藤枝梅安の謎

 

 藤枝梅安の謎についていろいろ考える。作中の謎に関しては、こちらのページで掲載している。

1 梅安は鍼医と仕掛人、どちらが本当の姿なのか

 鍼医と仕掛人の両立をこなしている稀有な仕掛人である。本当の姿を探ることに意味はなさそうだが考えてみる。

 梅安は仕掛に専念するとかなりの期間休診するため、患者を減らし、重症の患者を治療を済ましてからでないと気になって仕掛に集中できない。仕掛を連続で引き受けないのは、患者への配慮からである。本心としては仕掛の道から抜け出し、針医に専念したいようだ。

 ただ、仕掛を断り続けると意地でも引き受けさせたい蔓が患者に危害を加えることも考えられる。仕掛人をするにあたり、患者は梅安の弱点でもある。患者を巻き込むわけにはいかないので仕掛ける相手を「世の中に生きていては迷惑する人」に限定することで依頼件数を減らすと同時に診療時間を確保している。

 白子屋菊右衛門を仕掛けたのは患者に化けた仕掛人を送り込み、仕掛の道に関係のないおせきを傷つけたという仕掛の本道に外れた行為への怒りと「このまま生かしておけば次は診察中に乗り込まれて患者が巻き添えにされるか患者が人質にされる」と考えたのだろう。仕掛け稼業に足を踏み入れ、「一寸先は闇」といずれ殺されると割り切っている仕掛人の梅安だが患者のことを思い、医者を続けるため仕掛けたようだ。 

 また、梅安は白子屋残党に狙われていることを承知の上で旧友の片山清助のために江戸に戻り治療している。さらに患者が引き続き通えることを考慮して、新居の場所は現在の家より遠くない目黒に構えるなど鍼医としての姿が本当のような気がする。 

 もっとも、仕掛料があるからこそ金銭にこだわらず治療の専念できる。「診察料は完治してから払えばいい」という姿勢のため払わない患者もいただろう。『梅安料理ごよみ』の「池波正太郎・梅安を語る」で池波さんによると困窮している患者にどんどんお金を与えている設定になっている。仕掛人としての罪滅ぼしのつもりだろうが仕掛料がなければ無理な話である。

 結局、鍼医として多くの患者を救うためには、仕掛人を続けるという矛盾を抱えたまま、生きていくしかないようだ。

 

2 公儀から追われているはずなのに堂々と開業している梅安

 藤枝梅安という名前は、梅安の鍼の師の津山悦堂が梅安の出身地の藤枝と幼名の梅吉と名乗っていたことからつけた名前である。医者は苗字を名乗ることを認められているが、梅吉では医者として威厳がないという理由から改名したようだ。

 梅安は、自ら梅安へ密通を誘い密通が夫の井上半十郎に発覚すると梅安に脅されたと嘘をついた井上るいを許せずに殺した。この一件で公儀から逃げるため京都から離れ、仕掛人の世界へ足を踏み入れる。江戸にもこの事件は伝わっているはずだが、梅安は江戸で藤枝梅安と名乗り続け、堂々と開業している。

 また、梅安は京都の町を何度も訪れている。1巻が始まる5年間には亡師が親しかった京都の扇屋の佐和屋儀助に半年も滞在している。公儀から追われているという印象は受けない。

 半十郎も後に仕掛人になり、梅安を見つけるも公儀へ通報せず自ら敵を討とうとして返り討ちにされた。それ以降、作中ではこの事件のことはほとんどなかったことにされている。 

 梅安の友人の片山清助はこの事件を知りながら、公儀に訴えるどころか以前のように親しくしている。

 このことから半十郎は、自ら敵を討つため事件直後の公儀の取り調べに対し梅安が犯人であることを告げていない可能性が考えられる。さらに土地の者も事件直後に失踪した梅安が犯人であると知りながら、この女に騙された梅安に同情する者が多く、公儀に告げていないのだろう。

 梅安自身はそのような事情は知らないため、犯人として公儀に追われていると思い込み逃亡したが、公儀は梅安が犯人であることを把握していないと考えられる。このことを知った梅安は京都を何度も訪れ、変名を使わずに江戸で開業したとと考えられる。

 ちなみに偽名を使うのは仕掛の金で豪遊する時である。患者からほとんど診察料を取らない藤枝梅安が豪遊していれば、金の出どころを世間や公儀から怪しまれるからである。

 

3 あれだけ休診して疑われないのか

 仕掛の期間と仕掛後の休息期間は休診である。長いものは一巻では春から12月までの約半年間である。もっとも、重症患者の処置を済ました上での長期休診である。「京の師匠の墓参り」、「旅好き」、「女のところへ行っている」など口実は作っている。

 梅安の鍼医としての腕前は江戸府内から下総まで知れ渡り、時には長期間の泊り込みの治療もあるため不審に思われないのかもしれない。「遠国に泊まり込みで治療に専念している」という口実なら長期の不在も患者は仕方ないとあきらめるだろう。

 腕はいいが診察料は安く、熱心な治療が受けられるなら多少休診しても梅安の所へ通うのだろう。

 

4 梅安が仕掛人として重宝される理由

 剣を使う仕掛人が多数を占める中で鍼を主に使う梅安は腕のいい仕掛人として重宝されている。その理由を考えてみる。

 

○他の仕掛人ができない難しい仕掛ができる

 誰でもできる仕掛なら高額の依頼料を払ってまで梅安に依頼しない。他の仕掛人か蔓が差し向けた刺客を返り討ちにした豪傑か、武家か商家の主のように普段は屋敷に籠り1人では外出しない人物、香具師の元締めのような要人への仕掛が主である。自慢の仕掛の頭脳で綿密に計画を立て難しい仕掛をこなしている。

 武芸の心得がない梅安は武芸の心得のある相手、もしくは仕掛けるべき相手の護衛と戦えば梅安が不利になる。確実に仕掛ける状況を作り、逃げる算段まで考えた上で仕掛を行う殺しの頭脳がある。綿密な作戦と大胆な行動力で強敵を倒している。

 

○仕掛の引き出しが豊富

 鍼医として身につけた仕掛針が主な仕掛けの方法である。彦次郎から習った吹き矢、毒薬、短刀を使う。鍼の場合は刺した痕跡すら残さず、科学捜査がない時代だけに証拠が残らず捕まる心配がない。

 大柄の体格と按摩で鍛えた腕力で相手を殴り、気絶させた後に鍼で絶命させるか骨を折ることある。また、鍼医でありながら仕掛人の襲撃をどうにかしのいでいる。武芸の心得がないが案外強い。

 

○医者か僧侶に見える

 屈強な人物や不審な姿をした者が近づけば警戒するが梅安の姿を見ても医者にしか見えず、さほど警戒しない。鍼医なのだから医者に見えるのは当然である。

 掛川の宿では旅の按摩師と偽り小杉の命を狙う一味の部屋に入り殺害しているように診察と称して標的に近づくこともできる。

 仕掛の現場によく使われる料亭は人目に付きにくく、路上や屋敷内に比べて標的の護衛は少ない。特に標的が雪隠(お手洗い)に行く時はたいがい一人である。雪隠近くで待ち伏せすることが多い。殺した痕跡がなく、返り血などを浴びていない梅安を殺人犯と疑われる心配はなく、堂々と店を後にできる。

 

5 江戸っ子梅安?

 作品を読んでいると江戸生まれの江戸育ちのように感じるが、梅安は藤枝に生まれである。父が亡くなり母が妹らと逃げ、師匠の津山悦堂に引き取られている。師匠が亡くなるまで京で修行し、その後、仕掛人として各地を転々とし、鍼医として江戸で開業している。

 梅安は第二の故郷の京や上方へ何度も行っているなど上方はお気に入りの地であるが、梅安の生き様や食べ物の好みは江戸っ子そのものである。『剣客商売』の秋山小兵衛も十代で実家がある甲斐南巨摩郡秋山から江戸へ修行に来た設定だが、完全に江戸になじんでいる。作者の池波さんの好みが登場人物に反映されている。

 

6 梅安の料理の修行はどこで?

 梅安は鍼だけでなく料理も得意である。池波作品全般は料理好きが多く、『剣客商売』七巻・越後屋騒ぎで秋山小兵衛は弟子・植村友之助に剣客より包丁(料理)の修行をした方がよかったと後悔していると語っているのが、料理好きの池波さんが「作家より料理人になった方がよかった」という本音なのかもしれない。

 師匠の津山悦堂の下で内弟子として料理をしていたなら梅安の料理は京風になるはずである。しかし、完全に江戸風の料理である。秋山小兵衛も江戸風の料理である。小兵衛には料理が得意な前妻のお貞がいたがお貞没後に、彼が料理をしているため、彼女の料理の影響で江戸風になったと考えられる。

 作者の池波さんの好みが反映されている。梅安に江戸の料理を教えたのはおもんの可能性が高い。料亭井筒の女中であり、梅安と深い仲になっている彼女から井筒で出された料理の作り方を聞いたのかもしれない。

 梅安がたまには故郷の藤枝か、第二の故郷の京の味を思い出し、料理を作ってくれるシーンがあればおもしろかったと思う。

 

 

梅安企画集へ戻る