田沼家の人々

 

 田沼意次以外の田沼家の人々と意次以降の田沼家の歴史を紹介する。田沼意次以降の田沼家の人々はあまり知られていないため、田沼意次失脚に伴い田沼家自体が断絶されたと誤解する人もいるかもしれない。

 しかし、老中に登りつめた意次には適わないが、田沼家は幕閣として幕政に関与している。ここでは田沼家について触れる。なお、意次本人については他のページで詳しく解説している。

 

◆田沼の人々

○意次の父 意行(もとゆき)

 紀州の浪人の子供に生まれた意行は叔父の田代氏に育てられる。紀州藩の部屋住みだった頃の徳川吉宗に仕えたことで出世の道を歩むことになる。吉宗は兄弟が亡くなり紀州藩主になったことで、彼は吉宗の奥小姓となり、吉宗が享保元年(1716)に八代将軍に就任すると紀州から江戸に連れて行く家来の二百余名の中に選ばれ、吉宗の小姓となり三百俵取りの旗本になる。

 吉宗に長年仕えた意行は吉宗からの信頼が厚く、大名からの献上品の収蔵や将軍の衣装や装束、道具の買い入れから将軍が旗本や大名へ下賜する品を揃える御納戸頭取という大出世を遂げ、従五位下主殿頭(とのものかみ)に叙任され六百石に加増された。

 従五位下は高家を除く町奉行、勘定奉行、大目付など重要な役職に就任した旗本が叙任される最高の官位で一般大名と同等の官位である。浪人からここまで大出世したのは主君が吉宗だったからである。

 父のおかげで意次は吉宗の長男の家重(九代将軍)、意誠(おきのぶ)が小五郎(後の一橋宗尹)の小姓として召しだされた。

 

○弟 意誠(おきのぶ)

 弟の意誠は意次が仕官するより早い享保十七年(1732)に吉宗の息の小五郎(後の一橋宗尹)の小姓として仕えた。一橋宗尹に信頼され同家の番頭、用人を経て幕府の旗本が任命される一橋家老に就任した。

 父と同様に従五位下に叙任され家禄は八百石になった。安永三年(1774)に亡くなった。

 

○甥 意致(おきむね)

 父は意誠。父と伯父の意次のおかげもあり、家督を継ぐ前の宝暦十二年(1762年)に御小姓組に番入りし、十代将軍家治の長男の家基付きの御小納戸(将軍の近侍。将軍の理髪や食膳、庭番など雑用が主。小姓の方が格は少し上)、目付を歴任し安永三年(1774)に家督を継ぎ、安永七年(1778)に父と同じ一橋家老職に就任し従五位下能登守に叙任される。

 家基が安永8年(1779)に亡くなり、一橋治済の息の豊千代が意次の後押しで将軍家治の養子になると治済は田沼家と縁を切らないためと感謝の意味を込めて西ノ丸に入った豊千代(家斉)の御側衆に、家斉が将軍になると本丸の御側御用取次に就任する。伯父の意次が失脚し、政権争いに巻き込まれる形で天明七年(1787)五月に起こった江戸打ちこわしで事態を把握できなかった「不手際」を理由に御側御用取次は一橋派の小笠原信善を残して、入れ替えられ意致は「病免」された。

 反田沼の先鋒だった松平定信が老中を辞職した翌年の寛政六年(1794)には家斉を将軍に据えてくれた田沼家への恩返しからか要職の大番頭に就任する。その二年後の寛政八年(1796年)に56歳で亡くなった。

 

○長男 意知(おきとも)

 天明元年(1781)に大名の嫡子でありながら奏者番、天明三年(1783年)には若年寄に就任するという異例の扱いを受ける。意次が死後もスムーズに政権が継承され改革が継続されるように望んだための就任だが、周囲からは傍若無人の振る舞いと受け取られ反田沼感情が高まり、翌年の天明四年(1784)に城内で新番士の佐野善左衛門政言に刺され、数日後に亡くなる。

 若年寄在職中は明和五年(1769)に亡くなった若年寄の松平忠恒が抱いていた貿易船の建造と外国人の誘致する構想を引継ぎ、長崎奉行を通じて和蘭商館長チチングにバタビヤの船大工を招きたいと申し入れていたが彼の死で実現せずに終わった。

 

○孫 意明(おきあき)

 意次の長男の意知の子供。祖父の意次が失脚し幕命で天明七年(1787)に隠居させられると家督を継ぎ、遠州相良から陸奥下村に転封させられる。田沼家に恨みを持つ松平定信が老中職に就任期間中は国許へ帰ることが許されず江戸暮らしを強いられ、将軍との謁見が許されず、大名の当主でありながら一般大名の当主が叙任される従五位下の官位が授けられないなど差別的な待遇を受けた。

 寛政八年(1796)に大坂定番、もしくは大坂加番(どちらも譜代の小大名が任命される役職。役料が支給されるため就任を望む大名が多い)に任命されるが同年24歳の若さで亡くなる。家督は意明の弟意壱(おきかず)が継いだ。

 

○四男 意正(おきまさ)

 意次の四男金弥(意正の幼名)は時代に翻弄された波乱の人生を歩んだ。安永四年(1775)に水野忠友の養子入りした。水野は田沼の盟友として旗本から勝手掛老中(財政担当老中)まで出世した田沼政権の中心人物である。彼は水野家を継ぎ「水野忠徳」として老中になり政権を握るであろう兄の意知を支えるはずであった。

 しかし、兄は天明四年(1784年)に亡くなり、二年後の天明六年(1786年)には養父水野が一橋治済らと組み、将軍の死に乗じて実父を失脚させ養子縁組を解消した。忠徳は田沼家に帰され母方の姓である田代を名乗った。

 田沼本家を継いだ甥達は次々と亡くなり、文化元年(1804)に家督を相続し陸奥下村藩主に就任する。将軍家斉が将軍に就任できたのは田沼意次のおかげでその子孫に恩返しをしたいという意向があったようで、大番頭、西ノ丸老中、若年寄と幕府の要職を歴任する。文政六年(1823年)には領地を旧領遠州相良に戻してもらう。

 かつての養子先であった水野家に養子入りし政権を握った老中水野忠成(ただあき)の後押しにより文政八年(1825)に側用人に就任した。天保七年(1836年)に七十八歳で波乱の人生を終えた。

◆意正以後の大名としての田沼家

 天保七年(1836)に意正が78歳で亡くなり、息の意留(おきとめ)が家督を継ぐ。家督を譲り受けた時点ですでに高齢だった影響からか、意留は家督継承後の4年後に嫡男の意尊(おきたか)に家督を譲る。

 意尊は文久元年(1861)に若年寄に就任し、元治元年(1864)に水戸藩浪士を中心とした尊王攘夷の天狗党が蜂起すると幕府軍提督に任じられた意尊が天狗党を鎮圧した。

 明治維新の影響で明治元年(1886)に駿河遠州が徳川宗家の領地になった影響で上総小久保藩に転封、翌年の廃藩置県により全ての藩が消滅し、小久保県知事に任命されるが同年に意尊は亡くなる。子孫は華族になる。

 田沼家は意次以降も幕政に関わり続け、明治維新を迎えた。

 

時代のページの最初に戻る