聚楽第の2代目の主・豊臣秀次の生涯

 

 聚楽第の二代目の主である豊臣秀次は江戸時代に豊臣秀吉の生涯を描いた「太閤記もの」の流行、朝鮮に侵攻した秀吉を西洋列強の圧力に屈していた幕末や侵略美化を訴えた戦前の軍部が英雄視した影響で人気者になったことにより、彼により切腹を命じられた秀次は「殺生関白」という汚名が着せられました。

 彼の悪評に疑問を持つと近年では彼を再評価する動きが高まっていること、近年までの悪評のほとんどが根拠のないものだとわかり、彼のことを調べてまとめてみました。

 天正19年(1591)に実子の鶴松が亡くなると高齢の豊臣秀吉は実子の誕生を諦めたのか、甥(姉の子)の秀次に関白職と関白の政庁である聚楽第を譲りました。

 しかし、文禄2年(1593)に実子の秀頼が生まれると秀頼を後継者にするため文禄4年(1595)に「秀次に謀反の疑いあり」として高野山へ追放し、自害させました。

 終戦までは侵略が美化され、朝鮮へ出兵した秀吉を英雄視していました。その反動で、歴史上の「英雄」である秀吉によって切腹を命じられた秀次は、秀吉の甥という血縁だけで関白職を継ぎ、秀頼誕生により後継者になれないことで自暴自棄に陥り、悪行を繰り返し後世の人々から「殺生関白」と呼ばれるようになり、処刑されたと考えられています。

 最近では彼の「殺生関白」と呼ばれるような悪行には史料的裏付けがなく、作為的に作られたと考えられました。

 そして、彼の文化貢献などこれまで知られなかった彼の側面に注目し、再評価する傾向が強いです。聚楽第の二代目の主である彼の生涯について考えてみます。

 殺生関白に関しては殺生関白説を検証するのページ、秀次が切腹させられた事件である秀次事件に関しては秀次事件の謎のページをご覧ください。

 

◆家族構成

 尾張の一百姓として終えるはずの秀次一家の人生は、叔父の秀吉により大きく変えられてしまいました。

 

名前 人物紹介
三好吉房  秀次の父。三輪(または木下)弥助。尾張の百姓。妻は秀吉の姉の智子。義弟の秀吉により取り立てられ武士になりました。 

 天正7年(1579)に秀吉の命で四国の名門三好家へ秀次ともに養子入りし、三好吉房と名乗るようになりました。

 秀次が天正18年(1590)に尾張一国を与えられると犬山城を与えられ、京都にいることが多い秀次に代わり尾張を治めました。

 文禄4年(1595)に秀次が秀吉の命で切腹させられると連座して領地を召し上げられ讃岐へ流されました。慶長5年(1600)に亡くなります。

瑞龍院日秀  秀次の母。秀吉の姉。出家前は智子。尾張の百姓弥助(後の三好吉房)に嫁ぎ、弟の秀吉が出世すると尾張から弟の領地の長浜に移ります。

 文禄4年に秀次は弟により謀反の疑いをかけられ切腹するなど三人の子供は若くして次々と亡くなります。

 秀次が亡くなると剃髪し、瑞龍院日秀と号します。秀次らを弔うため善正寺を嵯峨に建立し、村雲の地に寺を建て住み秀次らの菩提を弔いました。

 彼女の住む村雲の寺は天皇から寺領千石と「瑞龍寺」の号が下賜され、寛永2年(1625)に徳川幕府から500石を寄進されましたが、同年に亡くなりました。

豊臣秀勝  秀次の弟。秀吉は織田家から養子に向かえた於次丸秀勝が亡くなると彼に領地と秀勝という名前を継がせました。 

 文禄の役で病没します。嫡男がいなかったため家は取り潰しになります。

豊臣秀保  秀次の末弟。天正19年(1591)に亡くなった秀吉の弟・秀長の養子になる形で大和豊臣家を継ぎました。

 文禄4年4月に十津川で亡くなりました。病死、変死、自殺など死因に関して様々な説があります。

 

◆秀次の人生

 

 秀次の生涯を簡単に振り返ります。

 

○生い立ちから三好家へ養子入り

 永禄11年(1568)に秀吉の姉と百姓の三輪(または木下)弥助の子として生まれます。3歳頃に浅井家から秀吉に寝返った宮部継潤へ養子(実情は人質)に出され、浅井氏滅亡により秀吉の元へ戻ります。

 天正7年(1579)に12歳で織田信長に臣従した四国の三好康長に父子ともに養子に出されます。父は三好吉房、秀次は三好孫七郎信吉と名乗りました。

 三好家に養子に出された理由は織田家中の権力争いです。織田から四国安堵の朱印状を授かった土佐の長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)の正妻は信長重臣の明智光秀の家臣の斉藤利三の妹です。

 長宗我部と信長の仲介役の明智光秀から四国主導権を奪おうという秀吉の目論見から四国の名門三好家に養子入りさせたといわれています。長宗我部は四国統一目前という大勢力になり、信長に従う三好家を攻撃すると信長は方針を展開し一変し長宗我部と手を切りました。

 秀次の養父の三好康長は天正10年(1581)に四国討伐軍の先鋒として阿波へ出陣していましたが、本能寺の変により信長が討たれたことで四国へ渡海する予定の本隊は来ず、四国で孤立した彼は堺へ逃げ帰り、その後の消息がわからなくなります。

 養父と過ごした時間は長くはなかったですが、多感な時期の秀次にとって茶の湯と連歌に造詣が深い養父の影響は大きかったようです。長康は津田宗及ら堺の茶人と親しく、当時を代表する連歌師の里村紹巴が参加する連歌会に何度も秀次と出席しています。

 

○羽柴、豊臣時代の秀次

 天正12年(1583)に三好家から離れ、羽柴姓を名乗り、翌年には羽柴秀次と改名しました。秀吉が天正13年(1585)に豊臣姓を授かると秀次も豊臣姓を名乗りました。

 秀吉の計らいで朝廷から高い官位を授かり、武家の公卿になります。天正16年(1588)の後陽成天皇の行幸では叔父の豊臣秀長、徳川家康ら武家の公卿と共に天皇の行列に供奉(ぐぶ)しました。秀吉は天正19年(1591)1月に弟の秀長、8月に実子の鶴丸を失い、12月に関白の座と聚楽第を秀次に譲りました。

 大陸への合戦に専念する秀吉に代わり、朝廷と政権のパイプ役を務めていましたが文禄2年(1593)に秀吉の息・秀頼が生まれたことで両者の関係が大きく変わります。実子を後継者にしたい秀吉は秀次を後継者にした決断は誤りで彼が邪魔な存在となり、文禄4年(1595)に謀反の疑いで高野山で切腹させました。

 秀吉は彼の切腹後、聚楽第の破却命令を下します。彼の子供と妻妾とその侍女34名(正確な人数は不明で説により人数の増減があります)を三条河原で処刑しました。

 

◆武将としての秀次

 豊臣秀次が縁故で高位に就いた例として、彼が別働隊の大将を率い大敗した長久手の戦いが取り上げられるため、この敗戦の印象が強いですが、実際はこの戦い以外では敗戦はなく、豊臣一族としての役目を果たしています。

 彼の武将としての姿を振り返ります。

 

長久手の戦いまで

 初陣は天正10年(1582)の山崎の戦いと考えられています。

 指揮官としての初陣は翌年の伊勢の滝川一益攻めが最初です。秀吉は伊勢攻めの軍を3隊に分け、秀吉から1隊の指揮を任され、無事に役目を果たしました。 

 

○なぜか秀次が敗戦の原因と広く誤解された長久手の戦い

 天正12年(1584)に織田信長の孫の三法師を擁立する秀吉との関係が悪化した信長の二男の織田信雄は、秀吉を討つため徳川家康と同盟を結び挙兵し、秀吉軍と徳川織田の連合軍の戦いである小牧長久手の戦いが起こります。

 兵力は連合軍約3万に対し秀吉側は約10万と云われています。数の上では秀吉側が圧倒的に有利でしたが、小牧山城に籠城した徳川軍を攻めあぐね戦況はこう着してしまいます。

 戦況打破のため秀吉は秀次を大将とする別働隊を結成し、正面の徳川軍を迂回し徳川の本拠地の三河国の岡崎城へ向けて進軍させます。秀吉軍には元信長配下という秀吉の元同僚が多く、羽柴一族である秀次を秀吉の名代という意味合いを込めで大将にすることで別働隊に配属された元同僚達も従うという考えでしょう。 

 別働隊が徳川軍の奇襲により敗北したため、この部隊の最終目的が明確ではありませんが、秀吉軍が籠城した徳川軍に苦戦している状況を打破するという意図での別働隊出撃ならば、別道隊が岡崎城へ向かう動きを見せることで小牧山城の徳川軍を城から誘き出すための陽動、もしくは徳川軍が陽動に応じず籠城を続けるなら岡崎城を強襲し攻め落とすという2つの意図があると推測されます。

 本拠地の岡崎城が陥落すれば、小牧山城に籠る徳川軍は岡崎城奪還のため小牧山城を捨てて撤退するしかないです。秀吉は別働隊を送ることで小牧山城から徳川軍を誘い出し、野戦で雌雄を決するという作戦だったと考えられます。 

 徳川軍主力との戦闘は秀吉本隊の役目と考えられます。兵力の上では有利な秀吉ですら手出しができない戦巧者の徳川相手に、若年で戦の経験が少ない秀次では適うはずもなく、まして秀次側は敵地への進軍という不利な状況です。別働隊のみで徳川軍主力に勝利することは難しいです。別働隊の役目は城から徳川軍をおびき出すという本来は危険が少ないものだからこそ数少ない一族である秀次を名代という意味合いを込めて大将に起用したと考えられます。

 実際は別働隊の動きを察知した徳川軍は、正面に対峙している秀吉軍に気づかれぬように小牧山城を密かに抜け出して出陣し、別働隊を奇襲し敗走させました。

 大将であるという結果責任から秀次にも敗戦の責任はありますが、経験の浅い秀次を大将に任じ、徳川本隊が小牧山城を密かに抜け出したことを察知できなかった秀吉側にあります。特にこの作戦が別働隊の陽動により城から出陣した徳川軍を秀吉本隊が討つ作戦であるならば、徳川軍の出撃を秀吉本隊が察知できなかったことは作戦の根幹を揺るがすような致命的な失敗です。

 これだけの大敗ですから、誰かが責任を取らなければ軍としての規律が保てません。大敗したという結果責任から大将である彼が秀吉から厳しい叱責を受けます。このことから秀次が敗戦の原因であると広く信じられていましたが、秀吉はこの敗戦以降も彼を指揮官に任じていることから、敗戦の原因が彼によるものであるとは秀吉は考えていないと推測します。

 長久手の戦いの敗戦後も両軍は約半年の間、対峙します。長久手の戦いでの損失は秀吉としては痛手には違いないですが、局地戦での敗戦に過ぎず、秀吉側の方が兵力に勝っている状況は変わりませんでした。

 しかし、秀吉は徳川との決戦を避け、秀長を大将とする別働隊を信雄の本拠地の伊勢へ侵攻させることで信雄を追い詰め、信雄との単独講和を結ぶことに成功し、「同盟相手である信雄を助けるために秀吉と戦う」という徳川が戦う大義名分そのものを消滅させたことで、徳川軍を撤退させるという外交的な勝利を得ました。この2年後には家康は大坂城で秀吉に臣従します。 

 

 

○秀次のその後の合戦での活躍

 天正13年(1585)の紀州根来衆攻めと同年の四国討伐の副将を務め、その功績で近江43万石(彼自身に20万石と秀吉から派遣された附家老ら23万石分)を与えられました。この頃の秀吉軍は秀吉が大将、秀長と秀次が副将です。秀吉が出陣しない四国討伐では秀長が大将、秀次が副将を務めました。秀次は豊臣家にとって欠かせない人物でした。

 天正15年(1587)の九州征伐には、前田利家と共に東国への有事に備えとして留守を任されました。

 天正18年(1590)の小田原攻めでは病気の秀長に代わり先鋒を務め、北条側の最前線という重要拠点の伊豆山中城をわずか一日で陥落させる活躍を見せました。天正19年(1590)に陸奥で起こった九戸政実(くのへまさざね)の乱の平定軍の総大将を務め、その任を果たしています。小田原攻めからは徳川家康の補佐を受けています。

 

○武将としての秀次

 後に彼が「殺生関白」説の流布により「秀吉の甥というだけで努力せず高位に就いた」など彼を不当に低く評価する風潮が広まると、長久手の戦いの大敗以外の武将としての功績は一切触れられず、彼の無能さを示す例として長久手の戦いでの大敗のみが取り上げられ、敗戦の原因がまるで彼の重大な過失によるものと考えられるようになりました。

 秀吉ですら勝てなかった徳川相手に秀次が負けたから無能な武将というのは公平な評価ではありません。 

 彼は長久手の戦いの敗戦以降は着実に勝利を積み重ねました。勝利の影には補佐役の支えもあり、兵力の上で優勢な戦いが多く、彼の将としての器量を示す逸話が残っていないことから彼自身の武将としての能力は正直わかりません。結果論で評価する以外ないですが、彼は一般的に信じられているような無能な武将ではなく、豊臣家の一翼を担う武将であったことは間違いありません。

 

◆領主としての豊臣秀次 

 天正13年(1585)に近江半国20万石(別に秀吉から派遣された山内ら附家老達の23万石で計43万石)が与えられました。近江八幡には城がなく、築城と並行して城下町作りも行われました。

 焼け落ちた安土城の城下から商人を移住させ、碁盤目状の街路を作り、武家町と町民が住む区域を分け、職人と商人が住む区域を分けました。近江八幡には現在でも残る八幡堀を作り、琵琶湖につながる運河とし海運で栄えました。近江八幡の城下町には当時では珍しい上下水道がありました。

 豊臣一族である秀次は一領主という役割以外に、京や大坂などで公家と諸大名達を饗応し、彼らと豊臣家との友好関係を築く役割もあり、領国を離れていることが多く、秀吉から派遣された補佐役である附家老の田中政吉らが実務を担っていたと考えられます。個別の施策の立案が彼か附家老達のどちらによるものかはわかりませんが、数々の優れた施策には領主である彼の意向が反映されているはずです。彼が領主の時代に現在の近江八幡市の発展の礎が築かれたことは紛れもない事実です。

 天正18年(1590)に仮想敵国である関東の徳川家康に対する構えとして、秀吉は彼に尾張一国伊勢五郡(旧織田信雄領)約100万石の領地を与えました。奥州への出兵や関白職を譲り受けた後は聚楽第で関白としての政務を執るなど不在領主の彼に代わり、実父三好吉房が領地を治めました。川の堤防建設と維持費の負担から税率が高く、実父は領主として頼りなかったという記録もあります。

 彼の領地であることを示す領地宛行状と知行目録がなく秀吉配下の奉行衆が尾張を検地しているため「単に預かっているだけ」という考え方もあります。

 

◆文化人だった豊臣秀次

 養父・三好康長は茶の湯と連歌に造詣が深い文化人です。養父の影響を受けた秀次も高い教養を持つ人物でした。秀次は10代の若さで津田宗及ら堺の茶人が開く茶会、当時を代表する連歌師の里村紹巴主催の連歌会に出席しています。

 聚楽第には公家や諸大名達との社交場の役割もあります。天正19年(1591)に秀吉から関白職と共に聚楽第を譲り受けた後は、聚楽第に里村ら文化人や公卿を招き、芸能鑑賞や茶会、王朝文学に関するサロンを形成し、彼らと共に文化政策を進めていきました。

 秀次が豊臣一族や関白という地位であっても、教養と知識がなければ公家達から相手にされません。彼は彼らとの交流に不可欠な教養と知識を持っていたと推測できます。

 21ある勅撰和歌集を集めて学び、書き写させ、連歌会を開くなど和歌にも造詣が深いです。特に公家達との交際に不可欠な連歌や和歌を詠むためには『源氏物語』や『伊勢物語』などから引用することも多く、王朝古典文学の知識が不可欠です。彼も習得していたと考えられています。

 他には『源氏物語』を奈良の僧侶に書き写させたことが知られています。

 意外に知られていない彼の文化貢献を表にまとめてみました。 

 

項目 内容
足利学校への寄進  下野にある日本最古の学校。支援者だった北条氏が滅亡し、支援者を失い存亡の危機でしたが秀次が学領100石を与えたことで存続できました。
古典籍の修復と複製  鎌倉の金沢文庫の古典籍を京都に持ち帰り、修復と複製を行い朝廷などに献上しました。そのことでこれらの古典籍が現代まで残りました。
『謡抄(うたいしょう)』の作成  能を舞う秀次は能の歌詞である謡曲に関心を持ち、謡曲の初の注釈本である『謡抄(うたいしょう)』の作成を命じます。

 秀次没後も編纂作業は続けられ慶長6年(1601)に公刊されました。

五山文学の復興  支援者の室町幕府を失い衰退していた五山文化の聨句(れんく)会に会席料を一回ごとに5石を援助し、復興を支援しました。
公家社会の復興  公家社会の復興を目的に知行を与え、彼らの家業である家職に励むように促し、戦乱で困窮していた公家社会を立て直そうとしました。
古筆の収拾と修復  古人の筆跡である修復させ、公家らに褒美として与えました。

 

 彼の文化貢献は後世の悪評や政権が豊臣から徳川に変わった影響によりほとんど無視されました。例えば、足利学校への学領の寄進状の発行者が彼だったのが、後世には家康に書き換えられました。

 

◆意外に知られていない秀次以外の後継者候補

 秀次以外にも豊臣一族の後継者候補は多数いました。後継者候補者を表にまとめてみます。

名前 人物紹介と脱落理由
石松丸秀勝  秀吉が長浜城主時代に幼くして亡くなった男子がいたという説があります。
於次丸信勝  跡継ぎがいない秀吉は織田信長の四男の信勝(信長亡き後は秀勝と改名)を養子にしました。

 織田家中での勢力が増大する秀吉への信長からの警戒を解くという政略的な意味合いが強いです。

 天正13年(1585)に亡くなります。

小吉秀勝  秀次の弟。天正13年(1585)に於次丸秀勝が亡くなると彼が於次丸秀勝の領地と秀勝という名前を継ぎ、秀吉の養子になりました。

 秀吉の養子であり、秀吉の旧主の織田信長の姪の江を彼に嫁がせていることから、この頃の秀吉は彼を後継者候補として考えていたのかもしれません。

 天正17年(1589)8月頃に何らかの理由で秀吉の怒りを買い、領地を没収されました。『北野社家日記』の同年8月13日の記事では風聞として、秀吉に知行不足を訴えたことが理由とあります。さらに高野山に流され前日に切腹したという事実無根の噂まで流れたようです。

 同年5月に秀吉の実子の鶴松が生まれ、その後3か月後に秀吉の怒りを買っただけに知行不足という単純な内容ではなく、後継者問題によるものだったかもしれません。この影響で後継者候補から脱落したと考えられます。

 その後は許され、所領が与えられましたが、文禄の役で病没しました。

豊臣秀俊  高台院の甥。後の小早川秀秋。

 天正16年(1588)の聚楽第行幸で供奉した大名が提出した朝廷へ忠誠を誓う誓文の宛先が、当時数え年でわずか7歳の秀俊です。同年に上洛した毛利家の記録『輝元公上洛日記』によると、聚楽第で秀吉が毛利達と謁見後に行われた宴席では、退席した秀吉の席に彼が座っていました。この頃は彼が秀吉の後継者という扱いを受けていました。

 しかし、天正19年(1591)には秀吉は彼ではなく秀次に関白職を譲っています。あまりにも若すぎる秀俊では関白としての役目を果たせないと秀吉は考えた結果と推測します。

 秀頼が生まれた翌年の文禄3年(1594)には小早川家へ養子に出されます。

鶴松  秀吉の実子。天正17年(1589)に生まれますが、2年後に亡くなります。

 

 秀次は長久手の戦いでの敗戦で秀吉から厳しい叱責を受けましたが、その後は努力を積み重ね、叔父の秀長とともに豊臣政権の柱の一本を担うまでに成長し、秀吉の養子と関白の座を掴み取ったのです。けっして秀吉の甥という間柄だけで選ばれたのではありませんでした。

 

◆関白職=政権の後継者?

 秀吉が関白を座を譲ったのは、徳川家康が隠居して将軍職を秀忠に譲り、大御所として後ろ盾になろうとしたのとは全く異なります。秀次を豊臣家の後継者にするという意味ではないようです。

 秀次が関白職を継いでも秀吉は隠居をせず、豊臣家の城である大坂城の城主と秀吉が持つ広大な領地は秀吉が持ち続けていました。また、石田三成ら秀吉の奉行衆は関白職の譲渡以前と変わらず秀吉に属していました。秀吉は関白職と聚楽第を秀次に譲った以外は大きな変化はありません。

 一方、秀次は関白就任により新政権を担う人物を集めている様子もなく、聚楽第には秀次政権の中核部となる新たな御殿も建てられていないなど秀次新体制を作ろうとする形跡もありません。

 秀吉は武家政権と公家のトップという立場から公家のトップである関白職だけを秀次に譲り、武家政権のトップとして君臨し続けました。鶴松が亡くなった直後から朝鮮半島へ攻め込む準備を開始し、関白の座を譲った天正19年(1591)12月時点では、すでに出兵は公表済みです。

 彼の関白としての役目は政権と朝廷を仲介と関白の本来の役割である天皇の側に仕えることです。秀吉は諸大名に対して、官位叙任は関白の同意を得た上で朝廷に申請するように命じていますが、その程度の役目しかないです。

 関白職を彼に譲り渡した頃の秀吉は数年で朝鮮と明を平定し、彼を大唐の関白にする予定でした。関白職を譲ったのは後継者ではなく、京都か日本の留守を任せる程度の意味合いでしょう。彼に豊臣家の家督を譲るのは明との戦いが終わってから考えようという意図だったのかもしれません。 

 

◆まとめとして 

 秀吉は秀次の妻子や妾など約34名(人数には諸説あり)を彼の首と対面後に処刑し、彼が住居していた聚楽第のみならず、彼が領主を務めていた近江八幡城(当時の城主の京極高次は加増される形で大津へ移る)を破壊するのは狂気としか言いようがなく、晩年の秀吉は物事を冷静に考えるの能力があったのかすら疑わしいです。

 特に秀次事件で秀次の息まで処刑したことで秀次事件以降に秀吉以外で豊臣家の血を引く男子は秀頼だけになりました。結果的には秀頼は無事に成人し問題にならなかったですが、秀頼が亡くなれば、豊臣家の血を引く男子はいなくなります。そのことを考えているのなら、秀次の息を全員処刑することはなかったでしょう。

 老い先短いと感じた秀吉は、生きている間に秀頼の後継者の地位を脅かす秀次を排除しなければならないという思い込みから無実の罪で彼を処刑したと考えられています。

 もっとも、秀次は当時の名医で彼の家臣の曲直瀬玄朔(まなせげんさく)が残した記録によれば精神的に不安定だったそうです。彼の人生は秀吉が決めたとおりの人生を否応なく送らされました。百姓の子供が武家や公卿という百姓とは無縁の世界に放り込まれ、適応していただけでも大変な努力と心労があったと想像できます。

 それに加え、秀吉は実子の秀頼誕生で幼い秀頼に実子に跡目を継がせること以外はほとんど頭にない状態で、自分の人生は正常な判断が下せるかわからない秀吉次第というかつてない不安にさいなまれたことによるものでしょう。

 彼と彼の家族は秀吉に振り回され、彼は豊臣一族としての役割を充分に果たしましたが、秀頼誕生で不要になり捨てられたという悲運の人生でした。

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る