矛盾と信念に生きる男達「仕掛人・藤枝梅安」の世界

 

 池波作品の三大作品の一つ「仕掛人・藤枝梅安」は仕掛人という闇の世界を舞台にした作品である。

 主人公の藤枝梅安は鍼医としての技術を治療と仕掛に用いている。金銭にこだわらずない治療で困窮した患者を救っているが、それができるのは仕掛で得た仕掛料があるからである。この作品は池波作品のおなじみのフレーズである「人間は、よいことをしながら悪いことをし、悪いことをしながらよいことをする」という世の中の矛盾をもっとも象徴した作品である。

 仕掛人という闇の世界を舞台にしつつ個人同士のつながりを強調しているという不思議な魅力を持つ「仕掛人・藤枝梅安」の世界を紹介する。

 

目次 項目
更新履歴  更新履歴です。
作品紹介  「仕掛人・藤枝梅安」の紹介です。
仕掛一覧  作品の仕掛一覧。
登場人物一覧  登場人物一覧です。
梅安企画集  作中の謎や登場する料理のリストなど梅安を楽しむための様々ページがある。
お問い合わせ方法  お問い合わせ方法ならびによくあるご質問への回答を掲載しています。
使用した資料一覧  このコンテンツを作成するために使用した資料一覧です

道場玄関にもどる

 

 「仕掛人・藤枝梅安」は池波正太郎さんの作品です。当HPは池波正太郎さん並びに出版元の講談社とは関係ありません。一愛好家がつくったHPです。このHPの内容についてのお問い合わせ・苦情は各掲示板か道場主(当HP作者)真田勘兵衛のメールアドレスまでお願いします。無断転載は禁止しています。

 なお、扱うのは小説版のみです。あらかじめご了承願います。