本当に実在したの?絵画史料に描かれているような聚楽第天守

 

 聚楽第に関する史料は限られています。天守に関してはさらに史料が少ないです。

 そのため、「聚楽第図屏風」など絵画史料を根拠に聚楽第に5層(もしく4層。層は重とも表記)の天守閣があることは半ば事実のように信じられ、書籍などで聚楽第について扱う場合はこれら絵画史料を根拠に「聚楽第には5層の天守閣がある」と記載されることが多いです。

 しかし、このHPを制作する過程で聚楽第の天守閣に関する地名や伝承が少なく、秀吉に招かれて聚楽第を訪問した人が天守閣に行ったという記録がないことに気づき、聚楽第に「聚楽第図屏風」など描かれているような5層の天守閣が本当にあったのか疑問を感じました。このページでは聚楽第に絵画史料のようなの天守閣の存在したのか考えてみたいです。

 なお、天守閣という言葉は後世に作られたものです。正しくは天守です。天守は天主や殿主と表記されることもあります。

 同一ページ内で同じ物を指す言葉が複数あるとややこしくなりますので、文献史料などからの引用や固有名詞を除き、以下は天守と表記します。

 

◆現時点での聚楽第の天守に関する情報の概要

 まず、私が把握している範囲で聚楽第の天守に関する情報を整理します。

 

○絵画史料などに描かれている聚楽第の天守

 

 聚楽第を実際に見て描いたという伝承があるのが三井記念美術館蔵「聚楽第図屏風」です。聚楽第本丸の左側奥、上を北と考えると本丸北西角に天守が描かれています。

 聚楽第にとって重要イベントである聚楽第行幸が描かれていないという点から、成立年代は一度目の聚楽第行幸が行われた天正16年(1588)4月以前と推測されています。しかし、聚楽第行幸以前でも天正15年(1587)9月に秀吉が大坂城から聚楽第へ大行列を引き連れて移住したように、行幸以前でも図屏風の題材となりうる出来事は存在します。

 また、行幸以後に行幸行列を描くか描かないかは注文主が決めることであり、「行幸以後に描かれているなら必ず行幸を描くはず」という見方は客観的なものではないです。行幸行列を描くことで絵師の作業量が膨大になり、制作期間が長くなるため、行列を描くか描かないかで屏風の値段が大きく変わると考えられます。行幸以後に注文主が何らかの理由で行列を描くように頼まなかったという可能性もあります。

 この図屏風は聚楽第の東堀から土橋を渡り、第内に入った場所に門が描かれています。『駒井日記』から本丸には北門、西門、南門があることがわかります。北門は北ノ丸、西門は西ノ丸、南門は南二ノ丸へ通じる門と推測できます。この図屏風では東堀から土橋を渡った先に曲輪があり、本丸北門を通り本丸へ入る構図です。この曲輪には御殿と隅櫓が描かれています。そのことから、東堀から土橋へ渡って入った曲輪は北ノ丸ということがわかります。

 中井均氏は「城郭史からみた聚楽第と伏見城」(『豊臣秀吉と京都』 編 日本史研究会 文理閣)の中で、『鹿苑日録』の文禄2年(1593)8月1日にある「北方新御殿」が北ノ丸に該当し、北ノ丸は文禄2年に新造された曲輪とされています。

 ただ、『鹿苑日録第3巻』(編 辻善之助 太洋社)では「北方新御殿」という記述は文禄2年ではなく翌年の文禄3年(1594)8月1日ですから、文禄2年とされたのは中井氏の記載ミスのようです。この記述を北ノ丸造営の根拠と考える中井氏の説に従うと、北ノ丸が造営されたのは文禄3年頃です。

 秀吉は当時、内野と呼ばれていた平安京大内裏跡地を意識し、内野の北東部分に収まる位置に聚楽第を造営しました。北ノ丸のみ内野の北限である一条通より北にあることも増築であるという中井氏の説を裏付けます。北ノ丸の造営時期を「北方新御殿」という記述を根拠にする中井氏の説に従えば、北ノ丸が描かれているこの図屏風の成立時期は文禄3年以降になります。

 図屏風の1扇の中央、長者町と附箋がある町家の北(上を北と考えた場合)に3つの寺が描かれています。附箋から上から順に誓願寺、革堂(行願寺)、百万遍(知恩寺)ということがわかります。小川(こかわ)の西側には現在の元誓願寺通から一条通の間にこれらの寺があり、天正18年(1590)の寺町形成、もしくは翌年の堀川から禁裏間の大名屋敷街拡張(この区間の大名屋敷の配置はこちらのページを参照)により立ち退きました。この辺りには元誓願寺通や革堂町などこれらの寺を由来とする地名が現在も残っています。

 北ノ丸が造営された文禄3年時点では、小川沿いの3つの寺は移転済みで聚楽第周辺にはありません。聚楽第に北ノ丸があることから聚楽第は文禄3年以降、聚楽第の東側は天正19年(1591)以前の風景と図屏風の中で描いている風景の年代が異なるという矛盾があります。天正16年以前という通説の成立年代を根本的に見直す必要があります。

 また、2008年に新潟県上越市の所有者が鑑定に出したことで2009年に歴史的価値が判明した「御所参内・聚楽第行幸図屏風」(私は略称を上越本と命名。以下 上越本と記載)などの絵画史料にも本丸の北西角(図屏風の上を北と考えた場合)に天守があります。

 上越本の調査をされた狩野博幸教授は2009年秋の上越市立総合博物館での特別展のリーフレットの中で、成立推定年数は秀吉死後(1598)以後の慶長年間(1615)とされています。

 上越本の天守は他の絵画史料で描かれている聚楽第の天守と異なり、天守ではなく塔に近い形状をしています。天守の分類上では望楼型と層塔型があります。「聚楽第図屏風」などの天守は望楼型ですが、上越本のみ天守は層塔型の天守を意図して描いていると推測できます。層塔型の天守閣は『図説 天守の全て』(監修 三浦正幸 学研)によると慶長9年(1604)から慶長13年(1608)に築城された今治城の天守が最初で、この天守は慶長15年(1610)に丹波亀山城に移築されました。層塔型はその後に築城された城の天守でよく用いられる型です。聚楽第があった当時は層塔型の天守は存在せず、まして層塔型の天守でも上越本の天守のように塔そのもの形ではありません。 

 上越本の聚楽第の推定構造は発掘調査と史料に基づき作成された聚楽第復元図など、既存の研究や他の絵画史料とかけ離れている独創的です。私の考えとしては絵師が聚楽第を見て描いたとは考えられません。上越本はこちらのページで解説しています。

 つまり、聚楽第を描いた絵画史料は聚楽第があった頃に描かれた、もしくは絵師が聚楽第を見て描いたという証明はなされていません。そのため、絵画史料だけを根拠に聚楽第には5層の天守が存在するという断定はできません。

 

○文献史料上の聚楽第天守

 

 吉田神社の神主の吉田兼見の日記『兼見卿記』の天正18年(1590)1月18日の項で豊臣秀吉の側室の摩阿姫(前田利家の三女。後に加賀殿と呼ばれる)を吉田兼見は「聚楽天主」と記載しています。彼女が聚楽天主に住んでいたという意味で「聚楽天主」と記載したという考え方もあります。 

 山科言経の日記『言経卿記』では文禄元年(1592)11月29日には、「牛刻ニ殿主へ渡御、則参了、(中略)、悉殿主之内、金已下被見了、御酒有之」という記述から、山科らは天守へ行き、金など見物しました。「御酒有之」とあることから山科らはその後、豊臣秀次から昼食を振舞われたのでしょう。振舞われた場所が天守であるかはこの記述だけでは判断できません。

 秀次が彼らを天守へ招いた目的は「金已下被見了」とあることから黄金(天正大判か金塊、砂金など形状は不明)を見せるためです。天守へ招かれたのはこの日の午前中に行われた源氏物語の講釈の講師役の連歌師の里村昌叱と、里村の養父、講釈を聴いた山科らです。山科や連歌師の里村昌叱らなど名前が掲載されている8名とその他4、5名が天守へ行きました。 

 山科は記載していませんが、秀次本人と秀次の近習達も天守にいたはずです。その人数も加えると少なく見積もって15から20名ぐらいは天守にいたと推測できます。天守にはそれぐらいの人数が入れる広さがあったようです。この記事の内容からは秀次の文化活動の一端が窺え、この日は彼の文化活動に関わる面々が集まり、この日は天守へ行ったことがわかります。

 秀次の祐筆である駒井重勝の日記『駒井日記』では文禄4年(1595)4月5日に、「御殿主之床に黄成段子」という記述があります。天守に床の間の存在が確認できます。床の間と座敷はセットのため座敷があることがわかります。床の間に飾られている段子(どんず。緞子とも表記される)は絹織物の一種で、中国からの輸入品が主で、国内では天正年間(1573から1591)にようやく堺で生産が始まったばかりという当時としては貴重な品です。これを飾る目的は聚楽第の主である秀次の権威を示すことでしょう。 

 天守を殿主と記載することもあります。上記三つの史料から「聚楽天主」という建造物が聚楽第に存在し、内部には座敷があることがわかります。摩阿姫の居住スペース、山科らが黄金を見た場所、段子が飾ってある床の間がある座敷が同一の部屋か異なるのか、同一であるならば同じ階にあるのかなどは、これだけは判断できません。

 ちなみに駒井は『駒井日記』の文禄4年(1595)4月10日に聚楽第の各曲輪の名称と聚楽第の大まかな広さを記載してますが、天守に関する記述はありません。

 

○地形的な痕跡はなし

 

 聚楽第跡地には聚楽第の堀跡と伝承されている急激な落込みがあり、松林寺境内の落込みのように発掘調査によりそのことが証明された地点もあります。

 天守の土台部分である天守台は通常は5mから20mぐらいの高さがありますが、聚楽第跡地には「ある地点の周囲が他の地点に比べて明らかに高い」というような天守台が存在したことを窺わせる地形的痕跡は残っていません。

 寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」から聚楽第破却から約30年後でも聚楽第内堀が残っていることがわかりますが、天守台跡に該当するものは記載されていません。

 

○隅櫓の存在

 

 京都市考古資料館で京都大学防災研究所と共同で2016年春の速報展「聚楽第跡の表面波探査」の配布資料によると本丸北西角にあたる裏門通一条の南へ25m地点から75m地点でマウンド上の高まりを検出しました。

 配布資料によると絵画史料の天守の位置が正しいという前提でこの高まりを天守台によるものとしていますが、天守台跡とされている地点での発掘調査は行われていないため、この場所に天守か隅櫓のどちらがあったのか現時点ではわからないです。

 なお、昭和49年(1974)に大宮通一条下ル東側の工事現場から花崗岩の礎石が9個見つかり、この場所に隅櫓か堀に架かる橋の橋脚があったと考えられています。当時の多くの城郭では隅櫓があり、「聚楽第図屏風」など絵画史料によると隅櫓が描かれていることや、工事現場が本丸の北東隅に当たることから、この礎石は隅櫓のものと考えられています。 

 本丸北東隅から礎石、北西隅からマウンド上の高まりが見つかったことから聚楽第本丸には西ノ丸と隣接する南西隅を除く、三隅に隅櫓があると考えられます。

 隅櫓の礎石が見つかった大宮通一条下ル東側など本丸東堀がある大宮通の一条から下長者町間の表面波探査は行われていないため、本丸の北東や南東の隅櫓跡の南北の幅か不明です。そのため、北西隅の天守台(もしくは隅櫓)の南北の幅が他の隅櫓の幅に比べて同じなのか広いかわからないためです。

 現時点の情報だけでは本丸北西隅に天守があったとはいえないです。 

 

○その他

 聚楽第天守に関する遺構伝承は桜井成広氏が唱えた西本願寺飛雲閣のみです。後述しますが、それ以外に聚楽第に天守が存在したという伝承ならびに聚楽第の天守を由来とする地名は存在しません。

 

 

◆文献史料の聚楽第の天守=聚楽第図屏風等に描かれている5層の天守閣か?

 

 前記文献史料から聚楽第に天主もしくは殿主と呼ばれる建造物があったことがわかります。しかし、現時点の情報だけでは、その建造物の位置や高さなど概要に関してはわかりません。  

 5層の天守が存在するなら3つの疑問点があります。この疑問点から、文献史料の聚楽第の天主と殿主=「聚楽第図屏風等に描かれている5層の天守閣」とできるのか、否かということを検討します。

 

○疑問点1 なぜ聚楽第の天守に関する伝承や地名がないのか?

 

 聚楽第に5層の天守があるならば、城下町の町地の聚楽町を含む洛中の大部分で見えたはずです。存在していれば外部から天守の位置を特定することは容易で、当時の人々の記憶と記録に残り、天守に関する地名や伝承が残ったはずです。

 しかし、天守に関する伝承や地名はありません。

 

a 聚楽第の天守に関する遺構伝承の少なさ

 聚楽第の遺構と伝わるもの(伝承レベルであり、遺構と証明されたものは現時点では一切ありません)が多いにも関わらず「聚楽第天守は○○城に移築された」という伝承はないです。

 桜井成広氏は西本願寺飛雲閣が聚楽第の天守を移築したという説を唱えられています。飛雲閣が聚楽第の遺構という伝承は江戸時代からありましたが、「天守」という部分は桜井氏が「聚楽第図屏風」に描かれている天守と飛雲閣の外観が似ていることを根拠に付け加えたものです。

 聚楽第破却の翌年である文禄5年(1596)の伏見大地震で本願寺(現在の西本願寺)は御堂が倒壊するという大きな被害を受けました。飛雲閣が聚楽第から移築されたのであればこの地震の痕跡が残りますが、この大地震による痕跡はないです。さらに元和3年(1617)に境内の大半が大火災で焼失したことから、現在では飛雲閣は聚楽第の遺構ではないと考えられています。

 聚楽第の他の建物が伏見城に移築されるなど各地で「○○城(もしくは□□寺)の△△(門、御殿などは聚楽第の遺構」という伝承があるにもかかわらず、桜井氏が提唱するまで天守だけ遺構伝承がないのは不自然です。

 聚楽第図屏風のような5層の天守が聚楽第に存在したなら、真偽に関係なく聚楽第天守の遺構伝承が残るはずです。

 

b 天守が存在したという伝承と地名がない

 情報が少ない聚楽第にとって聚楽第に関連する地名や伝承は貴重な情報源です(聚楽第に関する地名はこちらのページをご覧ください)。しかし、聚楽第の天守を由来とする地名や天守が存在したという伝承が残っていません。

 天保14年(1843に聚楽第研究をまとめた名倉言希は鳥瞰図の「豊公築所聚楽城之図」と平面図の「豊公築所聚楽城跡形勝」(どちらも明治時代の摸写のみが現存)を作成しました。明治17年(1884)に城戸竹次郎が模写したものなどが残っています。

 「豊公築所聚楽城之図」の添え書きによるとある人が秘蔵する「海北友松が描いた聚楽城之古図」を縮図にして写したものに制作当時の聚楽第に関連する地名や伝承を基にした研究成果を書き加えています。

 海北友松は生年が天文2年(1533)、没年が慶長20年(1615)で聚楽第があった当時から京都で絵師として活動していた海北が聚楽第を実際に見たことがある可能性が高いです。しかしながら、名倉が参考にした「聚楽城之古図」は現存しないため、「聚楽城之古図」の筆者が本当に海北友松であるか、名倉が参考にした「聚楽城之古図」はオリジナルか模写かを含めてわからないです。

 そのため、江戸時代後半の聚楽第に関する地名や伝承などがわかります。例えば、現在は否定されていますが聚楽第の遺構という伝承がある梅雨の井(ただし、描かれている位置は現在の梅雨の井より一区画西にあり、現在の梅雨の井がある場所は平面図でも堀の中です)が記載されています。 

 鳥瞰図では本丸北西角の2層の隅櫓の東隣に天守か櫓のどちらとも見える3層の建造物がありますが、平面図はこの2つを1つの隅櫓として記載しています。平面図には天守に関する記載はないです。名倉が作成した江戸時代後期に聚楽第天守を由来とする地名ならびに聚楽第に天守が存在していたという伝承が存在しなかったことがわかります。

 聚楽第の天守を由来とする地名と存在したという伝承がないという以外に「聚楽城之古図」に天守が描かれていないことも両図に天守を記載しなかった理由だと考えられます。名倉の両図以外の全ての聚楽第に関する絵画史料には天守が描かれていますが、江戸時代後半に天守が描かれていない「聚楽城之古図」という絵画史料があったようです。

 聚楽第を外側から見て、存在がわかる多門櫓(石垣の上にある平屋の長屋状の櫓)を由来と推測できる多門町が聚楽第跡地にあります。多門町は森島康雄氏など発掘調査を基に諸史料を組み合わせた聚楽第城郭範囲復原案の聚楽第本丸西堀の本丸側、つまり石垣があったと考えられる場所にあります。

 聚楽第本丸など第内に関する町名は寛永14年(1637)の「洛中絵図」で確認できます。京都全体の最古の地図である寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」では聚楽第の内堀が残り、第内跡地には人が住んでいません。寛永14年(1637)の「洛中絵図」では内堀はなくなり、聚楽第城郭跡地は町地化し町名が成立しています。聚楽第の第内に関する町名は聚楽第破却から約30年後から40年後に成立しています。聚楽第本丸内の州浜を由来とする須浜町がありますが、池は完全に埋められずに残っていたと推測できます。

 聚楽第の第内に関する町名は、森島氏など発掘調査を基に『駒井日記』など諸史料を組み合わせた聚楽第城郭範囲復原案の聚楽第の範囲内に配置されています。つまり、聚楽第に関する町名の配置は信憑性があると考えられます。 

 聚楽第に絵画史料にある5層の天守が存在するならば、聚楽第の建物の中では外部から位置の特定が最も容易で、人々の記録や記憶に残ったはずです。それにもかかわらず天守に関する遺構伝承が西本願寺飛雲閣のみであり、天守を由来とする地名と天守が存在したという伝承が存在しないことに強い疑問を感じます。

 

 

疑問点2 聚楽第の天守に登った記録が残っていない

 前述の文献史料から聚楽第の天守(もしくは殿主)に「行った」、摩阿姫が聚楽天主と呼ばれることから「居住していた」人物がいることがわかります。しかし、天守に「登った」という記録はありません。 

 毛利輝元の家臣である平佐就言は天正16年7月から9月の主に従い上洛し、その様子を記録した日記である『輝元公上洛日記』があります。8月7日に秀吉から聚楽第での囲碁を観戦するように命じられた毛利は、

 「未刻に聚楽へ出仕候碁被成御覧。其以後御座席台所迄不残見せ被参せ候駿河大納言大和大納言殿御案内者也。関白様も姫子御被成候御出て御雑談など有之」

 とあり、聚楽第へ出仕した毛利は囲碁を観戦した後、徳川家康と豊臣秀長の案内で聚楽第の座敷から台所まで残らず見学しています。しかしながら、天守に関しては一切記述はありません。

 毛利は国許への帰国途中に大坂に滞在します。9月11日には「此時天守を見せ被参候関白様御案内者成候(中略)金乃間銀の間銭の間御宝物の間御小袖の間御武具の間以上七重也御供の衆まで悉へ御見せ候」と毛利と御供の者は大坂城主の秀吉自らの案内で、金の間や宝物の間など秀吉コレクションを展示している大坂城の天守を見学しています。

 天守見学が終わった後は「其以後御座席北政所御座候間一門進被残自余ハ見せ被参候御休み所迄」と秀吉の御座の間や御休み所(御寝所?)や正妻の北政所の御座の間などを見学しています。

 『フロイス日本史』では天正14年(1586)年に大坂城を訪問した日本イエスズ会副管区長ら30名以上の一行の中に通訳係としてフロイスは大坂城に行きました。秀吉との謁見が済むと秀吉の命令で場内を見学し、その様子を記録しています。

 「(高山)右近殿の先導で、我らに対して城内にある豪華をきわめた黄金塗りの他の多くの部屋や(中略)きわめて清楚で庭園とを見せるように命じた」

 とあり、高山の案内で城内の様々な部屋や庭園を見学します。

 「塔が内側から開かれると、関白は我らを導いていた人に、城と副塁の間を通って行くようにと命じ、我らは塔の下に赴いた。そこには鉄板で覆った小さい隠し門があり、(中略)、門が開くと、関白はその入り口に立って、伴天連および随行者全員が城内に登るよう、ただし武器を携えないようにと命じた。(中略)関白はその身分とは別に一私人のようにして司祭たちの案内役を務めた。(中略)関白はさらに自分が平素夫人と寝る場所を我らに見せた」

 とあります。フロイスは天守のことを「主城および財宝を所蔵してある塔」と表記しているため、天守に関する表記が塔と城の二種類あります。

 高山右近に城内の広間や庭園などを見学させた後に、秀吉自らが案内役として随行員全員を天守を見学させ、天守から降りると自身の寝室まで見学させています。

 フロイスは天正19年(1591)閏1月9日にインド副王使節として聚楽第の秀吉と対面した巡察史ヴァリニャーニら一行から聚楽第のことを聞き、記録しています。

 『フロイス日本史』によると「関白はその後、二人の公家に対し、司祭たちやポルトガル人に、宮殿の諸建築を参観させるように命じた。そこで一行は宮殿の主要な部分を見学したが、(中略)部屋という部屋、広間という広間、その内外と上下は言うに及ばず、台所までがその用具や机の置場に至るまで、ことごとく金が塗られているからである」

 とあり、使節が秀吉との謁見後に公家の案内で広間や台所など聚楽第の主要部分を見学しています。しかし、大坂城天守を表す時に用いた「主城および財宝を所蔵してある塔」に該当する言葉はありません。使節の聚楽第見学コースにも天守は含まれていないようです。

 聚楽第は関白の公邸という性格がありますが、大坂城は豊臣秀吉の個人の城です。大坂城天守は豊臣秀吉コレクションを展示する「豊臣秀吉博物館」で、大坂城天守は城主の彼が案内人を務める大坂城見学コースに含まれています。自らの案内で天守を訪問者のみならず、その随行者まで積極的に見せている様子がわかります。 

 城主である秀吉自ら天守を含む城内の隅々まで、訪問者の御供の者まで半ば強制的に案内することは相手への歓迎の意を示すと同時に城主の財力ならびに権力を見せつけるという政治的な意図があります。つまり、大坂城の天守には秀吉の力を訪問者に見せつけるという役割があります。

 城主である秀吉自ら天守まで案内するのは歓迎の意もありますが、城主が在城時に他の者を案内役にし、訪問者を天守へ登らせると天守に登っている訪問者が城主がいる御殿を見下すという位置関係を嫌ったのでしょう。

 前述の『輝元公上洛日記』の8月7日の項のように、毛利は秀吉の囲碁を観戦した後に秀吉の命を受けた豊臣秀長らの案内で聚楽第を見学し、その後に秀吉は姫子(秀吉の養女か側室)を抱いて、毛利らの雑談に加わっているため、毛利が秀長らの案内で聚楽第見学をした時に秀吉が聚楽第にいたことがわかります。

 秀吉が聚楽第にいるにも関わらず聚楽第の案内を他者へ任せたのは、聚楽第には大坂城天守のような高層建造物が存在せず、毛利が秀吉のいる御殿を見下せる場所が存在しないからと推測できます。

 さらに2度の聚楽第行幸に関する史料でも天守に登ったという記録はありません。聚楽第行幸は天正16年(1586)に豊臣秀吉、その4年後には豊臣秀次により行われました。1度目の聚楽第行幸は豊臣秀吉の家臣大村由己が秀吉の命で記した『聚楽第行幸記』という詳細な記録があります。

 2度目の行幸は詳細な記録がありませんが、2度目の行幸の概要のみを覚円法親王が記録した『聚楽第行幸目録』ならび西洞院時慶の日記から2度の聚楽第行幸の記録のみを抜粋した『天正年中聚楽亭両度行幸日次記』からある程度わかります。これらの史料からは2度の行幸で「天皇を天守へ案内した」という記述が見当たらないことから、行幸では聚楽第の天守へ登らなかったことがわかります。

 このように誰にも登らせた記録がない聚楽第の天主もしくは殿主と呼ばれる建造物は大坂城天守のように、訪問者へ見せるための施設ではないようです。

 

 

疑問点3 なぜ天主に居住者がいるのか

 

 前述の『兼見卿記』の天正18年(1590)1月18日の項などで豊臣秀吉の側室の摩阿姫(前田利家の三女。後に加賀殿と呼ばれる)が聚楽天主に住んでいたことから吉田兼見は彼女のことを聚楽天主と記載しています。

 前述の桜井成広氏は西本願寺飛雲閣が聚楽第の天守を移築したという説を唱えられています。そのため、飛雲閣の構造から聚楽第の天守に人が住んでいることには疑問に感じられないようです。ただ、現在では聚楽第からの移築ではないという見解が主流です。

 しかし、一般的に天守に住んだ人物は安土城天主に住んだ織田信長だけだと云われています。なぜ、聚楽第の天守に人が住んでいたのでしょうか。

 安土城天主は城主である信長の政務の場、居住の場、自ら訪問者を案内して見せるという3つの役割があると考えられています。聚楽第の天守には政務の場である表御殿と、前述のように主自ら積極的に訪問者を案内して見せるという役割はありません。

 聚楽第の天主の主な役割が居住の場なら、絵画史料の天守のように高層である必要はありません。居住だけが役割ならば平屋か2階建てであれば十分なはずです。

 聚楽第の天守への3つの疑問点から「聚楽天主=絵画史料に描かれているような5層の天守があった」ということは断定できません。

 天守が存在したにもかかわらず、天守があった場所の地名が天守と関係がないものになる可能性は否定できませんが、誰も登らせなかった点と居住者がいる点に関しては納得できる解答が得られません。

 聚楽第には絵画史料にあるような5層の天守は存在しなかった可能性が極めて高いです。 

 

◆聚楽第の天主や殿主という建造物は何を意味するのか

 前述のように3つの疑問点から絵画史料にあるような5層の天守がなかった可能性が高いです。

 では、聚楽第の天主や殿主という建造物は何を意味するのかという問題が生じます。前述の3つの疑問点を論点に、想定されるケースを2つ考えて見ます。 

 

a 2層か3層の天守の場合 

 天守を現存、復原を問わず見ることができる天守の画像、もしくは大坂城など現存しない天守の推定復原図を見れば、視覚的に天守はこのような建造物ということが何となくわかるような気がします。

 しかし、天守を言葉で説明するのは難しいようです。何となく分かっているようで分からない言葉のようで、天守の説明がない書籍もあります。

 色々な書籍で調べてみると天守には2層から3層という櫓と高さの面では変わらない天守もあれば、5層など高層の天守もあります。必ずしも我々が天守としてイメージするような5層のような高層の建物である必要ではないようです。

 天守の概念を自分なりにまとめてみると「城主の権威を示す目的で建造された2層以上の城側に窓がある櫓建築」ということになります。櫓は城外を見張るための施設ですから城内側に窓はありません。天守は城主が登って眺望を楽しむ目的があるため、櫓と異なり城内側にも窓があり、天守から城主が住む御殿を見下ろすことができます。

 聚楽第の天主、もしくは殿主は天守の概念に従えば「2層以上の第内側に窓がある櫓建築」ということになります。つまり、2層や3層でも天守です。

 前述の多門町から多門櫓の存在が推測できます。多門櫓は門櫓や隅櫓を結ぶ櫓です。聚楽第に多門櫓と櫓があったと推測できます。

 当時の人も隅櫓と天守の明確な違いはわかりにくいです。そのため、2層か3層の天主もしくは殿主という名称の建造物を天守ではなく隅櫓と考えた結果、天守に関する伝承・地名が残らなかったという考え方ができます。

 天守があるのなら「天守が3層なら、隅櫓は2層」と、天守と隅櫓の高さを変えていた可能性も考えられます。しかしながら、聚楽第に2層か3層の天守が存在したのなら、隅櫓よりも外観は立派なはずで、隅櫓との外観の区別は容易なはずです。2層や3層でも当時としては高層建造物のため周囲から見えたはずです。ただ、聚楽第天守同様、何らかの理由で伝承や地名が残らなかった可能性も否定できません。

 しかし、2層や3層でも天守です。存在するのも関わらず、天皇や外交使節、諸大名など誰にも登らせなかったことに疑問が残ります。

 さらに、聚楽第に天守閣に相当する天守が存在するのなら『駒井日記』の文禄4年(1595)4月10日の聚楽第の曲輪と、各曲輪の周囲の石垣の長さなどを記載している記事に、天守という聚楽第にとって重要であろう建造物に関する記述がないことも疑問に感じます。

 結局、2層や3層の天守でも全ての疑問点が解消されません。 

 

b 聚楽第の天守(殿主)という名称の建造物は天守(俗称の天守閣)を意味しない場合

 前記のように聚楽第の天主、もしくは殿主は天守(俗称の天守閣)では、疑問点が解消できません。発想を大きく変えることで疑問点に対する納得できる解答を得ました。

 

○安土城以前の天主の意味

 発想の転換のきっかけは平成18年10月15日に滋賀県立安土城考古博物館が主催したシンポジウム『信長の城・秀吉の城』を基に書籍化した同名の書籍(編・出版 滋賀県立安土城考古博物館)の中で、木戸雅寿氏が講演された「天主から天守」の記述を見たことです。

 その中で、文献史料にある安土城以前の天主(木戸氏は豊臣秀吉が天守閣と呼ばれている建造物を天主から天守と言い換えたと考えられ、意図的に二つの言葉を使い分けをされています。この項目では同氏の使い分けに従って記載します)の記述の内容を総合され、特徴を4点挙げられています。

 要約すると安土城以前の天主には「座敷の間があり、城主がその座敷で居住している」(1点目と3点目)、「1階から2階ぐらいの建物」(2点目)、「城主が討ち死をしているシーンがいくつか見られる」(4点目)です。 

 木戸氏が天守の概念を安土城以前の天主と以後で区切るのは、安土城の天主や豊臣期の天守のような高層の天守と安土城以前の天主は、同一名称の建造物でも、全く異なる建造物だからです。 

 また、同氏は主な建物を意味する主殿から転じて、殿主、天主、天守になったことを挙げ、安土城以前の天主を城主の居住空間とされています。さらに、城内の重要な施設である城主の居住空間である殿舎(普通は平屋)と、防御施設としての櫓の二つとし、安土城以前の天主の定義を

 この平屋の御殿を当時の人が「天主」と呼べばそれは「天主」であり、櫓形式の物を「天主」と読んでいたとしたら、それが「天主」になるということです。

(『信長の城・秀吉の城』P75から76より引用) 

 とあります。前記の4点の特徴と合わせて考えると、安土城以前の天主の定義は「城の櫓か、城主が居住する御殿のうち、当時の人が天主と呼んでいる建造物」ということになります。

 聚楽第の天主(殿主)が安土城以前の天主、安土城の天主、豊臣期の天守のうち、どの天主(天守)に該当するかでは、櫓、城主の居住空間である御殿、居住空間と政務の場(奥御殿と表御殿を兼ねている)に加えて訪問者に見せる役割がある高層建築の安土城天主、訪問者に見せる役割のみがある大坂城天守のような高層建築と大きく意味合いが異なります。

 余談ですが、織田信長が安土城天主を「天主」と命名した理由は安土城天主を既存の城主の御殿である天主の延長と考えたのかもしれません。そのことで天主の言葉の意味に現在の天守閣の概念が加わり、天守という言葉だけではどのような建物を指すのかわかりにくくなったようです。

 

聚楽第の天主(殿主)が意味するのは天主か天守か?

 前述のように聚楽第の天主に居住していたことがわかります。通常の櫓は居住が目的ではなく、城外への見張りを目的に建てられているため、居住者がいる聚楽第の天主が櫓である可能性は除外されます。聚楽第の天主の「天主」が意味するのは安土城以前の天守である城主の居住空間の御殿である天主か、安土城天主、豊臣期天守のどちらでしょうか。

 まず、聚楽第の天主が安土城天主に該当するかを考えてみます。文献史料から聚楽第の天主には安土城天主の役割の1つである居住空間は確認できますが、政務の場ではなく、天皇や外交使節、毛利らを案内してないことから、見せる機能はなく、安土城天主に該当するような天主を意味する建造物ではありません。聚楽第の天主は安土城天主の天主には該当しません。

 次に聚楽第の天主の「天主」が安土城以前の天主か、豊臣期の天守のどちらを意味するかを考えてみる必要があります。  

 木戸氏の講演テーマ「天主から天守へ」の主旨は秀吉が天主を天守に言い換えたというものです。同氏は文献史料に記載されている天主や天守などを示す用語を「表1 文献に現れる天主・天守一覧」という表にまとめられ、秀吉は何らかの意図で天正11年(1573)以降の朱印状から天主から天守という言葉に置き換えたとされています。この表には掲載事例が少なく、聚楽天主ならびに聚楽第の殿主は掲載されていません。

 置き換えの理由を第二部のパネルディスカッション(参加者 乗岡実氏、加藤理文氏、木戸雅寿氏 コーディネーター 中井均氏)の中では織田信長と豊臣秀吉の天下への姿勢の違いとされていますが、明確な答えは出ていません。私は安土城以前の天主である城主の御殿と、安土城天主ならびに豊臣期の天守という新しい概念である高層櫓建築(現代の我々がイメージする天守閣)を区別すると意図があるという考え方ができると思います。

 前記の『駒井日記』の記述の中で聚楽天主を示す言葉として殿主を使っていますが、文禄3年(1594)の3月18日と、同月20日に淀城天守を伏見城へ移築する記事の中で、淀城天守を示す言葉として「淀天守」、「淀之天守」と記載しているように豊臣期の天守を示す言葉として天守を使っています。駒井は天主に関する記録を残した山科と吉田と異なり、秀次の家臣という政権側にいる人物です。

 彼が政権側の意向で「天主(殿主)を城主の御殿」、「天守を安土城天主ならびに豊臣期の天守のような高層櫓建築」という意味で意図的に使い分けているならば、聚楽天主は安土城以前の天主、つまり城主(聚楽第の主)の居住する御殿を指します。しかしながら、日記は他人が読むことを想定しないため、駒井が公文書でも意図的に使い分けているのか、単なる当て字かは断定できません。

 現時点では、豊臣政権内で御殿を意味する天主と高層櫓建築を意味する天守の意図的な使い分けが行われていたのかは不明です。聚楽天主という名称だけでどちらを意味するのかは断定できません。今後の研究により豊臣政権内で「天主(殿主)=城主が居住する御殿」、「天守=安土城天主ならびに豊臣期天守のような高層櫓建築」という明確な意図により使い分けがなされていると証明されれば、聚楽第の天守は聚楽天主という名称から、城主が居住する御殿ということが推測できます。

 

○役割から考える聚楽第の天主と殿主の「天主」の意味

 現時点では豊臣政権内で天主と天守という二つの言葉を明確な意図を持って使い分けをしているのか不明なため、聚楽天主という名称から安土城以前の天主か豊臣期の天守のどちらは断定できません。

 次は文献史料などから推測できる聚楽第の天主(殿主)の「天主」が、どちらを意味するのか考えてみます。 

 聚楽第の主である秀吉と秀次が天皇、外交使節、諸大名を聚楽第の天守を案内したいう記録がないことから積極的に見せていない、つまり、豊臣期の天守のように訪問者を積極的に案内して見せるという役割はなかったと考えられます。

 前述のように聚楽天主には摩阿姫が居住していたと推測されるため、居住空間の役割があると推測できます。安土城天主とそれ以降の天守に住んでいたのは織田信長のみと云われています。しかし、安土城以前の天主は城主の居住空間である御殿です。人が住む目的で建てられています。 

 居住空間という役割があり、大坂城天守のように見せる役割がないという点から、聚楽天主は「2層以上の城内側に窓がある櫓建築」という安土城天主や豊臣期の天守には該当せず、安土城以前の天主、つまり、城主の居住空間である御殿(奥御殿)を意味するのではないかと考えられます。

 聚楽天主を聚楽第の奥御殿と考えると、疑問点1の聚楽第の天守を由来とする地名、天守を移築した、もしくは天守が存在したという伝承が残らなかった理由を「聚楽第には安土城天主や大坂城天守に該当するような建築物が存在しない」、疑問点2の聚楽第の天守に登った人がいない理由を「聚楽第の天主(殿主)は奥御殿であり、天守のように見せる目的で建造されていないため登ることができない」、疑問点3である聚楽第の天守に人が住んでいる理由を「城主の居住空間である奥御殿だから人が住むのは当然」と説明できます。 

 このように考えることで、前記の3つの疑問点への解答が導き出せます。

 

◆まとめ

 聚楽第には聚楽天主、もしくは殿主と呼ばれる建造物はありました。ただ、現時点では第内のどの場所にあったのか、何階建てかなど聚楽天主の概要は不明です。

 私が前記の3つの疑問点への解答を探るという方法で導き出した結論は、「聚楽第には聚楽天主、もしくは殿主という名称の奥御殿はあったが、絵画史料に描かれているような天守に該当するような建造物は存在しない」です。  

 さらに『駒井日記』の文禄4年(1595)4月10日の聚楽第に関する記事に城主の権威を示すという聚楽第にとって重要な建造物であるはずの高層櫓建築である天守を記載しなかった理由も、「存在していないから記載しようがない」、数mから十数mの高さがあると推測される天守台の地形的な痕跡がない理由も「高層櫓建築である天守が存在しないから天守の土台である天守台も存在せず、地形的痕跡は残らない」と考えられます。

 しかし、現時点では情報不足の観は否定できません。

 「聚楽第本丸跡地をくまなく発掘調査を行い、天守ならびに天守台の痕跡が出るか出ないかで結論が出せる」と考える人もいるかもしれませんが、聚楽第跡地は民家が建ち並び、大規模な発掘調査は不可能です。

 しかも、聚楽第は破却後から町地が建ち並ぶまでは、上質の土壁の材料である聚楽土の採取により、柱跡など建物があった痕跡のほとんどが壊されています。考古学の分野から聚楽第の天守の有無を立証するのは困難です。 

 もし、聚楽第跡の表面波探査が再度実施され、本丸の隅櫓があると想定される箇所が全て調査され、ある隅櫓の周囲の堀の幅が他の本丸の隅櫓より明らかに広いという結果を得られたのなら、そこに天守があるという推測も成り立ちます。

 この後、発掘調査や表面波探査、新発見を含む文献史料の調査が進み、新たな聚楽第の天守に関する記述が見つかれば、文献史料にある聚楽第の天守(殿主)の概要がわかるはずです。その時をとても楽しみにしています。

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る