16巻以降の予想される内容

 

 16巻以降に起こることを年表にした。年表と予想の内容の根拠は剣客商売で未来について語られている部分や他の池波作品、歴史上の出来事に基づく。

 なお、16巻で小兵衛が伊丹又十郎に勝利した天明5年(1785年)1月以降のこととする。

 

和暦 西暦 出来事
天明五年 1785  夏頃、又六と杉原秀の子供が生まれる予定。

 秋に小兵衛の媒酌により又六と杉原秀が夫婦になる。 

天明六年 1786  将軍家治が亡くなる。老中田沼意次が失脚し老中の職を解かれ、2万石と神田御門内の上屋敷が没収される。

 田沼家の大幅な減俸に伴い飯田粂太郎ら田沼家の家来たちの中には、失業する者が出る?

 大治郎の田沼屋敷での出稽古中止?

 和泉屋など田沼意次の後ろ盾で江戸城に出入していた店の出入が禁止される? 

天明七年 1787  江戸御府内で米価高が原因の打ちこわしが起こる。作中の人物にも何らかの影響がある?

 松平定信が老中首座に就任し政権を握り寛政の改革が始まる。

 田沼意次に蟄居・急度慎と隠居の処分が下さる。田沼本家の家督は意次の孫の意明が継ぐが遠州相良藩(3万7千石)から陸奥下村藩(1万石)に減封される。

 先手組頭の長谷川平蔵が加役として火附盗賊改長官に就任。盗賊がらみの話で長谷川平蔵登場?

天明八年 1788  田沼意次死去。

 おふくが再婚の相談に小兵衛宅を訪れる。小兵衛の後押しでおふくは白木屋新兵衛の後妻になる。

天明九年(寛政元年) 1789  おふくが亡くなる。この頃には小川宗哲は往診をやめているが、おふくのために特別に往診をする。

 旗本救済を目的に札差への借金を棒引きする札差棄捐令が出される。旗本らは喜ぶが札差が旗本へ新たに借金を貸さないことで抵抗し幕府は猿屋町会所を開き札差を救済する。旗本・御家人たちは大いに困惑する。小兵衛達の知り合いの旗本にも影響?

 倹約を強い、贅沢を禁じる令を出す。その一貫として洪水時に害を与えるという名目で川の中洲を取り除く。中州は茶屋や料亭が集まる一大観楽街で稲屋(井関道場四天王だった小沢主計が独立後に利用していた料亭)など中州にある店が閉店に追い込まれる。 

 鍼医の藤枝梅安は京で開業するも、密通相手の女を殺め逃亡し、仕掛けの道へ入る。

寛政二年 1790  異学の禁と出版統制が行われる。新規出版が許可制になり政治を風刺する内容を禁じるなど和泉屋ら書物業界に打撃?

 物価引下げ令が出されるが失敗に終る。

寛政五年以前    反田沼政権の定信により秋山家が狙われる?
寛政五年 1793  京都の筆問屋中村屋の主の中村忠兵衛になった平松伊太郎が小兵衛に挨拶に来る。

 松平定信が老中筆頭と将軍補佐を解任される。

寛政七年 1795  長谷川平蔵が火附盗賊改を解かれ、その三日後に亡くなる。

 この頃、萱野の亀右衛門が隠居する。

寛政年間    大治郎の子の小太郎が剣客を目指す?

 主人公が小兵衛から小太郎に交代になる予定。

 四谷の御用聞き弥七が亡くなる。息の伊太郎が弥七の後を継ぐ?

 小兵衛の元門人の内田久太郎が医者の修業を終え、医者の師匠の村岡道歩の名を継ぐ。 

 金子道場の主の金子孫十郎信任が亡くなり、子の孫十郎信高が道場を継ぐ。

 不二楼の与兵衛が隠居し一人娘のおきんの婿養子に店を継がせる?

 針医の藤枝梅安が品川台町で開業する。

寛政十一年 1799  梅安本編開始。
寛政十二年 1800  小兵衛の親友の牛堀九万之助が亡くなる。

 牛堀は小杉十五郎を後継者に指名する旨の遺書を金子孫十郎信高に託すが、小杉を後継者にすることに反対する一派によって牛堀道場で後継者争いが起こる。

 命を狙われた小杉はやむなく反対派と斬り合いになり、小杉は道場を捨て江戸を去る。道場は金子が預かる。

寛政十三年(享和元年) 1801  牛堀道場の高弟の酒井俊五郎が金子の庇護を受け、牛堀道場で稽古をつけようになる。酒井が牛堀道場をいずれは継ぐらしい。

 小杉が道場に現れ、帰路に路上で反対派と斬り合いになり、後継者争いを公にし、自らお尋ね者になる形で後継者争いに収拾をつける。

 不二楼で客の池田辰馬が何者かに殺害される。

 大坂の香具師の元締め白子屋菊右衛門が江戸の拠点の山城屋を構える。

享和四年 (文化元年) 1804  白子屋菊右衛門が山城屋で梅安に殺される。

 田沼意次の4男意正が田沼家本家の家督を相続し、陸奥下村藩主になる。

文化八年以前    小兵衛の後妻のおはるが亡くなる。
文化八年 1811  秋山小兵衛九十三歳で死去。最期を看取った医者は小兵衛の元門人の二代目村岡道歩。
文政五年 1822  田沼意正が若年寄に任じられる。
文政八年 1825  田沼意正が側用人に任じられる。

 

◆16巻以降の予想される内容

 

 16巻以降の予想される内容を諸資料などから考察する。

 

○寛政の改革。秋山ファミリー対松平定信

 

 寛政の改革を一言でまとめると「規制尽くし」。田沼時代の自由な気風から一変し、倹約を強い出版や思想統制を行い庶民の楽しみを奪う触れが多い。庶民の怒りを聞いて立ち上がる秋山小兵衛らの活躍が予想される。

 松平定信は田沼意次の政策に加担した者は全て罷免し、田沼が城主だった遠州相良城をわざわざ破壊させるなど田沼を強烈に恨んでいる。

 松平定信は10巻・春の嵐で藩士が「あきやまだいじろう」と名乗る者に殺害された事件で大治郎の引き渡しを評定所に強く求めていただけに、政権を握った定信が小兵衛達を処断しようと企て、小兵衛達と対決する展開が考えられる。そうなれば、小兵衛らが定信に一泡吹かしてやることになっただろう。

 

○鬼平こと長谷川平蔵と遭遇する?

 

 天明七年(1787年)から寛政七年(1795)まで先手組頭の長谷川平蔵が加役として火附盗賊改方の長官に就任する。

 「剣客商売」では5巻の西村屋お小夜で登場する梅之助一味、十一巻の同門の酒で登場する作間の甚蔵一味のように小兵衛たちが盗賊一味を捕らえ、火附盗賊改方に引き渡すことが何度かある。

 「鬼平」の「寺尾の治兵衛」では安永五年(1776年)の春に田沼意次の下屋敷で開かれた試合で最後まで勝ち抜いたのは長谷川平蔵、試合の審判を務めたのは小兵衛であるためこの2人に面識はあり、作品が「鬼平」の時代まで続いていればこの2人が再会することはありえた。

 

〇田沼家の動向

 作品の重要人物である田沼意次の失脚は秋山家にも大きな影を落とすだろう。

 田沼意次天明六年(1786)に将軍家治が死去したのと同時期に老中職を解かれ、2万石と上屋敷を没収される。天明7年(1787)に蟄居と急度慎を命じられ、日中でも雨戸を閉じ、屋敷の一室に幽閉される「政治犯」という扱いを受け、翌年に70歳で亡くなる。

 家督は天明7年(1787)に15歳の孫(殿中で佐野に刺されて亡くなった長男の意知の子)の意明(おきあき)が継いだが、同年に遠州相良3万7千石を没収され、新たに陸奥下村藩1万石を与えられる。田沼家を実質5千石しか収穫がなく、東北地方は未曾有の飢饉が発生したばかりである。あえて田沼家を大名として存続させた理由は大名の石高は旗本より高いが参勤交代の負担があり、大名より旗本が経済的に楽と知った上での処分である。

 松平定信は「意次が賄賂で溜め込んだ」とされる金を取る目的で「川々普請御用途」を名目に陸奥下村藩に6万両上納を命じた。また、田沼意明は松平定信が失脚するまで将軍との拝謁が許されないなどひどい扱いを受けた。田沼家への風当たりと強さが田沼意次の娘の佐々木三冬を大治郎の妻にした秋山家にも悪影響を与えるだろう。

 しかし、反田沼の旗頭だった老中松平定信が寛政5年に老中を辞職し失脚すると、田沼家は幕府の役職に取り立てられるようになる。11代将軍の家斉が将軍就任につながった先代の将軍の家治の養子入りに貢献した田沼意次への恩返しの意味合いを込めて取り立てたようである。このことが秋山家にいい影響を与えるかもしれない。

 もっとも、意次の子孫を取り立てたい将軍たちの意向に反し陸奥下村藩は4代続けて藩主が若くして亡くなるため、出世ができない。次々と藩主が若くして亡くなるため田沼家は後継者に困る。小太郎は田沼意次の孫という設定であるため、当主を次々と亡くした田沼本家から田沼意次の外孫の小太郎を藩主にしたいという声が出ると作品としては面白いかもしれない。

 陸奥下村藩5代藩主に意次の四男の意正(おきまさ)が就く。意正は文政5年(1822)に若年寄、文政8年(1825年)には側用人に任命されるなど幕閣の一員となる。田沼家が復権したことで秋山家にも何らかのよい影響を与えるだろう。

 

 

〇小兵衛から小太郎へ主役の交代

 

 『剣客商売読本』に収録されている「池波正太郎インタヴュ 秋山小兵衛とその時代」(聞き手 筒井ガンコ堂 初出「小説新潮」臨時増刊 1988年1月)の中で

 聞き手の筒井ガンコ堂さんの「胸中に秘めた抱負がおありではありませんか?」という質問に対し池波さんは「(前略)、この後は小兵衛の孫の小太郎ですね。彼を主人公にするつもりでいるんです。(中略) 小太郎は大治郎より小兵衛に似ていて、女遊びもさかんにするし、しようもない青年ですが、その小太郎が文化・文政にかけて生きて行くのです」と答えられています。

 天明2年(1782)生まれの小太郎が女遊びをするぐらいの年齢には小兵衛は80代になってしまうため、小太郎が青年になるまで小兵衛が主役を続けるという展開には無理が生じる。主役交代までのつなぎとして大治郎が主役という展開か、小兵衛が主役の最後の話の後に一気に何年か経過し、青年になった小太郎が主役になるという展開が予想される。 

 小兵衛が主役の最期のエピソードなら天下に関わる大事件がふさわしい。小兵衛の年齢から考えるとその相手は松平定信だろう。定信が田沼家と関わりが深い秋山家を追い落とそうとするも小兵衛の活躍でそれを阻止し、定信を失脚するきっかけになるよう反撃をするという展開もありえただろう。

 大治郎達が小太郎に女遊びができるほどの金額の小遣いを渡すとは思えないため、祖父の小兵衛にせびるのかも知れない。真面目な両親を嫌って家出し、祖父の小兵衛宅へ行くという展開になるかもしれない。「剣客商売」という題名だけに小太郎も剣客を目指すに違いない。

 小太郎は大治郎達のようにストイックな剣の世界に生きるのではなく、小兵衛のように剣で市井の人々を助けるような剣客になるのかもしれない。

 

○梅安ら江戸の暗黒街とのかかわり

 

 「剣客商売」でも仕掛人が登場する話はある。「剣客商売」の中の仕掛人のページ参照。 

 梅安は寛政元年(1789)に密通相手の女性の嘘が許せずに殺してしまったことがきっかけで、仕掛人の道を歩むことになる。寛政年間の前半には、梅安は品川台町で開業する。

 寛政十一年(1799)から文化三年(1806)までが梅安本編の年代になる。「剣客商売」がこの年代に入ると梅安本人、もしくは梅安に登場する香具師の元締めが関わる事件に小兵衛か大治郎、もしくは小太郎が巻き込まれるという展開もあり得ただろう。

 また、大治郎らが高齢の小兵衛のために評判の針医の梅安に往診を頼むというような展開もあり得ただろう。

 

○大治郎の道場経営

 

 大治郎の道場は作品の前半では門人はわずかだが、作品が進むにつれ田沼屋敷や旗本屋敷での出稽古や門人が増えるなど繁栄の兆しが見えてくる。田沼家での出稽古はなくなるかもしれないが、文武を重んじる寛政の改革と異国船が日本周辺に現れる影響で武芸が見直された時期だけに道場は繁盛したかもしれない。

 江戸時代の浅草橋場は江戸の郊外で周辺に武家屋敷が少なく道場の立地として悪いため、作品の都合上、大名屋敷が多い江戸の中心部に移すかもしれない。

 

○敵の登場?

 秋山親子に成敗された悪党の子供の世代が登場し、小兵衛たちを敵と狙う話も出てくるだろう。

 

○友人、知人の最後

 作品が続くと小兵衛の親類、友人、知人、元門人が寿命により亡くなっていくことは避けられない。何人かは何かの出来事に関連付けて亡くなるかもしれない。

 小兵衛が亡くなる文化8年時点で、年齢的に確実に生きていると言い切れるのは、小兵衛の孫の小太郎と小兵衛を看取る二代目村岡道歩ぐらいだろう。

 

〇小兵衛の晩年の活躍

 『仕掛人・藤枝梅安7巻』の「為斎・浅井新之助」に登場する浅井新之助は、85歳という老剣客であるが、梅安宅を窺う不審者(仕掛人)を簡単に懲らしめている。

 浅井は浅井は85歳の老剣客で、梅安宅がある品川台町から近い備前岡山藩下屋敷に住んでいる。浅井は小兵衛同様に牛堀の知人であり、稀代の名人と呼ばれる腕前、共に80代と共通する部分が多い。

 浅井と小兵衛に共通する部分が多いのは話の展開の都合上、「剣客商売」の登場人物を「梅安」に関わらせることはできないため、浅井は小兵衛の代役という意味合いが強いからであろう。 

 つまり、晩年の小兵衛も浅井と同様に、仕掛人や不届き者をいとも簡単に懲らしめるような活躍をさせるつもりだったのかもしれない。

 

○小兵衛の最後

 主人公の最後だけに何もなく亡くなるはずはないだろう。剣客としての最後が語られただろう。

 

○小兵衛達の仲間の代替わり

 弥七達ら小兵衛達の仲間である御用聞き達が亡くなると小兵衛らの探索に支障が出る。

 弥七の息の伊太郎が弥七の後を継ぐなど、小兵衛たちに協力してくれた御用聞きの子供世代の者が登場するかもしれない。また、弥七が小兵衛の道場に入門したように、伊太郎が大治郎の道場に入門する話もあるかもしれない。

 番外編「ないしょないしょ」によると小川宗哲が寛政元年(1789)には往診をやめているため、ある時期から小川に替わる小兵衛たちに協力する新たな医者が登場するだろう。小兵衛の最後を看取ることになっている二代目村岡道歩が有力候補だと思うが、小川に弟子がいて小川宗哲の名を継ぐ人物がいるとすれば小兵衛たちを支えるかもしれない。

 小兵衛たちは事件解決のため、田沼意次や田沼家用人の生島を通じて幕府や大名旗本の内情を探ることができた。しかし、田沼意次失脚により田沼家は幕政の中枢から外されるため、これらの情報を田沼家から得ることができなくなる。秋山家が幕閣との関わりがなくなれば、田沼対一橋のような天下の一大事に関わるような陰謀に巻き込まれることもなくなる。

 天下の一大事に関わる話を展開するのなら、新たに秋山家に協力する政治の中枢に関わる大名か旗本が登場するだろう。

 

 

 

その後の最初のページに戻る