仕掛人・藤枝梅安の作中の謎

 

 梅安シリーズの作中の謎や仕掛人に関する謎を探ってみる。なお、梅安個人の謎に関してはこちらのページで掲載している。

 

1 仕掛人引退?彦次郎

 彦次郎は梅安より仕掛人稼業は長いが梅安宅にいる時は料理を作り、後半では梅安から指圧を習い代診しているなど完全に梅安の「助手」である。彼のサポートがあるからこそ梅安は数々の仕掛を成功させている。

 しかしながら、作中で彼が引き受けた仕掛の件数5件のうち2件は蔓の都合で中止、音羽の半右衛門から受けた白子屋菊右衛門への仕掛は梅安が仕掛けている。作中では彼1人だけで引き受けて成功した仕掛は2件のみで、2件の仕掛をこなしたとしか書かれておらず詳細は不明である。仕掛稼業に入ったばかりの小杉でも3件をこなしている。(仕掛一覧参照)梅安より仕掛稼業は長いが作中での仕掛の数は少ない。

 彼が受けた5件中2件は蔓の都合で中止になり、蔓が何者(梅安)かに殺害されている。

 さらに彦次郎の家が焼失した以降は梅安達と音羽の半右衛門以外には彼の居場所が知られず、他の元締めから「死んだ」と見なされたようで音羽の半右衛門以外の元締めからの依頼はない。

 しかも、焼失後の仕掛けの依頼は音羽の半右衛門から白子屋への仕掛けのみである。仕掛ける相手を知るのは蔓からの依頼を引き受けた時点であるため、梅安が白子屋への仕掛とは知らず断ったことで彦次郎に回ってきただけのことである。

 白子屋菊右衛門への仕掛の件で音羽の半右衛門から依頼を断りながら、無関係なものを巻き込んだ菊右衛門を独断で仕掛けた梅安への仕掛料300両を彦次郎は預かり、梅安に渡そうとするが「独断でしたこと」と受け取りを断られ、元締めからは返金を拒まれてしまう。結局2人とも受け取りを拒んだため、彦次郎が預かることになる。彼自身も大金が手に入り、梅安の手伝いをしている方が安心できるようで、彼自身も積極的に元締め達と連絡を取り、仕掛をしようという気配はない 

 梅安の「助手」だが梅安より8歳年上である彼は一巻の時点で43歳、絶筆時点で50歳と当時の平均寿命である。年齢的には仕掛人を続けるのは難しいだろう。梅安の「助手」としてすることに生きがいを感じているようだ。

 『剣客商売』の秋山小兵衛が弟のように想う親友の内山文太も年上のため、池波さんご自身も「年上の弟」という友人がいたのかもしれない。

 

2 小杉が化けた「平尾要之助」はなぜ笹屋伊八にばれなかったのか

 音羽の半右衛門の手先として笹屋伊八の下へ再び送り込まれたおしまは、伊八から元締めが殺された一件で亡くなった平尾源七に弟がいると聞くと、とっさの判断で「剣術使いの弟」を作り出す。おしまは笹屋伊八には彼女の「叔父」ということにしている半右衛門の手先の勝平が弟の居場所を知っているから聞いてくると抜け出して元締めに報告する。

 元締めと梅安は伊八を仕掛けるため小杉を「平尾要之助」として伊八の下へ送り込む。「平尾要之助」の存在を疑わない伊八は「平尾要之助」に梅安殺しを頼み、梅安が姿を見せる現場で「平尾要之助」と待ち伏せをするが梅安に殺されてしまう。

 しかし、白子屋菊右衛門の江戸の拠点である山城屋を任せていた伊八と小杉は三巻・さみだれ梅安で山城屋で会っているはずである。この頃はまだ白子屋菊右衛門からの仕掛をしていた小杉は山城屋で仕掛の相談をしている。その後は菊右衛門の元から去った小杉を梅安の元から取り戻そうと伊八も奔走しているのだから、小杉のことを知らないはずはない。梅安もこのことを知らないわけはないのだが「平尾要之助」として送り込むことに成功している。

 半右衛門は伊八が信頼しているおしまと勝平を使って「平尾要之助」をこしらえた策が巧妙で、「平尾」と名乗る小杉に会ったのが梅安を襲う当日。元締めの敵を討ちたい一心の彼は「平尾」が小杉とは疑念を持つ余裕がなく信じてしまうのだろう。 

 彼が冷静な状態なら小杉と見破られてしまうだけに危険な策である。仕掛に巻き込みたくないと思いつつ、やむなく小杉を使うのは白子屋残党との抗争に元締めを巻き込みたくないという遠慮から元締めの手持ちの仕掛人を使わなかったようだ。

 平尾と年齢が近く背格好が似ている元締め配下の仕掛人を送り込んでもうまくいけば話の展開上何ら支障はない。「小杉とわからないように巧妙な変装を施した」という一文があれば解決した問題である。もっとも、小杉を活躍させようと思えば他に選択肢はなかっただろう。

 池波さんが伊八と小杉が会っていたことをすっかりお忘れになった可能性も否定できないが、登場人物の顔が見せず声が聞こえないという小説ならではの手法である。

 

3 平尾要之助の謎

 音羽の半右衛門の命で笹屋(元は山城屋)伊八の許へ送り込まれたおしまが伊八から白子屋の一件で亡くなった平尾源七に弟がいると聞くと、とっさの判断で剣術使いの弟・平尾要之助を頭の中で作り上げたのだが、七巻・師走の闇ではなんと本人が登場する。

 七巻・師走の闇では登場する仕掛人が平尾である必然性はない。池波さんは『剣客商売』と『鬼平』も同時に連載中で、他の作品も執筆され、どの作品にどの名前を使ったのかわからなくなり再度使ってしまったのだろう。多忙な池波さんご自身は致し方なくとも編集者など周囲の者が気がつかなかったのは注意力不足である。

 

4 女仕掛人がいないのはなぜ

 『剣客商売』では佐々木三冬と杉原秀の2人の女武芸者が活躍し、『真田太平記』では真田家に仕える忍びのお江が、『鬼平』では鬼平の密偵の中心メンバーのおまさが、作品の主要人物として活躍している。また、鬼平では盗賊一味に女性がいることも珍しくない。

 他の池波作品でも男顔負けの女武芸者も少なくない中で、女仕掛人がいないのは少し不思議である。仕掛に関わる女性は音羽の半右衛門が白子屋一味の江戸の差配を任されている山城屋(後に笹屋屋)伊八の許へ送り込んだおしまと、半右衛門の協力者で料亭大村の座敷女中頭のお浜のみである。

 仕掛ける相手が大店の主か武家の当主のように外出時には常に御供が付き添い、一人で外出する機会が少ない相手を仕掛けるために、女中など奉公人として潜り込み、寝静まった頃に仕掛ける展開もできるだろう。

 女仕掛人を登場させるなると梅安達の誰かに恋愛感情を持つなど「女性の仕掛人ならではの話を展開でさせなければ意味がない」か「仕掛人との恋愛話は平尾とおしまで充分」と考えられたのかもしれない。

 

5 仕掛人になった理由

 ほとんどの仕掛人は仕掛人になりたくてなっているのではない。大半は身を崩して金を得るためにやむなく仕掛人になるか、犯罪を犯して公儀のお尋ね者になり表の世界に戻れないから仕掛人になったケースが多い。

 仕掛人は腕に自慢の剣客か浪人が多いため大半は元剣客か無頼浪人である。それ以外は鍼医の梅安と吹き矢が得意な彦次郎、仕掛けの引き出しが多い鵜ノ森の伊三蔵ぐらいである。剣で相手を待ち伏せして斬るのが確実なのだろう。

 『仕掛人・藤枝梅安』と『剣客商売』、短編集の『殺しの掟』を中心に仕掛人になった理由がわかる人物から考えてみる。 

 

名前 前歴 仕掛人になった理由
藤枝梅安 鍼医  自ら梅安を誘い密通したが夫に知られると「梅安に脅された」と嘘をついた女を許せずに殺めた。
彦次郎 百姓  妻が浪人に犯されたショックで娘を道連れに自殺したことで身を崩す。

 短編集『殺しの掟』収録の「梅雨の湯豆腐」では急ぎ盗(強盗)専門の盗賊一味に入り、仲間から「どうせ人殺しをするのなら」と誘われて頭を殺して金を奪い逃走し江戸に出て仕掛人になっている。

小杉十五郎 剣客  道場の後継者争いが起こりやむなく反対派を斬るが公儀に追われる身になる。

 梅安により上方の白子屋菊右衛門に預けられるが、菊右衛門が梅安との約定を破り仕掛人にしてしまう。

井上半十郎 浪人  妻の密通相手の梅安に妻を殺された。
西村左内 藩士  仕官先で同僚を斬り出奔。
田島一之介 浪人  7歳で人を斬るなど異常性格。
横山彦蔵 剣客  剣客の父親は剣術に没頭し我が子を顧みず、預けられた先の叔父が亡くなると家は没落してしまい仕掛人の道に入る。
大野庄作 剣客  仕官をかけた試合での敗北により剣客としての自信を喪失、師匠に破門され身を崩す。
黒田精太郎 御家人の次男  いかさま博打で騙された借金を返すため強盗事件を起す。
波川周蔵 旗本の用人の子  路上で斬り合いになり相手を殺める。主命で逃亡する。
波切八郎 道場主  辻斬りを繰り返した弟子を成敗し道場を捨てる。

 潜伏先の橘屋忠兵衛の策略により人を殺め、堀大和守専属の仕掛人の岡本に引き渡される。

岡本弥助 浪人  道場の後継者候補だったが、師匠が亡くなると道場を継げず道場を去る。堀大和守専属の仕掛人をしていた同門の知人に誘われる。
谷川弥太郎 藩士  記憶喪失になり、放浪している所を助けた五名の清右衛門に腕を見込まれて専属の仕掛人になる。
堀辰蔵 藩士  長年の敵討ちの旅で困窮し、我を忘れて煙管師を殺害。偶然、仕掛人に襲われるが腕を買われ仕掛の道に入る。
木村十蔵 藩士の子  勘定方の父が藩金横領の罪を着せられて自害、十蔵は追放処分を受ける。
※小杉十五郎 浪人  女の誘いで密通し、土地の噂になると駆け落ちしようと持ちかけるが断られ、女を殺し出奔。

※短編集『剣法一羽流』(講談社)収録の「闇討ち十五郎」の主人公。梅安の小杉とは全くの別人。

 

6 仕掛人に元剣客が多いわけ?

 仕掛ける相手を斬るのが簡単な方法である。路上での待ち伏せや夜襲など自慢の剣術を活かして仕掛ける。単純な方法ながら仕掛人の中でもトップクラスの実力を持つ梅安ですら剣客タイプの仕掛人に襲われて何度も危機に陥っている。

 ただ、武家の当主や重臣、大店の主など高い地位にいる者は1人で外出する機会は少なく、必ず供の者がつくため顔を見られずに仕掛けるのは困難である。そもそも、屋敷から滅多に外出しない者への仕掛はこの方法は通じない。

 また、自分より強い相手では返り討ちにされる。体力が衰えればこの方法が使えないため剣術だけでは自ずと限界が来る。

 剣の腕自慢の仕掛人は多いが、難しい仕掛けをするには不向きだからこそ梅安達の出番になる。 

 

7 捕まった仕掛人はどうなるのか?

 梅安では幸運?にも公儀に捕まった仕掛人がいないが、池波作品ではある。

 池波作品『剣客商売』の八巻の「秋の炬燵」では仕掛けの現場で仕掛人や蔓をしている香具師の元締めの手の者が小兵衛達に捕らえられ、公儀に引き渡され手下が口を割ったため、香具師の元締めも言い逃れができない。

 短編集『江戸の暗黒街』の中の「おみよは見た」では仕掛人だけが捕まった珍しいケースがある。元締めへの義理を守り仕掛に関して口を割らずにただの殺人者として処刑されるようだ。闇の世界では裏切り者を許さないだけにどのみち命は助からない。この仕掛人は元締めへの義理を守って口を割らずにただの殺人者として死罪になったことで「元締めが感謝している」と思い込み亡くなった。 

 鬼平の「乞食坊主」では菅野伊介は羽沢の嘉兵衛から腕の立つ乞食坊主への仕掛を引き受けるが相手に取り押さえられる。乞食坊主の正体は彼の兄弟子で親しい間柄だった井関録之助。井関は偶然盗み聞きした盗みのことで狙われていると知ると敵を油断させるため仕掛けたように偽装し鬼平に通報、菅野は鬼平に保護される。一味が捕まった頃には彼は遺書を残さずに自害している。

 公儀に殺人者として裁かれれば死刑、事件解決に協力し受託殺人が認められ、追放など死罪から逃れようと羽沢の嘉兵衛を騙したことで永遠に命を狙われる。自害はやむを得ない判断なのだろう。

 ちなみに仕掛での殺人は江戸時代の法律に照らし合わせると「受託殺人」に当たり、遠島か追放と重科料が課される。「仕掛によるもの」と口を割れば「受託殺人」が適用され死罪は間逃れるかもしれないが、蔓である香具師の元締めが「嘱託殺人」の罪で捕まり死罪になる。刑を終え自由の身になったとしても「元締めの敵」として生涯命を狙われるため、どのみち助からない。

 

8 元締めに殺される仕掛人

 元締めが疑い深い人物か、過去の仕掛の件で元締めを脅迫する仕掛人は元締めに始末される。

 元締めに仕掛けられたケースは短編集『江戸の暗黒街』の中の「縄張り」で、芝の治兵衛が元締めの後継者争いに介入する元締めと後継者候補を仕掛させた船戸の権を秘密保持のために毒殺、長編『夜明けの星』では元締めになるため先代を仕掛させた二代目羽沢の嘉兵衛が先代を仕掛けた堀辰蔵を仕掛人に襲わせている。秘密を知りすぎると殺されてしまう。

 一方で短編集『殺しの掟』収録の「強請」では内田勘兵衛が音羽の半右衛門、『剣客商売』の「黒白下」では森平四郎が堀大和守を脅している。内田は元締めが先代を仕掛た時の実行犯、森は堀の下で数々の仕掛をこなした凄腕の仕掛人である。森は歴戦練磨の仕掛人で仕掛の手口は御見通しで「自分を殺せる者などいない」と思えば仕掛よりも堀を脅す方が簡単と思ったのだろう。

 

9 仕掛人から足を洗う方法はあるのか?

 仕掛人になることは誰が仕掛に関わっているのかなど重要な秘密を知ることになるため、仕掛の世界を抜け出すことは困難である。しかし、幸運?にも抜け出せた仕掛人を紹介する。

名前 理由
波川周蔵  『剣客商売』十四巻・暗殺者に登場。萱野の亀右衛門専属の仕掛人。元締めとは身内のような間柄。田沼意次暗殺未遂事件の後に足を洗っている。
岬の千蔵  短編「殺しの掟」の中で十年前に先代の伊勢屋を仕掛けた仕掛人という設定。梅安二巻の「闇の大川橋」では元締めの手下として梅安宅へ使いに来る。

 年齢的な理由で仕掛人を引退後も元締めの手先として仕掛に関わっているようだ。

谷川弥太郎  長編『闇の狩人』に登場。五名の清右衛門の専属の仕掛人。

 谷川が仕掛人ということを知る唯一の人物である五名の清右衛門が亡くなったことにより、仕掛の依頼はなくなり仕掛人をやめる。京へ去り、天満屋弥太郎として幸せに暮らしている。

三井覚兵衛  長編『夜明けの星』に登場。白子屋菊右衛門の後ろ盾で羽沢の嘉兵衛を堀辰蔵に殺させ、羽沢の嘉兵衛の跡目を継ぐ。
堀辰蔵  長編『夜明けの星』に登場。三井覚兵衛により仕掛の道に入ったが三井覚兵衛から元締めである羽沢の嘉兵衛への仕掛けを果たす。跡目を継いだ三井が秘密を知る堀を殺そうとしたことに怒り、彼を殺害し逃走。
井関録之助  鬼平の剣友。「乞食坊主」から登場。

 「本門寺暮雪」の中で、大坂で道場を構えるが門人は集まらず、困窮に耐えかねて名幡の利兵衛の誘いで仕掛を引き受ける。仕掛の前金で腹一杯食べ、我に戻ると仕掛の前に逃走、追っ手の仕掛人から逃れ江戸で襲われるが鬼平が追っ手を斬る。

○専属の仕掛人の場合

 元締めとその手下以外は仕掛人をしていることを知らないのだから、元締めさえ承諾すればやめられるのだろう。

 音羽の半右衛門の手下の岬の千蔵は元は仕掛人である。年齢や怪我などが理由で仕掛人をやめて元締めに手下として仕えているようである。

 短編集『殺しの掟』収録の「顔」の木村十蔵は音羽の半右衛門に「三百両貯めたらやめる」という契約をしている。「三百両を貯める」という具体的な目標があれば仕掛を引き受けてもらいやすくなる。これだけの金額を貯める頃には相当数の仕掛をこなし、年齢的に仕掛人としてピークが過ぎているだろうから、快くやめさせる方が揉め事が少なくて済むのだろう。

 木村は貯めたお金で京に行き道楽を兼ねて趣味の絵筆で暮らすつもりだったようだが、仕掛の傷が原因で亡くなっている。

 長編『闇の狩人』に登場する谷川弥太郎は、五名の清右衛門の専属の仕掛人であり、元締めが亡くなったことで彼が仕掛人と言うことを知る人物がおらず、彼も他の元締めの所へ仕掛の依頼を受けようとしないため、仕掛人の道から抜け出すことができた。 

 

○フリーの仕掛人の場合

 一方、梅安のようなフリーの仕掛人はなかなかやめられないだろう。辞めたつもりでも一人でも承諾しない元締めが依頼を無理やり受けさせたいがために身内を人質をとったり、仕掛人としての過去を公儀に通報すると脅せば断りきれないだろう。

 短編集『江戸の暗黒街』の「縄張り」では江戸の香具師の元締めの合議がある場面が描かれている。後半は音羽の半右衛門専属の形になっている梅安は江戸の暗黒界の巨頭・半右衛門が他の元締めとの合議で仕掛の件は一切口外しないことを絶対条件に「今後、この仕掛人には江戸の元締め全員が仕掛を依頼しないこと」という取り決めでもしなければ無理だろう。

 ただ、池波作品の仕掛人は江戸と上方のどちらかでの仕掛を終えるとほとぼりが冷めるまで、もう片方へ移り、そこでの仕掛を終えると戻るパターンが多い。上方の元締めにも承知してもらう必要がある。

 

○元締めか補佐役になる

 元締めから跡目を譲られるか元締めの片腕となり補佐する形でも辞められる。元締めを殺害、もしくは仕掛させ自ら元締めになることもできる。しかし、元締めは対立する元締めや跡目を狙う手下から命を狙われるため仕掛人をするより危険が多い。

 

○自然廃業

 梅安は大坂の暗黒街の巨頭の白子屋菊右衛門と幕府高官を仕掛けたのだから仕掛人としてのランクは高い。仕掛料は最低でも100両か200両とよほどの仕掛ではなければ梅安を使うには割が合わない。これだけの金額に見合う難しい仕掛は滅多にないはずだから、長い間依頼が来なくなり自動的に廃業するかもしれない。

 また、重傷か年齢で満足に体が動かずに仕掛人を続けることができないようになれば依頼が来なくなり、忘れられる形で足を洗えるかもしれない。

 小杉の場合は彼が仕掛人ということを知るには梅安達と白子屋一党、音羽の半右衛門のみである。彼を仕掛人にした白子屋の残党からは元締めの敵である梅安の一味と見なされ、彼らから仕掛の依頼は来ない。

 音羽の半右衛門は小杉に対し、白子屋への仕掛を依頼して以降は彼に仕掛けを依頼していない。梅安が「小杉を仕掛の道から足を洗わせたい」という考えは承知しているだろう。梅安と小杉では仕掛人としての格が異なるため、梅安の心証を悪くしてまで彼に仕掛をさせる必要はない。そのため、白子屋残党が消滅すれば小杉は誰からも仕掛の依頼がなくなる。梅安の仕掛を手伝う程度のため、後半の彼は仕掛人か浪人なのかはっきりわからない。

 

梅安企画集へ戻る