聚楽第にまつわる地名

 

 聚楽第そのものは現存しませんが、聚楽第ならびに聚楽第城下に屋敷を構えていた大名などを由来とする地名が聚楽第跡地周辺に多数現存し、地名という形で聚楽第が存在したことを示しています。

 聚楽第は平安京大内裏跡であり、応仁文明の乱などの影響で荒廃し内野と呼ばれていた地域の北東部分に造営されました。2012年に京都府埋蔵文化財調査研究センターが実施した京都府警待機宿所の発掘調査では本丸南堀の石垣以外に15世紀後半から末頃に土坑と井戸という人が住んでいた痕跡が見つかっているため、聚楽第が建てられる直前の内野は全く人が住んでいなかったわけではないようです。

 ただ、聚楽第造営で聚楽第ならびに城下町の含まれる区域で大規模な立ち退きが行われたという記録はないです。聚楽第造営に伴い立ち退いたと考えれるのは妙蓮寺だけです。現在の妙蓮寺は上京区寺之内通大宮東入ルにありますが、聚楽第の大名屋敷がある区域に含まれる上京区元誓願寺通大宮西入ルにある元妙蓮寺町という地名から、聚楽第造営以前は元妙蓮寺町にあり、聚楽第造営による立ち退きで現在の場所に移ったと考えます。

 前述の発掘調査により内野には人は住んでいたようですが、聚楽第とその城下町の造営に伴い立ち退いたと考えられるのは妙蓮寺のみのため、聚楽第とその城下町になった区域には聚楽第造営が始まる時点では集落はなかったと考えられます。そのため、聚楽第造営直前の内野には町は存在せず、町の名称である町名もなかったようです。

 平安時代は大内裏の周辺には役人や民衆が住んでいた町があり、それらの町には町名はありましたが、平安時代以後の荒廃で集団で人が住まなくなり、町そのものが無くなったことで町名も無くなりました。聚楽第造営直前には町と町名が存在しなかったため、聚楽第破却後に再び町地化された時に改めて町名がつけられるようになりました。

 聚楽第城下町跡地にある主税町や中務町など大内裏にあった役所を由来とする町名がある区域は江戸時代には京都所司代屋敷など幕府の御用地で、明治初めに民有地になった時に町ができ、町名がつけられました。

 聚楽第そのものの情報が少なく、民家が立ち並ぶ聚楽第跡地と周辺地域での大規模な発掘調査が不可能な現状では聚楽第にまつわる地名は貴重な情報源です。聚楽第にまつわる町名の分布は森島康雄氏ら専門家が発掘調査を基に聚楽第の大まかな広さを記載した『駒井日記』の記述など史料を併せた聚楽第城郭推定範囲と比較すると、聚楽第の城郭に関する町名は聚楽第の城郭推定範囲内、聚楽第城下町の大名屋敷由来町名は城郭推定範囲外にあることから、信憑性があると考えます。

 このページでは聚楽第にまつわる地名や町名を紹介します。 

 

◆聚楽第にまつわる地名をつけたのは?

 

 聚楽第にまつわる町名をつけたのは聚楽第城下町の町地・聚楽町の住民達など周辺住民と推測されます。

 聚楽第城下町の町地である聚楽町は、聚楽第があった頃は都市の上京と下京、禁裏に仕える住民が住む禁裏六丁町と共に惣町(町組の上位組織。町組は町の上位組織)だったことから聚楽町は「洛中第3の都市」という位置づけのようです。聚楽町の堀川より東の町は町組の川東組、西の町は町組の川西組に属しています。

 聚楽町は聚楽第破却により城下町としての役割を失い、元和5年(1619)年までに聚楽町に属していた2つの町組は惣町の上京に編入されました。

 川東組は江戸時代前期に上川東組と下川東組に分かれましたが、2つの組の範囲は聚楽第があった当時とほぼ同じです。

 川西組は区域の大部分が二条城と京都所司代屋敷の用地に含まれ、立ち退きを余儀なくされ、聚楽第城下町跡地に集団で移住した住民は聚楽第にちなみ町組の名称を川西組から聚楽組に改称しました。

 聚楽第にまつわる地名の地図での初見は、聚楽第破却から約30年後の寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」です。聚楽第跡地へ移住した頃には聚楽第があった当時から聚楽町に住んでいた住民も存命していた可能性が高いです。

 また、聚楽第があった当時の住民からの伝聞や記録などの情報が聚楽組の住民に伝わり、それらを根拠に聚楽第や大名屋敷にまつわる地名をつけたこそ、前述のように聚楽第にまつわる地名の分布が発掘調査に基づく聚楽第推定範囲と矛盾しないと考えられます。

 

◆聚楽第にまつわる地名の成立と由来の成立時期は?

 聚楽第にまつわる地名の地図での初見は寛永元年(1624)の京都全体の最古の地図「京都図屏風」です。この地図は聚楽第の内堀跡が残っていることで有名で、聚楽第に関する書籍で聚楽第跡付近のトレース図がよく引用されます。現在でも残っている常陸町(木村重茲の通称の常陸介が由来)、小寺町(黒田孝高の旧姓の小寺が由来)、吉野町(豊臣秀長の領地に大和国にある桜の名所の吉野が由来)など大名屋敷由来の地名を見つけることができます。

 聚楽第に関する一部の町名の由来は、江戸時代の地誌や天保14年(1843)の「豊公築所聚楽城址形勝」(明治時代の摸写のみ現存)からわかります。

 しかし、町によっては由来の初出が洛中の全ての町名由来が掲載されている大正5年(1916)の『京都坊目誌』というケースもあります。

 町名成立時期と町名の由来が活字化された時期に大きく隔たりがあり、町名が成立した当初には存在したはずの由来が伝わらず、後世の人が町名の由来を推測したものや由来がわからないということもあります。  

 さらに町名の由来の中には聚楽第がある頃には亡くなっている宇喜多直家が由来の直家町、田村備前守という実在しない人物が由来の田村備前町、当時の史料から由来とする町名とは別の場所にあることが判明している大名など由来が明らかに誤りとわかるものもあります。そのことに関しては聚楽第関連の町名再考で解説しています。

 

 

○図の注意点

 聚楽第にまつわる現存する地名を図にしました。

 同じ由来を持つ町名が複数ある場合はスペースの都合上、片方しか掲載していないこともあります。(例 山里町と下山里町→山里町のみ掲載)

 赤字の地名は聚楽第内にまつわる地名、青字は堀にまつわる町名、緑字は城下町の町地の聚楽町にまつわる地名、紫字は聚楽第周辺の大名屋敷にまつわる町名、橙色はその他の聚楽第にまつわる町名です。

 

 

 

聚楽第にまつわる地名

 聚楽第にまつわる地名の特徴としては、聚楽第の外部から特定が可能なものと庭園にまつわる地名が多いです。

 第内の建物の配置は外部からではわかりにくいです。聚楽第にあった建物は聚楽第破却後に伏見城などに移築、もしくは解体されて再利用されたため聚楽第跡地には残っていない第内の建物の配置に関する地名は残らなかったようです。聚楽第破却は短期間に行われたため、町地化されるまで聚楽第跡に池や庭園の痕跡がある程度残っていたからこそ庭園に関する地名が残ったと考えられます。

 なお、聚楽第にまつわる地名として新白水丸町を掲載するものもあります。新白水丸町は明治に新丸屋町と白水町が合併した町です。智恵光院通中立売上ルに幕末までに存在した本丸町の区域を含みます。本丸町の由来は聚楽第の本丸跡地にあることと考えられますが、幕末に本丸町が幕府御用地として接収されたことで本丸町という町そのものが消滅しました。明治に京都府の施設が建ち、施設廃止後に民有地に戻った時に本丸町があった土地は新白水丸町に編入されました。

 

地名 由来
裏門通  この通りに聚楽第本丸西門があったことが由来です。

 裏門通の西側には本丸西堀があり、本丸西門が本丸と西ノ丸を結ぶルート上にあることから、本丸西門は裏門通の上長者町付近にあると考えられます。

 聚楽第本丸の正門は南門です。本丸正門は後述する日暮通の由来になっています。

 本丸西門は正門ではない門、つまり裏門と江戸時代の人が考え、本丸西門があった通りを裏門通と名付けたようです。 

亀木町  本丸の庭に亀の形をした木製の噴水があったことが由来です。
北之御門町  聚楽第の北外門があったことが由来です。
金馬場町  聚楽第南二ノ丸に馬場があり、天正17年(1589)に豊臣秀吉が公家や諸大名らに黄金を分配した金配りがこの馬場で行われたことが由来です。
黒門通  黒門通下長者町付近に聚楽第の鐵鉄(くろがね)門があったことが由来です。

 聚楽第の東外門に該当する門だと考えられます。

 「聚楽第図屏風」など聚楽第の絵画史料で東外門が描かれていることが多いです。聚楽第行幸行列もこの門を通った(聚楽第行幸コースはこちらのページ参照)と考えられるため、東外門が聚楽第の大手門です。

神明町  聚楽第本丸にあったと伝えられる神明社が由来です。
須浜町  本丸の庭園の池にあった州浜(すはま)が由来です。須浜池町と須浜東町も同じ由来です。
高台院町  この地にあった西ノ丸に秀吉の正室の高台院が住んでいたことが由来です。高台院竪町も同じです。
多門町  聚楽第の石垣の上にある多門櫓が由来です。

 多門櫓は石垣の上に長屋状にある櫓で、石垣を登ってきた敵を迎え撃つための防御施設です。平時は倉庫、または足軽か侍女が住む長屋として使われます。

 聚楽第は秀吉の権威を見せつけるための施設であり、防御より建物としての見栄えや石垣の上のスペースの有効利用という観点から設置されたと考えられます。

長谷町  第内の庭園に山林の風景を作り出すため人工の滝を作り、長谷と称したのが由来です。

 滝といっても自然の滝のように大きなものではなく、庭園にあるちょっとした落差がある滝でしょう。

日暮通  通り沿いに日暮門と呼ばれる門があったことが由来です。

 聚楽第本丸南門である正門は豪華でかつ精巧な装飾が施され、時間が経つことを忘れ、日が暮れるまで眺めてしまうことから日暮門と呼ばれていたようです。

 門は本丸南堀の位置から日暮通の上長者町から下長者町の間ぐらいにあったと考えられます。

南小大門町  聚楽第東外門である鐵門(くろがねもん)があったことが由来です。北小大門町も同じです。

 南小大門町と北小大門町は小大門町という1つの町でしたが、江戸時代中期頃に2つの町に分かれました。

 小大門という言葉はこの町名以外に使われていないと思います。町名成立当初は小(こ)の部分が「こ」もしくは発音が似ている「こう」と読める他の文字(例えば、虎ならば虎大門町、高ならば高大門町)で、その文字の当て字に「小」が使われ定着し、小大門という変わった単語になったのではないかと考えます。

山里町  聚楽第本丸内にある茶室の庭に山里のような山林の風景を再現したことが由来です。下山里町も同じです。

 山里茶亭は気軽に外出できない城主のため、城の中の茶室から庭を眺めて山里の気分を味わうための施設です。

 山科言経の日記『言経卿記』の文禄2年6月8日の項に「殿下へ参了、山里へ渡御了」と山科らが豊臣秀次と聚楽第の山里茶亭へ行った記録があります。 

 

聚楽第の堀にまつわる地名

 堀に関する町名も多いです。聚楽第破却時に堀は完全に埋め立てられず、聚楽第破却から約30年後の寛永元年(1624)頃成立の京都全体の最古の地図「京都図屏風」に内堀がくっきりと描かれていることから、寛永元年頃に内堀が残っていることがわかります。

 寛永14年(1637)成立の「洛中絵図」では聚楽第の内堀のほとんど埋め立てられたようで、内堀があった場所に町屋が建ち並んでいる様子がわかります。寛永元年から寛永14年までに内堀の大半が埋めたてられました。

 堀を埋め立て町地にした時に、住民は堀があったことを示す町名をつけたようです。

町名 由来
下石橋町  聚楽第の堀に架かっていた石橋が由来です。隣接する下石橋南半町も同じです。

 町の位置は北ノ丸東堀沿いですから、この堀に架かっていた橋を指すと考えられます。

 三井記念美術館蔵の「聚楽第図屏風」では聚楽第北ノ丸東堀に該当する個所の橋が描かれていますが、その橋は町名の由来である石橋ではなく土橋です。土橋は堀を横断するための道です。堀を掘り残すか、堀を埋め立てて道を作り、道が崩れないように石垣などで補強し、路面を土で舗装します。

 この辺りに人が住み始めたころには土橋の舗装した部分が埋められ土橋の石垣の部分のみが残り、石橋が架かっていたと誤解してこのような町名になったのかもしれないです。

天秤町  聚楽第の天秤堀が由来です。近隣の西天秤町、東天秤町、天秤丸町、分銅町、秤口町も同一の由来です。

 天秤堀を由来とする町名の分布から、南二ノ丸南堀と南二ノ丸の西側にある外堀(もしくは南二ノ丸の南にある外堀)が左右対称の堀である天秤堀と呼ばれていました。

 江戸時代中頃にも堀跡は現存し、京都町奉行所が元禄8年(1695)に「聚楽天秤堀」(正確な位置は不明ですが、指定前と指定後の地図上の変化から南二ノ丸南堀跡と私は考えています)、寛政10年(1798)に「聚楽天秤堀西」(南二ノ丸の西側にある外堀跡と考えています)を洛中塵捨場(不燃ごみ埋め立て場)に指定し埋め立てました。 

 なお、天秤堀という名称は聚楽第があった当時の記録では確認できないないです。

東堀町  聚楽第本丸東堀があったことが由来です。

 平成3年(1991)に東堀町から一区画北にあるハローワーク西陣の建て替え工事に伴う発掘調査で聚楽第本丸の東堀跡の遺構が検出され、東堀町の由来が正しいと証明されています。

和水町  本丸の池からの水が流れていたことが由来の和泉町通(現在の大宮通の中立売の北から下長者町の間)がありました。

 和泉町通の「泉」が「水」と省略され、和水町という町名になりました。

 和泉町通は明治32年(1899)に一条通の一筋北の横神明通まで延ばされ、大宮通とつながったことにより新大宮通(現在は大宮通)という通り名に変わり、和泉町通という地名はなくなりました。

 

聚楽第城下町の町地の聚楽町にまつわる地名

 聚楽第城下町の町地の聚楽町(背景色を変えている区域)にまつわる地名です。全体図の掲載範囲内にある地名のみ掲載しています。

 聚楽町のページでは聚楽町の全体図を掲載しています。

 

地名 由来
一町目から九町目(東堀川通沿い)  東堀川通沿いにある一町目から九町目という町名は、聚楽町川東組の名残です。東堀川通の中立売から南へ各区画ごとに数字を割り振りました。

 七町目から九町目までは図の掲載範囲外にありますから、載せていません。

一町目(大宮通椹木町下ル)  建仁寺の塔頭の大中院にある海北友松が描いた襖絵を修復時に、襖絵の下貼りの紙が豊臣政権下の京都行政行政に関する文書を再利用したものと判明しました。これらの文書は『大中院文書』と呼ばれ、その中に残っている文禄2年の人別書上に「大宮通二丁目横町」の人別帳があります。

 一町目より1区画南の江戸時代の町名は大宮二町目、一筋北には大宮一町目(現在の一町目)がありました。

 文禄2年当時、大宮通二丁目横町という地名が存在した理由は、聚楽町の範囲の北西角にあたる大宮通椹木町下ルに大宮一町目が存在したと考えられます。

 一町目の由来は大宮椹木町が聚楽町川西組の北西角にあたり、聚楽町の中の大宮通の起点だったことだと考えられます。現在は大宮が省略され、一町目になったようです。

上長者町通  聚楽第があった当時、この通りに両替商など長者(裕福な商人)が住んでいたことが由来です。

 中長者町通、下長者町通も同じ由来です。

 山科言経の日記『言経卿記』によると天正16年4月18日の聚楽第行幸の還幸行列(天皇が行幸先の聚楽第からお住いの禁裏御所へ戻る行列)を山科は「長者町樋口◇(該当する漢字が不明)ニテ見物」とあります。聚楽第があった当時から長者町という地名が成立していたことがわかります。

木屋之町

 木材の保管場所である貯木場があったことが由来です。

 『大中院文書』の天正15年(1587)の軒別間口書上の中に、端裏書が「猪熊通 中御門と春日通の間之町 立町(南北の通り沿いにある町)」、本文には「猪熊通木屋町」とあります。中御門は現在の椹木町通、春日は丸太町通です。猪熊通の椹木町から丸太町間の町名が木屋町ということがわかります。

 現在の木屋之町と同じ場所に聚楽第があった当時に木屋町があることがわかります。町名は一文字増えましたが、ほぼ同じ町名として残っている珍しい例です。ただ、木屋之町の読みは「きやのちょう」ですが、京都全体の最古の地図の「京都図屏風」で木屋之町がある箇所に「こやの町」と記載されていることから、町名の読みは当時のものから変わってしまったようです。 

 木屋というのは材木商や貯木場という意味があります。『大中院文書』の同年の軒別間口書上の本文に「上ハ立売町(現在の下立売通)、下ハ春日町(現在の丸太町通)之間 西ノツラ片町 右、堀河通弐町材木屋事」、同文書の別の場所の軒別間口書上の端裏書と本文に「堀川通西片町春日町大炊御門(大炊御門は現在の竹屋町通)之間材木町」とあり、堀川沿いの下立売から竹屋町には材木屋が多数あったことがわかります。

 木屋之町は材木商が建ち並ぶ堀川より一区画西(木屋之町が面する猪熊通と堀川通の間にある葭屋町通は軒別間口書上提出の3年後に開通です)にあるため、堀川から運ばれてきた材木を保管する貯木場と考えました。材木商の可能性もありますが、材木と関係する町名であることは確実でしょう。

小伝馬町  聚楽第城下に住んでいる諸大名達が国許との物資の輸送をする業者がこの町に集まっていたことが由来です。

 当時は物資の輸送に馬を用い、運送用の馬を伝馬と呼びました。

下立売通   この通り沿いに聚楽第周辺に屋敷を構える武家相手に呉服商が絹巻物を裁逢て売った、もしくは立って売ったのが由来です。

 店を構えているはずなので文字通り立って売っていたのでは不自然です。通り沿いに呉服商が多かったことを立売という地名で表しています。

 下立売通の四筋北にある中立売通りも同じ由来です。

 『大中院文書』の天正15年の軒別間口書上の中の、裏端書に「ほり川通立うりかすか間の二町分立(北)行」(現在の堀川通の下立売と丸太町の間)とあるように現在の下立売通を示す言葉として「立売」とあり、この言葉が当時から存在していることを裏付けます。 

 由来が上中下のセットで扱われる上立売通は聚楽第から距離が離れている都市で惣町の上京にあります。立売の辻(現在の上立売室町)という言葉は聚楽第造営以前からあり、聚楽町とは関係がありません。

 上京の立売通の下(南)に新たに立売通が成立したことから、2つの立売通を区別するため上京の立売が上(北)にあることを示す上立売、聚楽町の立売が下立売という地名になったと考えられます。

紹巴(しょうは)町  聚楽第があった当時、連歌師の里村紹巴が住んでいたことが由来です。彼は当時を代表する連歌師でかつ、源氏物語の注釈本を出す文化人です。公家や豊臣秀吉、豊臣秀次、細川藤孝をはじめ多く人物と交流がありました。 

 ただ、彼は秀吉や秀次の家臣ではないため、秀吉の家臣や諸大名が住む聚楽第の武家地ではなく、町地である聚楽町に住んでいたようです。聚楽町の中で住民が由来の町名は紹巴町のみです。

 江戸時代の地図や地誌には、この地を常羽町、常磐町、戸沢町と記載(平仮名表記も含む)するものもあります。紹巴町と全く別の町名のように思えますが、常羽は紹巴(じょうは)の当て字、常羽は「ときわ」とも読めるため常盤町は常羽を「ときわ」と読み漢字表記に、さらに戸沢町は常盤町などの平仮名表記の「ときわ」を「とざわ」と誤記し漢字表記したものと推測できます。つまり、元は紹巴町です。 

中立売通  通り沿いに聚楽第周辺に屋敷を構える武家相手に呉服商が絹巻物を裁逢て売ったことが由来です。

 上立売と下立売の間にある立売通という意味で中立売通が由来と考えられます。

丸太町通  江戸時代初期に刊行された『京雀』によると丸太町通の堀川沿いに丸太の材木屋が多いことが由来とあります。

 豊臣期の京都行政文書が含まれる『大中院文書』の天正15年(1587)の軒別間口書上の本文に「上ハ立売町(現在の下立売通)、下ハ春日町(現在の丸太町通)之間 西ノツラ片町 右、堀河通弐町材木屋事」とあり、堀川沿いの下立売から丸太町間に材木屋が多数あったことがわかります。

 また、同文書の同じ年の別の場所の軒別間口書上の端裏書と本文に「堀川通西片町春日町大炊御門(大炊御門は現在の竹屋町通)之間材木町」とあり、現在の丸太町から竹屋町の堀川沿いに材木町という町名がありました。

 『大中院文書』から丸太町という地名は確認できませんが、2箇所の軒別間口書上から聚楽第があった当時には丸太町の由来となった材木屋がすでに建ち並んでいたことから聚楽町関連町名に含めました。 

 

大名屋敷にまつわる町名

 屋敷があった大名の姓、通称を由来にした町名が多数つけられました。

 武士の名前は姓と通称、諱(いみな)で構成されています。朝廷から従五位下諸大夫以上に叙任された武家が官位相当の官名を選び、通称として用いることが許されました。通称しての官名のため名乗った官名の職務を行う必要はありません。

 黒田甲斐守長政を例にすると黒田が姓、甲斐守が通称、長政が諱です。当時の武士は高位の人物を除き姓と通称の組み合わせで呼ばれることがほとんどで、彼が甲斐守を通称として用いている間は黒田長政とは呼ばず黒田甲斐守と呼んでいました。諱は日常では使われず世間には広く知られていないため、屋敷を構えていた人物の諱を由来とする町名は聚楽第城下跡地にはありません。

 第内に比べて大名にまつわる町名が多く残ったのは、商いなどで屋敷に出入りしたと思われる聚楽町の住民達の記憶と記録に基づくものと推測できます。

 大名屋敷の配置ならびに解説は聚楽第の城下町の大名屋敷地図で掲載しています。ここでは簡単な解説に留めておきます。

 なお、大名屋敷にまつわる地名として掲載されることが多い田村備前町は、田村備前守という実在しない人物が由来です。田村備前町は田村町と東備前町、西備前町が合併して成立した町です。大名屋敷にまつわる地名ではありませんから図には掲載していません。田村備前町の詳細はこちらに掲載しています。

 

町名 由来の人物
伊勢殿構町  伊勢兵部少輔の屋敷が由来です。北伊勢殿構町も同じ由来です。伊勢姓で兵部少輔を通称として用いている島津家重臣の伊勢貞昌が該当します。

 大名の重臣は主の屋敷内に住んでいるため、2つの町には島津屋敷があったのではないかと推測できます。

一番町から七番町  秀吉が家来の長屋を建てる折に一番から七番まで振り分けたのが由来です。
稲葉町  稲葉氏の屋敷が由来です。
浮田町  宇喜多秀家が由来です。宇喜多は浮田、宇喜田とも表記されます。
甲斐守町  黒田長政の通称の「甲斐守」が由来です。
加賀屋町  多くの本では前田加賀守直茂が由来とされていますが、前田家にはそのような人物はいません。鍋島加賀守直茂の誤りです。鍋島(鍋島は龍造寺の重臣として病弱や幼少の主に変わり領主を代行していた立場のため、厳密には龍造寺)の屋敷はここより南西にあります。

 前田利家の屋敷がここから北東にあるため、ここは前田利長の屋敷としました。詳しくはこちらです。

小寺町  黒田官兵衛の名前で知られている黒田孝高の旧姓「小寺」が由来です。 

 黒田孝高の父が主の小寺政織の養女を妻に迎えると主の命で小寺姓を名乗り、孝高も小寺姓を名乗っていた時期がありました。

 天正6年(1578)に主命で謀反を起こした荒木村重の説得に行った孝高は荒木の居城に約1年間幽閉、その間に主は荒木の謀反に呼応する形で織田を裏切り毛利についたことで織田に滅ぼさます。彼は救出後に織田家重臣の羽柴秀吉に仕えると小寺姓を捨て、先祖代々の黒田姓に戻しました。

左馬松町  加藤嘉明の通称「左馬助(左馬頭とも)」が由来です。
信濃町  鍋島勝茂の通称「信濃守」が由来です。
主計町  加藤清正の通称「主計頭」が由来です。
橘町  通説では由来不明ですが、立花宗茂を由来と推測できます。詳しくはこちらです。
堅富田町  富田一白が由来です。竪というのは町が南北の通りに面していることを示すものです。
田中町  通説では田畑の中にある町が由来ですが、桜井成広氏によると田中吉政の屋敷が由来です。詳しくはこちらです。
弾正町  通説では上杉景勝の通称「弾正大弼」を由来とありますが、『輝元公上洛日記』で上杉の屋敷は長尾町付近にあることがわかっています。

 そのため、浅野長政の通称「弾正少弼」が由来と考えられています。詳しくはこちらです。

丹波屋町  この地に屋敷を構えていた有馬則頼の息の豊氏の領地丹波国福知山か豊臣秀俊(後の小早川秀秋)の領地丹波国亀山城のどちらが由来でしょう。詳しくはこちらです。
中書町  脇坂安治の通称「中務少輔」が由来です。中務少輔は中務省の次官で、中務省の唐名(中国風の呼び方)が中書です。
藤五郎町  長谷川秀一の通称「藤五郎」が由来です。
直家町  通説では宇喜多秀家の父親である宇喜多直家の屋敷とあります。彼は聚楽第完成の6年前に亡くなっていますから、明らかに誤りです。

 江戸中期までは上杉家重臣の直江兼続を由来と推測される直江町でした。詳しくはこちらです。

長尾町

 当時の日記『輝元公上洛日記』に基づけば上杉家屋敷がこの場所になります。

 上杉景勝が長尾家から養子入りしていることから上杉の屋敷があったことが由来です。詳しくはこちらです。

中村町  中村一氏が由来です。
長門町  通説では木村長門守が町名の由来とありますが木村の生年は不明です。『朝日日本歴史人物事典』(編・出版 朝日新聞社)によると享年23歳(数え年)で、享年から逆算すると生年は聚楽第破却された2年前の文禄2年(1593)です。

 文禄4年(1595)時点ではまだ子供です。聚楽第で屋敷があるはずはありません。長門守を通称に使っている伊藤盛景が由来と考えています。

 詳しくはこちらです。

如水町  黒田孝高の号「如水」が由来です。

 由来である彼の号の如水は「じょすい」と読みますが、町名の如水はなぜか「にょすい」と読むことになっています。

飛弾殿町  蒲生氏郷の通称の「飛騨守」が由来です。

 江戸時代までは飛騨殿町でしたが、何らの理由で現在の町名に変わったようです。

常陸町  木村重茲の通称の「常陸介」が由来です。
福島町  福島正則が由来です。
吉野町  この地に屋敷を構えていた豊臣秀長(天正19年に亡くなり、甥の秀保が継ぐ)の領地が大和国にあり、大和国で有名な吉野を由来にしています。

 吉野町の西隣の清元町の江戸初期の町名は桜町でした。桜町は寛永元年(1624)頃成立の「京都図屏風」、吉野町は寛永14年(1637)成立の「洛中絵図」で確認できます。桜町が先に成立したことで、吉野町という町名にしたと考えられます。

 

その他の聚楽第にまつわる町名と地名

 外門や石橋に関する地名が残っています。

町名 由来
鏡石町  聚楽第造営中に鏡のように物が映るような平らな石(鏡石)が発見されたことが由来です。隣接する下鏡石町も同一由来です。
笹屋町通ならびに笹屋町1丁目から5丁目  竹藪を拓いて道と町を作ったことが由来です。

 聚楽第があった当時は笹屋町通沿いにも大名屋敷が建ち並んでいました。由来となった竹藪を聚楽第破却後に誰かが植えたとは考えにくいため、大名屋敷の庭園に植えられていた竹が聚楽第破却後も残っていたと考えます。

聚楽廻  現在は中京区の大字である聚楽廻は江戸時代では山城国葛野郡聚楽村でした。

 現在の聚楽廻の北部は大名屋敷由来町名の長門町と稲葉町に接しています。また、聚楽村に含まれる現在の上京区利生町付近は聚楽第があった当時、武家屋敷があった地区に含まれます。聚楽第の武家地を含んだことから聚楽村という村名にしたと考えられます。

 村の北側は町地化されていた利生町などが明治初年に上京に編入され、南側は明治9年に聚楽廻村に変わります。「聚楽第が聚楽村付近にあった」という誤解を招かないため、村名を聚楽廻と改称したと考えられます。

 その後、明治22年に聚楽廻村が朱雀野村に編入されると聚楽廻は同村の大字となり、大正7年に朱雀野村が下京区に編入に伴い下京区の大字、昭和4年に上京区南部と下京区北部を区域とする中京区が成立すると中京区に編入され中京区の大字として現在に至ります。

土屋町通  通説ではこの通りの由来は不明です。

 土屋町通に、聚楽第跡地で採れる良質の土壁の材料である聚楽土を商う土屋が多かったことが由来という解釈もできると思います。

 竹屋町や米屋町、丸太町通りなど通り沿いか町内に多かった店に屋をつけて地名にしている地名が聚楽第跡地ならびに聚楽町では多いため、土屋町通の由来として十分に考えられます。 

二本松町  聚楽第の大名屋敷に植えられた立派な松の木が二本あったことが由来です。

 通説の由来では聚楽第に植えられたことになっていますが、聚楽第はここから東にあり、二本松町付近には聚楽第城下の大名屋敷があったと考えられるため、由来の二本松は大名屋敷に植えられていたと考えられます。

 由来となった二本松は聚楽第廃城に伴い町内にあった大名屋敷が廃邸になった時に抜かれず、町名が成立した17世紀中頃まで残っていたと考えられます。

 江戸時代に丹羽家が藩主を務めていた陸奥二本松藩があり、二本松町の二本松は二本松藩を指し、町名の由来は聚楽第があった当時の丹羽家の当主である丹羽長重があったことが由来という解釈も可能ですが、可能性としては低いです。詳しくはこちらで解説してます。

東辰巳町  聚楽第本丸の辰巳(南東)の方角にある町が由来です。隣接する西辰巳町も同じです。

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る