「聚楽第」の名称

 

 聚楽第を「じゅらくだい」と日本史の教科書で習った方も多いため、ここ近年のテレビ番組などで聚楽第を「じゅらくてい」と呼んでいることに違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれないです。

 当時の日記では聚楽第を聚楽亭、聚楽第を城と考え聚楽城と記載など表記割れがあります。江戸時代から大正時代の京都の地誌を収録した『新修 京都叢書』の索引によれば聚楽第を意味する言葉が15(同じ漢字でも「じゅらくてい」と「じゅらくのてい」など振り仮名が違うものは別々のものとしてカウントしました)もあり、一般的な名称の聚楽第が本当に正しいのか疑問が生じました。

 このページではなぜ聚楽第を「じゅらくてい」と呼ぶ傾向になってきたのか含め、「聚楽第」の名称に関して考えてみました。

 

〇「聚楽」という言葉の使われ方 

 聚楽第の聚楽は聚楽が正しいですが、当時は当て字が珍しくない時代ですから、聚洛など当て字で書いているものもあります。

 「聚楽」という言葉は大村由己が秀吉の命で書いた『聚楽行幸記』(群書類従に収録されているものはタイトルが『聚楽第行幸記』。引用も群書類従のものを用いてます)の中で「誠に長生不老のたのしびをあつむるものか」とあります。聚楽は「長生不老の楽しみを聚めた」ものという意味です。聚楽第造営以前の文献から聚楽という言葉が見出せないことから、聚楽は秀吉の造語と考えられています。

 多くの城の名称は大坂城や江戸城、二条城など「城の所在地の地名+城」という構成です。聚楽第という名称は「聚楽にある第(邸宅)」という意味です。

 聚楽という言葉の使い方は色々あります。聚楽第を省略した使い方です。

 次に聚楽第と城下町(大名屋敷と町地の聚楽町)を含めた都市の名称として用いられることもあります。そのため、石碑や史料に聚楽と記載されている場合は聚楽第を指すのか、聚楽第と城下町を含めた都市の名称として使われているのか注意しないと意味合いが大きく違ってしまいます。

 晴明神社境内前に千利休居士聚楽屋敷跡という石碑があります。この石碑は建碑場所に千利休が聚楽第の城下町に構えていた屋敷があったことを示すものですが、碑文の聚楽を都市の聚楽ではなく聚楽第と誤って解釈すると「石碑がある付近も聚楽第の曲輪内に含まれ、千利休は聚楽第の曲輪内に屋敷を構えて住んでいた」という事実に反した内容になってしまいます。

 最後に地域の名称です。江戸時代の京都の地図には聚楽と記載されているものもあります。聚楽第は文禄4年(1595)に秀吉の命で破却されていますから、江戸時代には聚楽第は存在しません。西陣織で有名な西陣のように聚楽は地域の名称として用いられています。 

 西陣や聚楽など各地域の範囲は行政区や小学校区のように明確にされていないため、人によって考える地域の範囲は異なります。

 聚楽や西陣など各地域の範囲の目安になるのは大正時代に刊行された『京都坊目誌』です。『京都坊目誌』によると聚楽の範囲は東西は堀川通から千本通、南北は二条通から一条通です。南を二条で区切るのは明治に入るまでの上京と下京の境界が二条通だったからです。 

 聚楽第跡地の中心部の大半が聚楽に含まれていますが、北ノ丸は聚楽の北端の一条通より北にあります。また、一条通より北、堀川より東、千本通より西という聚楽の範囲外の区域にも聚楽第の城下町はあります。

 また、聚楽の南端は二条通ですから二条城の北半分も聚楽に含まれます。聚楽地域には行幸が行われた施設が2つもあります。 

 聚楽は聚楽第、聚楽第と城下町を含めた都市の名称、江戸時代からは地域の名称として使われます。

 

〇消滅の危機を迎えつつある地域名としての聚楽

 地域名としての聚楽は現在では使われることが少なく、消滅の危機を迎えています。

 聚楽の範囲内でも西陣織で全国的な知名度が高い西陣が地域名として使われることが多いです。

 西陣は応仁・文明の乱の西軍の陣があったことが由来です。『京都坊目誌』や京都市考古資料館前にある昭和3年に建碑された西陣の由来を記載している西陣碑によると西陣の南端は一条通です。

 しかし、地域名の西陣は西軍の陣があった一帯という以外に西陣織に従事する人が多い地域という意味で使われることも多いです。この場合の西陣の範囲は本来の由来の西陣の南端の一条通を越えて、聚楽の範囲も含まれてしまうため、聚楽にあるハローワーク西陣や京都府警察本部西陣待機宿舎など行政施設、マンションや店舗名などに西陣という名称が多く使用されています。

 また、近年は二条城(城内の北半分は聚楽に含まれます)の北側の地域を二条城北と呼ぶことが増え、二条城北がマンションや店舗名に使用されています。1997年に統廃合で開校した小学校名に二条城北小学校が校名として採用されるなど地域名として二条城北は定着しつつあります。

 地域名としての聚楽は北から全国区の知名度がある西陣、南からは二条城北に「浸食」されています。さらに京都御所の西の地域を指す御所西を名称に使う施設が聚楽に登場しています。このままでは、地域名としての聚楽は消滅してしまうおそれがあります。聚楽は西陣と同様に歴史的な地域名ですから、残していきたいものです。

 

○「聚楽第」か「聚楽城」か?

 聚楽第は本丸、北ノ丸、南二ノ丸、西ノ丸を有する城郭風邸宅という説明がされています。城なのか邸宅なのかどちらとも解釈できる曖昧な説明が多いです。聚楽第でも聚楽城でも問題はないという解釈なのでしょう。

 聚楽第造営開始時の畿内の全てが秀吉の勢力下で、近江には豊臣秀次、丹波国亀山(現在の亀岡市)には豊臣秀勝を配置するなど京都周辺は豊臣一族や重臣を配置しています。聚楽第で籠城する可能性は限りなく低いです。そのため、聚楽第は贅を尽くした建物で金箔瓦などが多用されているなど見せるための建物です。

 『駒井日記』の文禄3年4月5日に「聚楽堀旭櫻かれ木可被成御伐之由山中山城ヲ以被仰出則爲心ニ申付」とあり、聚楽第の堀沿いの道に桜が植えられていたことがわかります。堀沿いの道に桜があれば見栄えはいいですが、合戦になれば城内から城外にいる敵軍を迎え撃つ場合に敵軍が木を盾代わりに使うことができるため、合戦を想定した城では植えません。聚楽第の防御面はあまり考慮されていないようです。

 しかし、聚楽第は城と分類されているため城郭に関する書籍でも聚楽第が取り上げられています。江戸後期に名倉希言が聚楽第研究をまとめた「豊公築所聚楽城跡形勝」のように後世では「聚楽城」と記載しているものが多いです。むしろ「聚楽第」は少数派です。このことで一般的な呼称である「聚楽第」が正しいのか疑問を持ったきっかけです。

 当時の記録では聚楽第城下町の大名屋敷から聚楽第へ行くことを「登城する」と表記していることから聚楽第を「聚楽城」と認識していたようです。大名屋敷と聚楽第では規模が異なるため、聚楽第を屋敷と位置づけると大名屋敷と同等に扱うことになり、諸大名達は無礼だと考えたのかもしれないです。

 豊臣家の公式記録の『聚楽行幸記』(群書類従に収録されているものはタイトルが『聚楽第行幸記』。引用も群書類従のものを用いてます)の本文に「聚楽第まで十四五町」、行幸2日目に行幸行列に供奉した諸大名が豊臣秀俊(後の小早川秀秋)に提出した起請文に「就聚楽第行幸被仰出之趣」と「聚楽第」と記載しているため、公式名称は聚楽第ということがわかります。

 

○聚楽第の役割と「聚楽城」と命名しなかった理由

 秀吉は多くの城を造営しました。聚楽第だけ城としなかった理由は聚楽第の役割にあります。

 まずは関白の政庁です。秀吉は関白就任後の翌年である天正14年(1586)に聚楽第の造営に取り掛かりました。その5年後に関白職を秀次に譲る時に、聚楽第も譲り渡しました。秀吉の中では関白職と聚楽第はセットであるという位置づけから関白の政庁という役割があったようです。

 秀吉は天正12年(1584)の小牧長久手の戦いで徳川家康に勝利することができず、武力のみの天下統一を断念し、日本古来の権威である朝廷を後ろ盾に天下統一を進めました。秀吉にとって朝廷との良好な関係を保つことが必要でした。

 聚楽第は永享9年(1437)の室町第(花の御所とも。室町第の正門が室町通に面していましたことから、室町時代の由来になっています)行幸以来絶えていた行幸を実現させることで、秀吉の権威を天下を知らしめるための舞台の役割もありました。

 聚楽第では公家達を招いて連歌会、能見物といった芸事の集まり、年賀八朔、観月の会など年中行事を催しました。朝廷との良好な関係を保つため、聚楽第には彼らとの社交場の役割もありました。内野に聚楽第を造営した理由は、内野が応仁の乱以降に荒廃し、人がほとんど住んでいないこともありますが、社交場の役割を果すため禁裏から近い方が好都合という考えもあったでしょう。

 公家達との社交場に「聚楽城」という名称は武家のイメージが強く、ふさわしくないと感じたのでしょう。朝廷は前例を重んじるため「聚楽城」という名称では「城への行幸は前例がない」ことを口実に朝廷が拒む可能性があります。

 

○「聚楽第」と命名した理由

 「聚楽第」と命名の大きな理由として北山第を意識したかもしれません。北山第は室町幕府三代将軍の足利義満が将軍位を退位し、出家した後に改築した御殿です。彼は将軍を退位し、出家後も絶大な権力を持つという実質的な「日本の主」でした。北山第は「日本の主」にふさわしい贅を尽くした御殿でした。

 北山第では天皇の行幸と明使節との謁見が行われ、明から日本国王の位を授かります。北山第周辺には多くの公家や僧侶、武士達が移住し都市が形成されました。北山第は当時の日本の中心でしたが、彼が没後に多くの建物が移築されました。残った建物が現在の鹿苑寺(通称 金閣寺)の前身です。

 聚楽第は行幸の舞台と公家との社交場という役割以外に外交使節との謁見の場として用いられています。秀吉は大部分の諸大名の屋敷を大坂城ではなく、聚楽第周辺に構えさせています。聚楽第は北山第同様に日本の中心でした。秀吉は北山第を意識し、「日本の主にふさわしいものにする」という意思表示として「聚楽第」と命名したと考えられます。

 ちなみに「第」という言葉は「屋敷」の意味もあります。『聚楽第行幸記』に「聚楽と号し里第をかまえ」とあります。「里第」は「宮中や役所に対して公卿が構えた私宅」という意味があり、「聚楽第」と命名することで実質上は城でも、名目上は「関白の屋敷」と位置づけになります。「関白の屋敷」ですから行幸先や公家達との社交場になるのは自然です。

 秀吉の意図を気にする必要がない当時の人々や後世の人々が、聚楽第を「城」と考えて「聚楽城」と書いたと推測できます。「第」という名称を使う建物が少なく、「第」を「やしき」という意味で用いることがあまり知られていないのも「聚楽第」という表記の少なさにつながる原因です。 

 聚楽第が城か邸宅か明確にできないのは、聚楽第という存在が日本史上、特殊な存在であることを示していると考えます。

 

○「聚楽第」の読み方は「じゅらくだい」か「じゅらくてい」か

 

 『現代漢字語辞典五十音引き』(角川書店 編 阿辻啓次 釜谷武志 林原純正)によると「第」は常用音訓では「だい」と読みますが常用以外に「てい」、「やしき」という読みもあります。

  図書館にある辞事典の見出し語を見てまとめたものが下記表です。○印は見出し語、△印は見出し語の次に記載してあるもの、×は見出しには記載なしです。

 ○が「だい」、△が「てい」の書籍の場合は聚楽第(じゅらくだい/じゅらくてい)という見出し語になっています。 

 

書名 だい てい
『広辞苑』(岩波書店 編者 新村出)
『大辞泉』(小学館 監修 松村明)
『日本史事典』(平凡社 同社編)
『日本大百科全書』(小学館)  ×
『日本史歴史辞典』(河出書房 同編集委員会)
『日本歴史大事典』(小学館) ×
『国史大辞典』(同編集委員会 吉川弘文館) ×
『日本国語大辞典 第六巻』(小学館 同編集委員会)
『角川古語大辞典』(角川書店、編者 中村幸彦 他)
『岩波日本史辞典』(岩波書店 監修 永原慶二)
『新編日本史辞典』(東京創元社 京大日本史辞典編纂会) ×

 

 こうしてみると聚楽第に関する表記が「じゅらくだい」と「じゅらくてい」に分かれていることがわかります。専門家の中でも意見が分かれるようです。

 もっとも、「聚楽」を「じゅらく」とさえ読めれば、見出し語がどちらであるか関係なく聚楽第の項目を見つけることができるため特に支障はないです。

 政権内では「聚楽第」と呼んでいましたが、当時の記録では『天正年中聚楽亭両度行幸日次記』のように「聚楽亭」という表記が多いです。

 「第」と「亭」は共に「やしき」という意味があります。「亭」には「てい」という読みがありますが、「だい」という読みはありません。「聚楽第」を「じゅらくてい」と読まなければ「聚楽亭」という当て字が成立しないことから、当時は「じゅらくてい」と呼ばれていたことがわかります。そのため、「じゅらくてい」が正しいです

 

○まとめ

 「聚楽第(当て字で聚楽亭)」=「聚楽城」という共通認識があったからこそ、多少の表記割れがあっても意味は通じ、今まで誰も気にしなかったのが実情でしょう。聚楽第に関する石碑でも2016年7月現在、3基の石碑は「聚楽第」、4基の石碑(うち3基は同一団体による建碑)が「聚楽城」としています。

 本丸、南二ノ丸などの構造と規模から考えれば聚楽第は屋敷ではなく城ですが、聚楽第の役割と命名者である秀吉の意向を尊重すると「聚楽第(じゅらくてい)」が正しいと考えます。

 現在の多くの人が聚楽第を「じゅらくだい」と読む理由は、「第」に「てい」という読み方があることを知らないことが理由です。「第」の読み方の中で「てい」は常用音訓でなく、「第」を「てい」と読む機会は少ないです。

 PCの漢字変換でも「じゅらくだい」なら一発で変換できますが、「じゅらくてい」はユーザー辞書に登録しないと無理です。

 「剣客」を「けんかく」と「けんきゃく」、「世論」を「よろん」と「せろん」と読んでもどちらでも通じるように、聚楽第を「じゅらくだい」と読んでも何ら問題はないですが、厳密に言えば「じゅらくてい」が正しいです。

 当ページの影響があったのかは定かではないですが、本来の読み方が「じゅらくてい」であることが認知度が高まり、NHKの大河ドラマなどここ最近のテレビ番組では聚楽第を「じゅらくてい」と読むことが増えています。正しい読みが広がることはうれしいですが、聚楽第の読みを「じゅらくだい」で習った人も多く、一般的に第を「てい」とは読まないため「じゅらくてい」と読んでいることに違和感を感じる人も多いと思います。

「かつては聚楽第をじゅらくだいと読んでいましたが、最近の研究の結果、じゅらくていと読むのが正しいと考えられています」など視聴者に対して聚楽第の読みに関して説明がある方が親切です。

 また、聚楽第の読みを記載する場合は聚楽第(じゅらくてい/じゅらくだい)というように併記する方がわかりやすいと思います。

 ただ、名称問題を調べる以前は聚楽第を「じゅらくだい」と読んでいただけに、話す時には無意識で「じゅらくだい」と言ってしまうことが多く、困ったものです。

 

 

 聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る