復元図

 

 世界でも稀な聚楽第復元図です。自分で作って公開している人はそういないでしょう。美術は苦手なので絵は書けません。建物の配置を考えました。根拠は他のページに記してあります。なお、内容の割には「誰も作らないのなら自分ができる範囲で作ってみよう」という気楽に作っています。

 ベースは聚楽第と同様に行幸のために建築された二条城二ノ丸御殿です。二条城は聚楽第の本丸を参考にしたと考えられています。

 台所と各部屋とは廊下でつながっているはずですが線が多いとわかりにくくなるため省略しています

 当時の主な光源が日光ですので主や諸大名が使う部屋には日光が差すように建物の配置が考えられています。

聚楽第の最初のページへ戻る