聚楽第城下町の町地・聚楽町

 

 聚楽第が造営された場所は平安京大内裏跡の内野(うちの)と呼ばれる荒地でした。諸大名の屋敷を聚楽第城下に集め、聚楽第を外交使節との謁見や行幸の舞台として用いるなど秀吉は聚楽第を政権の首都と位置づけていました。

 秀吉は聚楽第の造営と並行して、諸大名達に聚楽第城下に屋敷を構えるように命じ、聚楽第周辺に大名屋敷街を形成しました。聚楽第造営と並行して聚楽第と城下に住む大名達へ生活必需品など供給するため、聚楽第の東に流れる堀川沿いに聚楽町と名付けた町地を作り、各地から商人と職人達を移住させました。聚楽第の城下町の町地の聚楽町がこのページで取り上げる聚楽町です。

 聚楽町という名称から京都市内の地名にある○○区□□町という町名を連想し、狭い区域と勘違いしそうですが、後述の図のように都市と考える方がわかりやすいです。  

 京都の自治組織は町が基本単位で、明治2年までは町が集まり小組、小組が集まり町組を、町組が集まり惣町を構成しました。町組によっては小組がないこともあります。

 聚楽第城下町の町地である聚楽町は聚楽第があった頃には、都市の上京と下京、禁裏御所の警護など禁裏に奉仕する住民が住む禁裏六丁町と共に惣町という地位を与えられていました。そのことから聚楽町は「京都第3の都市」という位置づけのようです。

 聚楽町は堀川を境に東は川東組、西は川西組という2つの町組がありました。文禄4年(1595)に聚楽第が破却され、城下町としての役割を失った聚楽町は元和5年(1619)年までに惣町の地位を失い、聚楽町の2つの町組は惣町の上京に編入されました。その後、川西組は聚楽組と改称しました。

 聚楽第そのものの研究が進まない中、城下町の町地である聚楽町への認知度は低く、取り上げられることは稀です。上京区には聚楽町という城下町の町地である聚楽町と似た地名が現存していることもあり、歴史に関わる専門家の方ですら上京区聚楽町と勘違いされて、話がかみ合わないこともあります。

 ここでは城下町の町地である聚楽町を取り上げることで、認知度を上げていきたいです。

 ちなみに城下町の聚楽町の読み方に関しての史料はないため、聚楽町の「町」をどう読むのが正しいかわかりません。

 聚楽町の町を「ちょう」と読むと聚楽町が都市ではなく○○区□□町(ちょう)という町を連想してしまい、上京区と伏見区にある聚楽町(じゅらくちょう)と混同してしまいます。聚楽町は「聚楽の町」という意味であり、同じように町という文字を使う城下町と寺町の町は「まち」と読みますから、聚楽町の町を「まち」と読むべきだと考えます。

 聚楽町があった当時からの町名など、聚楽町にまつわる地名が今も残っています。こちらを参照。本文中はわかりやすいように原則、現在の通り名で表記しています。

 

◆聚楽第城下町の町地の聚楽町と上京区聚楽町は無関係

 大前提として聚楽第城下町の町地の聚楽町と上京区聚楽町は無関係です。

 現在の上京区聚楽町がある場所は江戸時代には幕府の役人の屋敷がありました。民有地ではないため江戸時代には町名そのものがなかったです。

 現在の上京区聚楽町は明治3年に民有地になった際に名づけられた町名です。千本通を挟んで西に聚楽村(聚楽第が存在した当時には大名屋敷が建ち並んでいた区域を含んでいるため聚楽という村名になったと考えられます。明治9年に聚楽廻村へ改称。現在は中京区聚楽廻という大字として残っています)があったことや、聚楽町が聚楽地域(『京都坊目誌 上京 乾』によれば、範囲は東は堀川、西は千本。南は二条、北は一条。西陣地域の南です)に含まれることが聚楽町という町名になった理由と考えらえます。

 上京区聚楽町は聚楽第城下町の町地の聚楽町とは無関係です。また、聚楽第があった場所は聚楽廻ならびに上京区聚楽町ではありません。

 後述するように伏見区にも聚楽町があります。伏見区聚楽町は城下町の聚楽町の住民が聚楽第破却後に伏見へ集団移住し成立した町名ですから、城下町の聚楽町と関係があります。

 

◆聚楽町に関する史料  

 聚楽第と同様に史料が少ない聚楽町ですが、『大中院文書』(『叢書京都の史料9』編・出版 京都市歴史資料館に活字化され収録)という史料の中に断片的にあります。

 建仁寺の塔頭の大中院にある海北友松が描いたとされる襖絵が修復された時に、襖絵の下張りとして使用されていた紙が豊臣時代の京都行政に関する公文書を再利用されたものであることが判明しました。これらの公文書は発見された大中院にちなみ『大中院文書』と呼ばれています。

 京都所司代の前田玄以の配下の奉行として豊臣政権の京都行政に携わっていた松田政行が、慶長年間初め頃に華渓院を創建する時に襖絵や屏風など調度品の下張りの紙として豊臣政権時代の京都行政に関する公文書を提供しました。華渓院は江戸後期に建物ごと大中院へ移りました。 

 『大中院文書』にある天正15年(1587)の町別の軒別間口書上や文禄2年(1593)の人別書上などの中には聚楽町に属する町が提出したものも含まれて、断片的ですが聚楽町の地名や町に住んでいる世帯主の名前と職業などがわかります。 

 

◆聚楽町の範囲 

 下記図の背景色が薄緑の範囲が天正19年(1591)以降の聚楽町の想定範囲です。この年に堀川と禁裏御所間で現在の中立売通を中心に町家などを立ち退かせ、大名屋敷街(この付近の大名屋敷に関してはこちらのページ参照)に変えています。この時に聚楽町に含まれていた区域も立ち退きを余儀なくされた可能性が高いです。

 そのため、下記図のA地点に「御幸道通油小路西洞院之間」(場所の根拠の説明はこちらのページを参照)という下記図の聚楽町の範囲外に聚楽町との関係が推測できる地名があります。

 赤字の地名は『大中院文書』にある天正15年の町別の軒別間口書上や文禄2年の人別書上から聚楽町の地名と確認できるもの、緑字の地名は伝承などから聚楽町に関する地名と推測できるものです。

 青丸印は『大中院文書』に記載されていますが現存していない町名があった地点、黒丸印ならびに黒線は『大中院文書』にその場所の文書はありますが町名は記載されていない地点を表しています。英字は後の解説で登場します。 

 聚楽第同様、正確な範囲は不明ですが後述することを根拠にしています。

 なお、当時の地図が存在しないため下記図の通りは現在の通りをベースにしています。

 ただ、聚楽町が存在した頃に存在したと考えられる通りの一部が江戸時代初期に造営された二条城と京都所司代屋敷の敷地内に含まれ、当時と大きく変わっています。この2つがあった場所は現在の通りでは位置関係がわかりにくいため、この付近に関しては周辺の通りを単純に延長し点線で表示しています。

 

○川東組の範囲

 川東組は聚楽町の堀川より東にある町が属しています。二条通の油小路から西洞院通の南側の区画には秀吉が聚楽第を造営する前に京都の宿館として使用していた妙顕寺城があるため、川東組の南端は二条通が想定されます。

 東堀川通の中立売通から二条通の沿いまで続く一町目から九町目という町名は川東組に属する町です。中立売通から二条通が川東組の天正19年以降から聚楽第破却までの期間の南北の範囲とほぼ一致すると考えられます。江戸時代に川東組は上川東組と下川東組に分かれます。

 江戸時代の洛中の町は安土桃山時代から江戸時代初めまでに成立している古町(親町とも)とそれ以降に成立した新町(枝町とも)という2つに分かれます。川東組は古町だけで形成されていることから、川東組の範囲は聚楽第があった当時と江戸時代では大きな変化はないと考えられます。 

 中立売通油小路下ルには黒田長政の通称の甲斐守を由来とする甲斐守町、東堀川通中立売上ルには加藤清正の通称の主計頭を由来とする主計町があり、江戸時代の川東組に含まれます。天正19年に堀川以東に大名屋敷建設以前から主計町と甲斐守町付近が聚楽町川東組に含まれているのなら、聚楽第の破却に伴い大名屋敷がなくなり町地に戻った時に主計町など大名屋敷由来町名ではなく、立ち退き前に成立していた町名を使うという考え方ができますが、町地に戻った時に立ち退き前に住んでいた住民が再び住んだとは限らず、立ち退き前の町名をやめて、大名屋敷由来町名に換えた可能性も考えられます。 

 「大中院文書」(『叢書京都の史料9』編・出版 京都市歴史資料館に収録)にある天正15年(1587)の軒別坪数書上には端裏書が「御幸道通油小路西洞院之間」、本文には「御幸道橋□(PCにはない記号。「から」を意味している)二町め」と記載されています。御幸道通は現存しない通り名ですが、御幸道橋と御幸道通という地名から御幸道橋は中立売橋、御幸道通は現在の中立売通であり、「御幸道通油小路西洞院之間」はA地点と推測します。天正19年以降はこの町は大名屋敷街に含まれるため、大名屋敷街拡張に伴う立ち退きにより消滅してしまいました。(御幸道橋と御幸道通の詳細はこちら。) 

 聚楽町の堀川より東にある町が属するため、川東組の西端は堀川です。江戸時代の川東組に属する町は上長者町通西洞院東入ルの土御門町と一筋南の仲之町を除けば全て西洞院通より西にあるため、東端は西洞院通が想定されます。西洞院通より東にある2つの町は聚楽第破却後に町地化した時に拡張したと考えました。

 

○川西組の範囲

 川西組は聚楽町の堀川より西の町が属しています。聚楽第があった当時からほぼ変わらない範囲で存続した川東組と異なり、川西組の大半の地域が江戸初期に造営された京都所司代屋敷と二条城の敷地に含まれ、立ち退きを余儀なくされました。そのため、川西組の正確な範囲は不明です。

 川西組は聚楽町の中で堀川より西の町で構成されていることから東端は堀川通です。

 『大中院文書』の天正15年の軒別間口書上の中で『大中院文書』の軒別間口書上の中に、端裏書が「猪熊通 中御門と春日通の間之町 立町(南北の通り沿いにある町)」、本文には「猪熊通木屋町」とあり、天正15年時点で猪熊通椹木町下ルに木屋町(現在の木屋之町)があることがわかります。

 天正16年の毛利輝元の上洛を記録した『輝元公上洛日記』の8月1日の「御屋敷ハ立六十間横六十五間也。聚楽より辰巳の方御屋敷の右ハ備前宰相殿屋敷左ハ越後上杉殿館也前は前野但馬守也」という記述があります。宇喜多家の屋敷があったことを由来とする浮田町が残り、『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」などでは、宇喜多家の西側には徳川の屋敷があることから、右は西を示していることがわかります。毛利家の東隣に上杉家があることがわかります。

 椹木町通の北の区画には上杉屋敷や毛利屋敷、前野屋敷など大名屋敷があるため、川西組の北端は椹木町通と推測されます。

 大名屋敷由来町名は直家町を除けば、川西組の北端である椹木町通より南では、大宮通より西にはありません。直家町は江戸時代中期に現在の町名になる以前は、上杉家重臣の直江兼続を由来とする直江町です。上杉家の屋敷は毛利家が天正16年(1588)に上洛した時の記録である『輝元公上洛日記』から堀川下立売南西の区画にあることが考えられます。大大名の重臣が主とは別に秀吉から屋敷用地を賜り屋敷を構えているケースがないです。上杉屋敷から近いこの場所に直江が個人的に土地を借りて屋敷を構えていたと考えます。(直江町に関してはこちらで詳しく解説しています)

 大名屋敷を由来とする町名は川西組の北端である椹木町通より南では大宮通より西にしかないことから、川西組の西端は大宮通と推測できます。川西組の西端が大宮通までと考えると、東西の長さが川東組と同じ二町(平安時代の条坊制の2区画分。約220m)になります。 

 『言経卿記』の天正15年(1587)9月13日の記事に「聚楽ヘ殿下御衆御移従之間、見物ニ四条大宮マテ罷出了」とあり、秀吉が大坂城から聚楽第へ移住する行列を日記の著者の山科言経が四条大宮で見物していることから、洛中に入った秀吉達の行列は大宮通を北上したと推測できます。

 『政宗記』(『戦国史料叢書 第二期十巻 伊達史料集』 人物往来社 収録)では天正20年(1592)3月に伊達政宗ら東国の大名達の都出立の時の道順を「都出は戻橋を景勝屋敷の前より大宮通りなり。京中の見物群集をなす」とあります。下記図の緑色線がこの記述に基づく道順です。

 

 『政宗記』の都出の道順

 

 当時の戻橋は中立売(こちらのページを参照)、景勝屋敷は上杉景勝の屋敷を指します。 

 これらの記述と合わせて考えると聚楽町川西組と大名屋敷街の境界線である西端の大宮通は大通りだったことがわかります。 

 川西組の南端に関しては『大中院文書』で確認できる範囲は押小路通までです。大中院文書の「一九六 死人女房に付き書上」では亡くなった女房の夫に関する条があり「一、右之女房之おとこ宗俊、上京御霊図子のうまれ、くすしを仕候、今ハ大宮通五丁めニ家計もちて居申候事、」とあります。上京御霊図子(現在の上京区中御霊図子町に該当か?)生まれで薬師の宗俊が、大宮通五町目に住んでいることがわかります。年号は記載されていないです。

 江戸時代には聚楽町の範囲に含まれる大宮通椹木町下ルの町名が大宮一町目(現在は一町目)、一筋南のF地点は『大中院文書』の文禄2年の人別書上から聚楽第があった当時は大宮通二丁目横町と呼ばれていることがわかります。大宮通五丁目は大宮通椹木町下ルの大宮一町目から4区画南の大宮通の二条通から押小路通の間(聚楽町の全体の図のG地点、現在は二条城敷地内)にあると推測できます。

 『大中院文書』は豊臣時代の京都行政の公文書です。大宮通五丁目があったと考えられる大宮通押小路は現在の二条城の敷地内です。慶長6年(1601)の二条城築城開始に伴う町家の立ち退きの対象範囲になりましたから、この出来事は慶長6年以前に起こっています。『大中院文書』で年代が確認できるものは天正15年(1587)から文禄3年(1594)に集中しているため、この出来事は聚楽第があった期間に起こった可能性が高いです。 

 聚楽第破却後、伏見へ移住した聚楽町の住民は移住前の聚楽町の町名や近隣の地名を伏見で町名として使っていると考えられるケースがあります。江戸時代の伏見には大宮六町目(現在の伏見区大宮町)のみが存在し、大宮一町目から五町目は存在しません。『大中院文書』に大宮通二丁目と大宮通五丁目があることから、伏見の大宮六町目は元々は川西組の町名だったと推測します。大宮六町目は大宮一町目があった大宮椹木町の区画から5区画南の大宮通の押小路通と御池通の間(G地点)にあったと推測できます。

 また、伏見区には上神泉苑町と下神泉苑町があります。平安時代の神泉苑の南北は4町(条坊制の4区画)ですが、その後は荒廃しました。聚楽第があった頃の神泉苑は存在していたのか、地名として残っているだけなのかも含め詳細は不明ですが、伏見区の上神泉苑町と下神泉苑町の住民は神泉苑があった大宮御池付近から移住したと推測できます。現在の神泉苑の敷地は慶長8年(1603)に徳川幕府により再興された時に定められました。

 『大中院文書』の文禄2年(1593)の人別書上の中に惣町の下京の川西組に属する四条大宮町があります。現在の四条大宮に同名の町名が残っています。江戸時代の二条城の南から四条までの堀川から西の区域の町は下京の川西組に属します。 

 そのため、聚楽第があった当時から大宮と堀川間の御池通から四条通の間にある町の中には下京川西組に属する町があり、聚楽町川西組の南端と接していた可能性が考えられます。現段階では聚楽町川西組の南端は御池より南、四条大宮より北の間にあると考えるのが無難でしょう。

 もっとも、川西組の東西の範囲は川東組と同じ二町(平安時代の条坊制の2区画分。約220m)です。東西の範囲が共に2町なら、南北の範囲も同じという可能性もあります。川東組の範囲は9町です。川西組の南北の範囲が9町の場合、南端は六角通になります。

 

◆聚楽町に関する現存している地名

 

 聚楽町に関する地名も多く現存しています。聚楽町の範囲を載せた図の赤字が『大中院文書』から聚楽第が存在した当時から聚楽町にあった地名、緑色が伝承などから聚楽町に関連づけられる由来を持つと考えられる町名です。

 聚楽第や大名屋敷に関する地名は別ページで掲載しています。

 

地名 由来
一町目から九町目(東堀川通沿い)  東堀川通沿いの中立売通から二条通にある一町目から九町目という町名は、聚楽町川東組の名残です。

 江戸時代の川東組の北端である中立売から何区画目にあるかを示しています。

一町目(大宮通)  『大中院文書』の中に残っている文禄2年(1593)の人別書上に「大宮通二丁目横町」の人別帳があります。

 聚楽町の範囲の図のF地点は江戸時代は大宮二丁目(現在は藁屋町)、一筋北には大宮一丁目(現在の一町目)がありました。

 聚楽町の範囲の北西角にあたる大宮通椹木町下ルに大宮一丁目が存在したからこそ、一筋南のF地点に文禄2年当時、大宮通二町目横町という地名が存在したと考えられます。

 一町目の由来は大宮通椹木町が聚楽町の中の大宮通の起点だったことだと考えられます。現在は大宮が省略され、一町目になったようです。

上長者町通  聚楽第があった当時、この通りに両替商など長者(裕福な商人)が住んでいたことが由来です。

 中長者町通、下長者町通も同じ由来です。

 山科言経の日記『言経卿記』によると天正16年4月18日に聚楽第行幸の還幸行列(天皇が行幸先の聚楽第から禁裏御所へ戻る行列)を山科らは「宮様長者町樋ノ口◆(PCではない文字。所を意味する)ニテ見物、予、北向、阿茶丸、梅月已下御供也」とあり、長者町にある樋ノ口という人物の屋敷で見物しています。

 聚楽第があった当時から長者町という地名が存在していたことがわかります。

木屋之町

 材木を保管する貯木場があったことが由来です。

 『大中院文書』の軒別間口書上の中に、端裏書が「猪熊通 中御門と春日通の間之町 立町(南北の通り沿いにある町)」、本文には「猪熊通木屋町」とあります。中御門は現在の椹木町通、春日通は丸太町通です。猪熊通の椹木町から丸太町間の町名が木屋町ということがわかります。

 現在の木屋之町と同じ場所に聚楽第があった当時に木屋町があることがわかります。町名は一文字増えましたが、ほぼ同じ町名として残っている珍しい例です。

 ただ、木屋之町の読みは「きやのちょう」ですが、京都全体の最古の地図の「京都図屏風」で現在の木屋之町がある箇所には「こやの町」と記載されていることから、木屋町の元々の読みは「こやちょう」のようで、町名の読み方は変わってしまったようです。 

 木屋というのは材木商や貯木場という意味があります。『大中院文書』の天正15年(1587)の軒別間口書上の本文に「上ハ立売町(現在の下立売通)、下ハ春日町(現在の丸太町通)之間 西ノツラ片町 右、堀河通弐町材木屋事」(聚楽町の範囲の図のD地点)、同文書の別の場所の軒別間口書上の端裏書と本文に「堀川通西片町春日町大炊御門(大炊御門は現在の竹屋町通)之間材木町」(同E地点)とあり、堀川の下立売から竹屋町の間に材木屋が多数あったことがわかります。

 木屋町は材木商が建ち並ぶ堀川より一区画西(木屋之町が面する南北の通りの猪熊通と堀川通の間にある葭屋町通は、軒別間口書上の提出の3年後の天正の地割で開通した通りの1つ)にあるため、町名の由来は材木を保管する貯木場と考えました。材木商が由来の可能性もあります。材木に関係する町名であるということは確実でしょう。

薬屋町(中京区)  京都全体の最古の地図で寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」で薬屋町が確認できます。聚楽町の範囲に含まれるため聚楽第があった当時から成立していた地名と考えました。

 町内に薬屋があったことが由来と推測します。 

小伝馬町  聚楽第と大名の国許との物資を輸送する業者がこの町に集まっていたことが由来です。

 当時は物資の輸送に馬を用い、運送用の馬を伝馬と呼びました。

米屋町(油小路通)  米屋があったことが由来です。京都全体の最古の地図である寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」で米屋町という町名が確認でき、現在に至ります。

 後述の『大中院文書』で確認できる東魚屋町(同名の町名で現存)と、聚楽第があった当時はその西隣(聚楽町の範囲の図のC地点)には魚屋町(江戸時代初期は西魚屋町、現在の西山崎町)があることから、この一帯を聚楽町の食料品市場と考え、米屋町を聚楽町に関連する町名と考えました。

下立売通   この通り付近で聚楽第周辺に屋敷を構える武家相手に呉服商が絹巻物を裁って売った、もしくは立って売ったのが由来です。

 呉服商は店を構えているはずですから文字通り、立って売ったのでは不自然です。立売は裁ち売りの当て字です。通り沿いに呉服商が多かったことを立売という地名で表したようです。下立売通から四筋北にある中立売通りも同じ由来です。

 聚楽町の範囲の図のD地点の『大中院文書』の天正15年(1587)の軒別間口書上の中の裏端書に「ほり川通立うりかすか間の二町分立(北)行」とあるように現在の下立売通を示す言葉として「立うり」とあり、天正15年の時点で現在の下立売通を意味する「立うり」という地名が存在していることがわかります。 

 由来が上中下のセットで扱われる上立売通は聚楽第から距離が離れている都市で惣町の上京にあります。立売の辻(現在の上立売通室町付近)という言葉は室町時代からあり、聚楽町とは関係がありません。

 惣町の上京の立売の南(下)に成立したことから、2つの立売通を区別するため上京の立売が北(上)にあることを示す上立売通、聚楽町の立売が下立売通という地名になったと考えられます。

 中立売は上立売と下立売の間にある立売通ということが由来と考えられます。

紹巴(しょうは)町  聚楽第があった当時、連歌師の里村紹巴が住んでいたことが由来です。彼は当時を代表する連歌師であり、源氏物語の注釈本を出す文化人です。公家や豊臣秀吉、豊臣秀次、細川藤孝をはじめ多く人物と交流し、諸家から扶持をもらっていました。 

 彼は秀吉や秀次の家臣ではないため、秀吉の家臣や諸大名が住む聚楽第の武家地には屋敷地を与えられず、町地である聚楽町に住んでいたようです。聚楽町に住んでいる人物名が由来の町名になっているのは紹巴町のみです。

 江戸時代の地図や地誌には、この地を常羽町、常磐町、戸沢町と記載(平仮名表記も含む)するものもあります。紹巴町と全く別の町名のように思えますが、常羽は紹巴(じょうは)の当て字、常羽は「ときわ」とも読めるため常盤町は常羽を「ときわ」と読んで漢字表記に変え、さらに戸沢町は常盤町などの平仮名表記である「ときわ」を「とざわ」と誤読し漢字表記したものと推測できます。色々な記載がありますが、元は紹巴町です。 

竹屋町通と東竹屋町、西竹屋町  竹屋町通は通り沿いに、西竹屋町と東竹屋町は町内に、竹細工職人が住み、竹細工を売る店を構えていたことが由来です。

 西竹屋町か東竹屋町のどちらかに竹細工職人達が住んで町が成立して竹屋町という町名をつけた後に、隣接する区画にも竹細工職人が住むようになった結果、西竹屋町と東竹屋町という同じ由来を持つ町名が隣接する区画にあると考えます。

 京都最古の地図である寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」で西竹屋町と東竹屋町が確認でき、後述の丸太町通と丸太町と同様に堀川通沿いに通名と類似する町名があるパターンであり、竹屋町通ならびに西竹屋町と東竹屋町が聚楽町の範囲に含まれるため、これらの地名は聚楽第があった当時からの地名と推測できます。  

 『大中院文書』の「一七五 大工名前書上(折紙)」の中の「理在之大く事」の中に「一 甚五郎 竹や丁」とあり、「竹や丁」という地名が桃山時代の京都に存在することがわかります。西竹屋町か東竹屋町のどちら先に成立した町が竹屋町という町名だったと考えられることから、甚五郎が住む「竹や丁」が現在の東竹屋町か西竹屋町を指す可能性もあります。

 もっとも、「一 甚五郎 竹や丁」の「竹や丁」が堀川通寺之内通下ルにある竹屋町(江戸時代は北竹屋町と南竹屋町)を指している可能性も否定できないため、この記述が竹屋町通ならびに西竹屋町と東竹屋町が聚楽第があった当時から存在した地名であるという証明にはならないです。 

槌屋(つちや)町(中京区)  京都最古の地図である寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」で現町名が確認できます。聚楽町の範囲に含まれるため聚楽第があった当時からの地名と推測できます。

 単純に考えると金槌か木槌といった槌を商う店が由来ですが、槌のみを扱う店が存在したとは考えられず、金槌や木槌に代表される大工道具の店が町内に多いことが由来と考えます。

東魚屋町(上京区)  魚屋が軒を連ねていることが由来です。

 『大中院文書』の中に文禄2年に起こったある事件で各町が「町内に不審な人物を匿っていない」という趣旨で京都所司代へ提出した書状の一部が含まれています。その中に「じゅらく東うおや町」が提出した書状もあります。「じゅらく」は惣町の聚楽町を指すため聚楽町に属する東魚屋町のことです。

 聚楽町に含まれる椹木町通小川通に東魚屋町があることから上京区の東魚屋町は聚楽第があった当時から続いている町名であることがわかります。

 前記の天正15年の軒別坪数書上の端裏書に「中御門通(現在の椹木町通)油小路堀川之間、横町(東西の通り沿いに面する町)魚屋町」とあります。東魚屋町の西隣の椹木町通の油小路と堀川の間にある現在の西山崎町(聚楽町の範囲の図のC地点)の当時の町名が魚屋町だったことがわかります。

 C地点の町名は江戸初期には西魚屋町という町名に変わっています。聚楽町成立当初は椹木町通の油小路と堀川の間の一区画しかなかった魚屋街が東の区画に延び、天正15年以降から文禄2年の間に東魚屋町が成立したことで江戸時代初期までに魚屋町が西魚屋町という町名に変わったと推測できます。

 江戸時代も魚屋街は続き、江戸時代のこの付近は上の店(かみのたな)市場と呼ばれる錦市場と並ぶ京都有数の魚市場で、椹木町通の室町から西は魚の棚通とも呼ばれていました。

丸太町、西丸太町と丸太町通  江戸時代初期に刊行された『京雀』によると丸太町通堀川沿いに材木屋が多いことが由来とあります。材木から連想する言葉として丸太町という地名が成立したようです。

 『大中院文書』の天正15年(1587)の軒別間口書上の本文に「上ハ立売町(現在の下立売通)、下ハ春日町(現在の丸太町通)之間 西ノツラ片町 右、堀河通弐町材木屋事」とあり、堀川沿いの下立売から丸太町間に材木屋が多数あったことがわかります。

 また、同文書の別の場所の軒別間口書上の端裏書と本文に「堀川通西片町春日町大炊御門(大炊御門は現在の竹屋町通)之間材木町」とあり、現在の丸太町から竹屋町の堀川沿いに材木町という町名がありました。

 『大中院文書』から丸太町という地名は確認できないですが、これらの軒別間口書上から聚楽第があった当時には丸太町の由来となった材木屋が建ち並んでいる様子がわかるため、聚楽町関連町名に含めました。 

横鍛冶町  鍛冶が多く住んでいることが由来です。

 『大中院文書』の天正15年の軒別間口書上の中に端裏書が「かすか通西といあふらのこうしのあいたかちや町」とあります。

 現在の通り名で説明すると「丸太町通の西洞院通と油小路通の間にある鍛冶屋町」という意味です。本文には「鍛冶町之事」とあり、町名を鍛冶町と記載しています。当時の文書に表記割れは珍しくなく、この軒別間口書上の提出先である京都所司代でも町名の表記割れを問題にしなかったようです。

 現在のこの場所の町名が横鍛冶町ですから、鍛冶町が正解だったと思われます。

 同町の軒別間口書上には世帯主の氏名と職業、家の間口の広さが記載されています。町内に住む家の世帯主の職業で最も多いのが鍛冶で、町の代表者も鍛冶です。実際に鍛冶が多く住んでいたことがわかります。

 京都市内には上(竪)や横とつく町名がありますが、上は南北の通りに面する町、横は東西の通りに面する町を示します。小川通丸太町上がるに上鍛冶町という町名があります。小川通は天正18年(1590)の天正の地割により西洞院通と油小路通の間に開通した通です。小川通開通後に小川通沿いにも鍛冶が住み上鍛冶町という町名が成立し、上鍛冶町と区別するため鍛冶町が横鍛冶町と改称し現在に至ると考えられます。

藁屋町  笠、草鞋などを藁細工を扱う店、もしくは藁細工の職人が多く住んでいたことが由来と推測します。

 現在の藁屋町の範囲は江戸時代の京都所司代屋敷跡地を含むため広大ですが、江戸時代の地図を見ると江戸時代の藁屋町の範囲は丸太町通の大宮通から猪熊通の間だけです。

 

 なお、椹木町通は宝暦年間の『京町鑑』によると桶や柄杓の材料などに用いられる椹木を商う人物がある町に面している通りが由来です。椹木町通も下立売通や丸太町通、竹屋町通など聚楽町に関連する地名のように思う人もいるかもしれません。

 聚楽町に関係する地名の中には、丸太町通と丸太町ならびに西丸太町、竹屋町通と西竹屋町ならびに東竹屋町というように通り名と同名の町名がセットである場合があります。

 江戸時代初期の地図を見ると椹木町通柳馬場西入ル付近(現在は京都御苑の敷地内)に椹木町という町名がありました。町名の椹木町と椹木町通という通り名がセットで成立したと考えられることや、江戸時代の椹木町通の室町から西は魚の棚通とも呼ばれていたことから、残念ながら椹木町通は聚楽町に関係する地名ではないようです。

 

◆聚楽町はどんな町か?

 聚楽町にまつわる地名と『大中院文書』から住んでいた人と町内にある店などある程度、推測できます。

 

○どんな人が住んでいた

 『大中院文書』には文禄2年(1593)末時点の人別書上が含まれています。現在の職業と在京期間だけでなく、生国(出身地)と生国での職業も記載されています。

 聚楽町の範囲に含まれる大宮通二丁目横町(聚楽町の範囲の図のF地点)と大宮組二条通土場西町(江戸時代の上京の聚楽組の大宮組と同様に聚楽町川西組の大宮組も大宮通に面する町が属していたと考えられるため大宮組二条通土場西町は大宮通二条付近、上記図のG地点と推定)のデータがあります。この2つの町の住民の大半が畿内からの移住者で、洛中からの移住者は希です。  

 2つの町の住民で在京期間が最も長い人は6年です。両町の住民のほとんどが店を構えています。その中の半数が生国での商いを聚楽町でも続けています。大宮通二丁目横町は18軒中5件が旅籠と旅籠が多い町です。当時の大通りである大宮通に面し、聚楽第と城下の大名屋敷街から近いという立地のため旅籠が多かったようです。また、旅籠の宿泊客の利用を見込んだのか町内には湯屋(銭湯)も1軒あります。

 大宮組二条通土場西町は17軒中4軒が紺屋(染物屋)ですが、酒屋、油屋など色々な店がありました。2つの町は距離は少し離れていますが、大宮通は人の往来が多いという大通りですから、大宮通沿いには店が多く、商売が盛んだった様子が窺えます。

 大中院文書の「一九六 死人女房に付き書上」では亡くなった女房の夫に関する条があり「一、右之女房之おとこ宗俊、上京御霊図子のうまれ、くすしを仕候、今ハ大宮通五丁めニ家計もちて居申候事、」、「一、右之なかうと人藤兵衛、生所ハ醍醐ニて、只今ハ二条通大宮片ハら町に居申候 (後略)」とあり、宗俊が上京御霊図子(現在の上京区中御霊図子町か?)生まれということがわかるため、洛中やその周辺からの移住者もいたようです。

 鍛冶町(現在の横鍛冶町)や藁屋町、竹屋町通ならびに東竹屋町、西竹屋町など竹細工に関する地名から堀川丸太町より南には職人が多いと推測できます。

 聚楽町の範囲の図のB地点である軒別坪数書上断簡には端裏書が「□□(欠落。最初の文字はわかりませんが、文脈的に二文字目は聚楽の聚?)楽 近衛通(現在の出水通)堀川油小路間之町」にある町に「少将様(『大中院文書』の注では「豊臣秀勝か?」とあります)御奉公人八衛門」という人物が住んでいることがわかります。この武家奉公人は主の屋敷内に居住スペースが与えられず、現在の出水通の東堀川通から油小路通の町にある家から主の屋敷まで通っていたようです。聚楽町の他の町にも武家奉公人が住んでいたと推測できます。

 聚楽第造営開始から聚楽第完成まで約1年間しかなく、政権の首都である聚楽第の城下町の整備は重要な課題だったでしょう。下図の様に職種別の地区を形成するなら、他都市の同業種が集まる地区の住民を聚楽町へ集団移住させる方が効率的です。『フロイス日本史』によれば都や堺の市民を聚楽町へ強制移住させたとありますが、そのことを裏付ける史料は見つかっていません。強制か任意かはわかりませんが、集団移住させた行われた可能性はあると思います。

 もっとも、聚楽第造営時点では聚楽町は政権の首都である聚楽第の城下町です。聚楽町が大坂や堺などに匹敵するような大都市になると考え、自らの意思でいち早く移住した住民も多かったと考えられます。聚楽町への住民誘致のため何らかの優遇策があったかもしれません。

 

 

○聚楽町のどんな町だった

 聚楽町がどんな町かイメージしやすいようにかなり強引ですが、地名と当時の記録から推測して図にしてみました。

 なお、当時の地図が存在しないため下記図は現在の通りをベースにしていますが、位置がわかりやすいように江戸時代初期の二条城と京都所司代屋敷造営により消滅していると考えられる当時の道を周辺の通りを単純に延長しています。

 

 

 川東組の堀川の下立売より北側は聚楽第だけでなく、禁裏御所と公家町とも近いため、両替商など金融に関する店と呉服商が多く建ち並んでいます。聚楽町の商業の中心地と推測します。この区域には大商人と当時を代表する文化人の連歌師の里村紹巴のように大名や公家に出入りする文化人など裕福な町民が住んでいたと推測されます。

 川東組の椹木町通付近は米屋町と魚屋町(聚楽町の範囲の図のC地点。現在の山崎町)、東魚屋町という地名からこの辺りに食品市場があったと考えられます。丸太町通から南は横鍛冶町や西竹屋町、藁屋町など職人に関する地名が多いため職人居住地区が想定されます。

 下立売から竹屋町通の堀川沿いは、聚楽町の範囲の図のD地点の『大中院文書』の天正15年の軒別間口書上の中に、裏端書が「ほり川通立うりかすか(立うりは現在の下立売通、かすかは春日小路、現在の丸太町通を指す)間の二町分立(北)行」、本文中に「上ハ立売町、下ハ春日町之間 西ノツラ片町 右、堀河通弐町材木屋事」、(E地点)の軒別間口書上には「堀川通西片町春日町大炊御門(大炊御門は現在の竹屋町通)之間材木町」と現在の丸太町通りから竹屋町通りの堀川沿いに当時は材木に関連する由来を持つ材木町という町名があり、堀川沿いには木材に関する記録と地名が多く、堀川の水運を活かし聚楽第造営や城下町の整備のために材木を運んだと考えられます。

 また、材木の保管場所である貯木場を由来と推測する木屋町(現在は木屋之町)という町名や、文禄2年のG地点の人別書上には「大宮組二条通土場西町」と土場西町という町名の存在から土場西町の東にあたる二条通の堀川付近に土場(材木の陸揚げ所、もしくは貯木場)の存在が推測できます。

 木材など聚楽第造営に必要な建築資材を堀川の水運で運びことを前提に聚楽第の立地を決めたと考えられます。石に関する地名ならびに、聚楽第の石垣の石をどのように運んだかという記録は残っていませんが、おそらく石垣の石の運搬にも堀川の水運は活用されたと考えられます。

 川西組の北端は大名屋敷街と近いため聚楽第城下と各大名の国許への物資の運搬を担う運送業者と旅籠があり、宿場町としての機能があります。聚楽町の西端である大宮通沿いにも商人が多数住んでいますが、地名としては残っていません。川西組は川東組に比べると商売が盛んではないようです。

 地名の分布から考えると聚楽第と禁裏御所に挟まれる場所に金融街と呉服商が集まっていたことから川東組の北半分は商業の中心地、堀川沿いには水運を利用した材木商、聚楽町の中では聚楽第から最も離れた場所に職人居住地区があるというように、職業別の居住区分があった可能性はあると考えられます。

 

◆聚楽第破却後の聚楽町

 聚楽第あっての城下町の聚楽町でしたが、文禄4年(1595)8月に聚楽第の造営者である秀吉自らの命で聚楽第は破却されてしまいます。城下町として役割を失った聚楽町の住民は大きく分けて、二つの道を選びました。

 

○伏見へ移住した聚楽町の住民達

 聚楽第破却後に川西組の頭取組頭の三雲氏に率いられ伏見へ集団移住します。聚楽町が政権の意向で作られた都市であるだけに伏見移住も政権からの何らかの意向、もしくは命令によるものでしょう。

 三雲氏らは伏見城の外堀(惣構)の外側(伏見城の西)の埋立地に在郷の郷士の高田氏らと協力し町を開きました。三雲氏は伏見で小組の聚楽組を形成しました。

 伏見区に現在も残る聚楽町や大宮町(江戸時代は大宮六町目。聚楽第城下の聚楽町の川西組の西端が大宮通)、上神泉苑町など伏見へ移住した聚楽町の住民が移住前の町名や地名をそのまま伏見で町名として使っていると推測できる町名があります。

 明治初年に伏見でも京都同様に自治組織に関する制度が改められ、自治組織が町組から地域単位の番組へ改められたことにより町組制度がなくなり、聚楽組も消滅しました。

 大坂にも聚楽町があります。『角川日本地名大辞典 27巻 大阪』(角川日本地名大辞典編纂委員会 角川書店)で調べてみると位置は現在の大阪市中央区粉川町です。江戸時代から明治5年まで町名が聚楽町でした。

 伏見城の廃城が決まった元和5年(1619)には、伏見の住民達は幕府の命で大坂の陣で荒廃した大坂復興を目的に大坂へ移住させられます。その時に伏見の住民達と共に伏見に移り住んだ聚楽町の住民も移住し、その中の住民の一部が移住先の大坂でも聚楽町の町名を使い続けたのでしょう。

 明治時代に京都や伏見を除く都市部で江戸時代にあった町が合併され、それ以前の町名の多くが消滅しました。秀吉が建てた聚楽第の城下町の聚楽町に所縁がある大坂の聚楽町がなくなったのは残念です。

 

○京都に残った住民達

 京都に残った城下町の聚楽町は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い直後に徳川家康が聚楽町宛ての朱印状が発給されていることから聚楽第破却後も惣町の地位を保っていました。

 しかし、聚楽町は元和5年(1619)までに惣町の地位を失い、聚楽川東組と聚楽川西組という2つの町組として惣町の上京に編入されました。

 聚楽川東組は川東組、聚楽川西組は聚楽組と改称します。川東組の大名屋敷由来町名を含んでいますが、ほぼ同じ位置で江戸時代も存続します。その後、川東組は上川東組と下川東組に分かれます。現在、中立売から二条の東堀川通にある一丁目から九丁目は川東組の町名です。

 その反面、京都所司代屋敷と二条城の造営により、川西組のほとんどの住民は立ち退きを余儀なくされました。聚楽第の東側にある大名屋敷が建ち並んでいた区域へ移住した住民達は、町を開き町組の名称を聚楽組に改めます。聚楽第があった当時から下京にも川西組という町組があったことも聚楽組に改称した理由の1つと推測できます。

 川東組と異なり、聚楽組は聚楽第跡地周辺(聚楽第本丸跡地は他の町組の町に属しています)にも新しく町を形成するなど範囲は拡大しました。

 明治初年から2年にかけて京都も自治組織が町組から地域単位の番組に改められ、川東組と聚楽組を含む京都の町組は消滅します。聚楽の名は聚楽第跡地の東側にある「聚楽小学校」の校名に使われました。小学校は統廃合でなくなりましたが同学区は今も「聚楽学区」と呼ばれています。

 豊臣秀吉と徳川家康が聚楽町に発給した朱印状や聚楽組宛の文書などは聚楽学区にある財団法人聚楽教育会が所蔵し、京都市歴史資料館に寄託されています。

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る