀長を大和大納言秀長卿と記載するように、武家の公卿や公家成(侍従以上参議未満の官位を授かった武家)の武家に関しては官位と諱名、もしくは領地と官位と諱名という記載されているため姓すら書いていないこともあります。

 当時の人達なら、これらの記載内容だけでも誰のことを指すのかわかりますが、現代の我々では誰のことかわからない人物や誤記の可能性がある箇所があります。これだけの人数ですから、誤記が生じるのはやむを得ないです。

 わからない箇所は素直に表記どおり掲載します。「?」がついている人物は原文の通称が間違っていると思われる人物です。わかっている人物は姓と諱名という現代の呼ばれ方で掲載します。このページで記載しているのは原則として『戦国人名辞典』の見出し語で載せています。

 

 

A 天皇に供奉している武家の公卿

 天皇の行列に供奉している公家は省略しています。織田信雄(右大臣、織田信長の次男)、豊臣秀長(大納言、秀吉の弟)、豊臣秀次(中納言、秀吉の甥)、宇喜多秀家(参議、秀吉の娘婿)、徳川家康(大納言)は武家ですが、朝廷から参議以上の官位を授かっている武家の公卿ですから、天皇の行列の後駆として供奉しています。

 彼らと関白の行列の後駈の先頭の前田利家の計6名は行幸2日目に単独で秀吉に忠誠を誓う誓紙を提出しています。

 

B 関白の行列

 通常の行幸では主催者は行幸の準備が整ったことを天皇にお伝えるために参内し、参内後に行幸先に戻り、行幸先の前で天皇を出迎えるのが通例です。

 秀吉は行列を率いて参内後、天皇に行幸の準備が整ったことをお伝えし、関白の職務として御所の留守役の決定や鳳輦に乗る天皇の裾を取った後にあえて前例を破り、天皇の行列の後に自身の行列を編成しました。

 

○前駆

 関白の行列の先導役である前駆です。左右二列に分かれて進みました。豊臣秀吉の直属の配下の中で万石以上か平大名と同等の従五位下諸大夫の官位を授かった人物で構成されています。秀吉の配下の中でも序列が高い人物達が供奉しているようです。

 それぞれ馬副(馬の口取り)と雑色(武家奉公人)が一名ずつ付き添います。左右に各三十名の雑色がいます。

 なお、表の各行の左側が先で右が後です。左列は増田、福原、長谷川という順番です。

 

 

       左列

      右列

増田長盛 福原長堯 石田三成 大谷吉継
長谷川守知 吉田重勝 山崎定勝 片桐貞隆
加藤嘉明 加須屋直雄 脇坂安治 佐藤秀方
早川長政 池田長政 片桐且元 生駒修理亮
堀田盛重 中川武蔵守 服部正栄 高畠定吉
伊東長次 高田治忠 谷衛友 田中和泉守
小野木重次 真野助宗 石川貞通 石田正継
蒔田広光 安威守佐 小出秀政 石川光重
一柳越後守 平野長治 松浦重政 薄田若狭守
矢野下野守 溝口重勝 寺沢広政 村上義明
服部一忠 斉村政広 青山忠元 明石右近?
石川数正 中川秀政 別所宗重 山崎片家
宮部肥前守 荒木重堅 垣屋光成 南条元続
市橋長勝 九鬼嘉隆 川尻秀長 岡本良勝
生駒忠清 瀬田掃部 牧村利貞 吉田興種
矢部定政 尼子宗澄 新庄直頼 奥山重定
多賀谷重経 芝山監物 蜂屋謙入 柘植与一
稲葉重通 富田一白 松岡右京進 織田左馬允
前野長康 木村常陸介

○関白の随身

 関白の豊臣秀吉は牛車に乗って聚楽第へ向かいます。関白の随身の左には野村直勝、森民部大輔、木下秀規(ひでのり) 右には蒔田(まいた)政勝、中島左衛門、速水守久がいました。布衣として一柳弥三右衛門 小出吉成 石田正澄がいます。

 江戸時代の布衣は六位相当の官位で、従五位下諸大夫(○○守や○○頭などを通称に用いる)より格下ですが、秀吉の時代では諸大夫と同等と考えられています。

 他に傘持ちなど300名の家臣達が三列に分かれて秀吉に付き添いました。

 

○後駆

 行幸の最後を飾る行列です。この行列の先頭は参議未満侍従以上という公家成の武家で構成されています。大名の待遇を上中下の三段階で表現すると公家成は中に該当します。

 公家成の武家は聚楽第などでの儀式に列席することが許されます。

 上は武家の公卿、下は諸大夫(○○守、○○頭など)と布衣です。公家成の武家は10万石以上の大名や大大名の一族の中で主な人物です。

 秀吉の養子も含む豊臣一族と織田一族、次に丹羽、細川など元織田信長の重臣とその一族、本能寺の変以後から九州征伐以前に秀吉に従った大名のうち公家の大名たちで構成されています。

 意外なところでは徳川家康の重臣の井伊直政も陪臣(大名の家臣)で唯一加わっています。彼は侍従の官位を授かっているため供奉する資格がありました。

 なお、後駆の先頭の前田利家のみ武家の公卿と同様に二日目の誓紙提出の折に単独で署名しています。その他の者は連名で署名します。織田と井伊、長宗我部以外は秀吉を通じて朝廷から与えられた豊臣姓を本姓として記載されています。

 

後駆の供奉者

 前田利家、織田信包(信長の弟)

 豊臣秀康(家康の二男。後の結城秀康。当時は人質という意味合いで秀吉の猶子に)

 織田秀信(織田信長の孫。幼名は三法師) 豊臣秀俊(高台院の甥。秀吉の養子。後の小早川秀秋)

 左衛門侍従秀康  長谷川秀一 堀秀政 蒲生氏郷 細川忠興 織田信秀(信長の六男) 毛利秀頼 

 蜂屋頼隆 前田利長 織田信益 丹羽長重 池田輝政 稲葉貞通(さだみち)

 大友義統(よしむね) 筒井定次 森忠政 井伊直政 京極高次 木下勝俊 

 長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)

 

 

◆天正20年の聚楽第行幸に供奉した武家

 天正20年の聚楽第行幸に関しては天正16年の聚楽第行幸を記録した「聚楽第行幸記」のような詳細な史料はありません。行幸の概要は覚円法親王が記録した『聚楽第行幸目録』、西洞院時慶の日記から聚楽第行幸の記録を抜粋した『天正年中聚楽亭両度行幸日次記』があります。

 天皇の行列に関しては『行幸聚楽第之行列』から行列の供奉者がわかりますが、天皇の行列に武家の公卿の供奉者はいないようです。『行幸聚楽第之行列』には関白の行列が記載されていないですが、吉田兼見の日記『兼見卿記』のこの行幸の初日である天正20年1月26日の記述では「牛刻行幸、次第等如先年、聚楽二階之御殿入御、當関白乗車、後陣」とあり、前回の行幸と同様に主催者である関白の行列もあったようです。

 この行幸の1日目に行われた和歌会で詠まれた和歌を記録した『関白秀次亭行幸和歌』の江戸時代の写しが島原松平文庫にあり、それを荒木尚氏が「関白秀次亭行幸和歌(紹介と翻刻)」(『熊本大学法文学国語国文学』14号)に翻刻されて掲載されています。天正16年の行幸での和歌会に参加している武家は行幸行列に供奉しています。他の史料ではわからない行幸行列の供奉者がわかります。

 それらの史料から推測される行幸行列の関白の行列の供奉者は主催者である豊臣秀次の他に豊臣秀保、豊臣秀俊(後の小早川秀秋)、細川忠興、長谷川秀一、池田輝政、稲葉貞通、織田秀信です。

 この行幸の2年前に秀吉は天下統一を果たしました。関東と東北が秀吉の勢力範囲外であった天正16年の行幸時より供奉できる資格を持つ者は大幅に増加しているはずですが、『関白秀次亭行幸和歌』から推測できる供奉者は激減しています。

 理由として考えられるのは文禄の役です。翌月には東国の大名が京都から日本側の拠点である名護屋城へ向けて出陣しています。おそらく、秀吉は行幸より出陣の準備を優先し、諸大名に対し行幸への参加を命じなかった結果、武家の供奉者の激減につながったようです。

 

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る