聚楽第観光案内

 

 聚楽第の観光案内です。このページでは聚楽第と城下の大名屋敷に関する石碑と遺構の場所を紹介します。

 聚楽第の建物そのものはないため、聚楽第跡地には全く何もないと思いがちですが、実際に歩いてみると聚楽第と大名屋敷があったことを示す石碑や地名、堀跡を避けるように造られた道路といった聚楽第の「痕跡」などがありますす。(判明している大名屋敷の配置は聚楽第城下町の大名屋敷地図、聚楽第と大名屋敷に関する地名は聚楽第にまつわる地名、聚楽第の痕跡は聚楽第の「痕跡」探しのページをご覧ください)

 現地を歩かれると聚楽第の大きさが実感でき、感慨深いものがあると思います。

 地名や諸史料などから聚楽第城下での屋敷の場所が特定できる大名の中でも、徳川家康のような有名な大名ですら現地にそのことを示すものがないのが現状です。

 このページの観光案内図の掲載ならびに聚楽第ウォークの実施により、多くの方に聚楽第跡地を歩いていただくことで聚楽第について関心を持ってもらい、観光資源や歴史遺産として活用する機運が高まることを願っています。 

 

○周られる時の注意

 

 聚楽第跡地周辺は一方通行の狭い道が多く、自転車や自動車で周るには不便です。徒歩で周られることをおすすめします。

 地元の方でも聚楽第があったことすらご存知ではない方も多く、当ページで紹介している石碑などをご存知の方は少ないです。現地では当サイトで掲載してあるようなマップならびに、石碑などへの位置を示す案内板等はありません。 

 現地で迷われると目的地までたどり着くのは困難です。このページなどで目的の場所を確認されるなど、事前の準備をしっかりされてから現地へ行くことをお勧めします。

 なお、京都市考古資料館では来館者の方を対象に、1回の来館で4マップまで無料で配布されている京都歴史散策マップの40コースの中に聚楽第が含まれています。先着順ですから無くなり次第配布は終了です。聚楽第跡地周辺で常時入手できる唯一の聚楽第散策のマップです。

 京都市考古資料館2階の常設展では聚楽第城下の大名屋敷跡地で出土した金箔瓦が展示されています。こちらもおすすめです。

 また、京都市考古資料館は京都市が4月1日に発行した京都市文化財ブックス第31集『天下人の城』の販売場所の1つです。この書籍は京都市内に築かれた天下人の城の最新の発掘調査の成果を紹介するものです。花の御所(室町殿)や聚楽第、二条城など有名な城だけでなく、本能寺城、妙顕寺城や京都新城など城郭に関する書籍ではあまり取り上げられないような城も取り上げられています。歴史やお城、考古学が好きな方にはおすすめの一冊です。もちろん、聚楽第に関する最新の調査結果も掲載されています。

 京都市考古資料館の入館料は無料、開館時間は午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)、休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日か振替休日の場合は翌日)と年末年始です。 

 

聚楽第ウォークのお知らせ

 

 聚楽第についてより多くの人に関心を持っていただくため、当HPで紹介している箇所を中心に歩く聚楽第ウォークを土日祝限定ですが、希望される方がいらっしゃる時に随時開催いたします。

 コース1「聚楽第跡めぐり」はご覧のページで紹介している聚楽第址や黒田如水邸跡など聚楽第と城下の大名屋敷に関する石碑や外堀による落ち込みなどを歩きます。

 コース2「聚楽第行幸と聚楽第跡めぐり」は、天正16年の聚楽第行幸のコースとご覧のページで紹介している聚楽第址や黒田如水邸跡など聚楽第と城下の大名屋敷に関する石碑や外堀による落ち込みなどを歩きます。 

 聚楽第ウォークの詳細はこちらのページをご覧ください。 

 みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

 

 なお、先日に開催を告知した5月14日の聚楽第ウォークは参加者のご都合により中止になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 各地点の記号は上記の図上に表示するために便宜的につけたものです。記号順にこだわらず、興味があるものや、御都合に合わせてご自由にお周りください。

 図の中の人名は聚楽第城下町に屋敷を構えていた大名の中で、諸史料や地名から屋敷の位置がわかる大名です。スペースの都合上、判明している大名の中で、主要な大名のみ掲載しています。それ以外の大名の屋敷の位置や根拠など詳細を知りたい方は聚楽第城下町の大名屋敷地図をご覧ください。

 

各地点の一言解説

 

 各地点の個別の解説は、この表の下部にあります。 

 

名称  一言解説
A 村雲御所跡の碑  聚楽第の2代目の主の豊臣秀次の菩提寺の瑞龍寺(村雲御所)があったことを示す石碑。
B 千利休居士聚楽屋敷跡の碑   千利休の聚楽第城下の屋敷があったことを示す石碑。
C 諸侯屋敷・一条下り松遺跡の碑  聚楽第城下の大名屋敷が建ち並んでいたことと、宮本武蔵が吉岡一門と決闘した一条下がり松があったことを示す石碑。
D 聚楽城武家地上杉景勝屋敷跡の碑   上杉景勝の聚楽第城下の屋敷があったことを示す石碑。異説あり。
E 黒田如水邸跡の碑   黒田如水の聚楽第城下の屋敷があったことを示す石碑。石碑がある如水町は彼の屋敷があったことが由来。
F 中立売橋(堀川第一橋)   聚楽第があった当時の中立売橋は、行幸行列が通行するなど重要な橋。
G 聚楽第址の石碑(大宮通)  聚楽第があったことを示す石碑。通りを挟んで南にあるハローワーク西陣での発掘調査で聚楽第本丸東堀の遺構と大量の金箔瓦(重要文化財)が検出された。
H 梅雨の井  秀吉が茶の湯の水に使ったという伝承がある井戸。最新の研究では井戸がある位置は堀の中。
I 聚楽第本丸南堀石垣出土地  聚楽第本丸南堀の石垣出土地。
J 聚楽城鵲(かささぎ)橋旧跡の碑  聚楽第の堀に架かっていたという伝承がある鵲橋があったことを示す石碑。
K 此南聚楽城武家地直江兼続推定地の道標   この南に聚楽第城下の直江兼続の屋敷があったという道しるべ。異説あり。
L 聚楽第南外濠跡の碑  聚楽第南外堀があったことを示す石碑。石碑がある松林寺付近の落ち込みは外堀によるもの。
M 木村長門守重成公旧館地の碑    木村重成の屋敷があったことを示す石碑。異説あり。
N 聚楽城武家地豊臣秀勝邸跡伝承地の碑  豊臣秀吉の甥の秀勝の屋敷があったことを示す石碑。異説あり。
O 聚楽第外堀跡の落ち込み  この地点の傾斜がきつい坂道は聚楽第の外堀による落ち込みによるもの。
P 此附近聚楽第址の石碑(裏門通)  石碑がある付近に聚楽第があったことを示す石碑。
Q 聚楽第北ノ丸北堀跡石垣  聚楽第北ノ丸北堀跡の基礎部分を利用して作られた石垣。通常、非公開。

 

 

 

 

A 村雲御所跡の碑

 

 

 村雲御所と呼ばれていた豊臣秀次の菩提寺の瑞龍寺があったことを示す石碑です。

 文禄4年(1595)7月に秀吉の命で切腹した秀次の菩提を弔うため、秀次の母親で秀吉の姉の瑞龍院日秀が建立しました。その後、後陽成天皇から瑞龍寺という寺号と寺領千石を賜りました。

 幕府は寛永2年(1625)の徳川家光の上洛を機に寺に寺領500石を寄進し、改築前の二条城の客殿を寺に移築しました。

 瑞龍寺が村雲と呼ばれる地域にあり、寛永2年に日秀が亡くなると幕府の命で貫首(かんじゅ。一般的な寺の住職に相当)を宮家か摂家の娘が務めるという尼門跡寺院になったことから、瑞龍寺は村雲にある御所(高貴な人が住まわれる邸宅)という意味で村雲御所と呼ばれるようになりました。

 村雲御所は昭和38年(1963)に秀次が築城した近江八幡城があった八幡山の山頂に移りました。村雲御所の跡地には西陣織会館と西陣産業会館が建ち、西陣織会館の玄関前に村雲御所があったことを示す石碑が建立されました。

 

 

 千利休居士聚楽屋敷跡の碑

 

 平安時代の有名な陰陽師の安倍晴明を祭る晴明神社の葭屋町(よしやまち)通側の境内入口南側に建てられた石碑です。

 碑文にある「聚楽屋敷跡」の「聚楽」は聚楽第ではなく、聚楽第、大名屋敷街と町地の聚楽町という城下町を含めた都市の聚楽を意味します。けっして千利休の屋敷が聚楽第の曲輪内にあるわけではありませんので、誤解されないようにお願いします。

 右の写真は千利休が茶の湯の水として使ったという伝承がある晴明井です。

 元禄4年(1691)刊行の『茶道要録』に記載されている千利休の聚楽第の屋敷の場所が「葭屋町通元誓願寺下ル町」という記述に基づき、平成16年(2004)に建立されました。

 ただ、葭屋町通は天正18年(1590)の天正の地割により開通した通りの1つです。聚楽第造営は天正14年(1586)から始まり、秀吉が聚楽第に移住したのはその翌年です。葭屋町通が開通した天正18年時点では、石碑がある付近は大名屋敷が建ち並んでいたと考えられます。大名屋敷の敷地内に新たな通りを開通させるとは考えられないため、石碑がある辺りまで葭屋町通が延びたのは聚楽第破却後と考えれます。

 そのため、何らかの史料に掲載されている千利休屋敷の位置を刊行当時の地名に置き換えて記載したと考えられます。この記述の基となった史料がいつの時代のものであるのか、その史料にある屋敷の位置を正確に刊行当時の地名に置き換えて記載されているかという点は要注意です。

 もっとも、江戸時代初期成立の『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」では彼の屋敷を石碑がある区画から2区画西、江戸時代後期の『豊公築所聚楽城址形勝』は1区画西にあるとしています。3つの史料では千屋敷がある区画は少し異なりますが、この付近に千利休の屋敷があった点は一致しています。

 

 

諸侯屋敷・一条下り松遺跡

 

 

 一条通堀川の交差点から一条戻橋を渡り、東堀川通を一筋東へ行くと地元では小町通と呼ばれている通りがあります。小町通一条の交差点の北東角の川端板金塗装専門工場の西隣の駐車場の中にあります。石碑の高さが低く、駐車場の囲いで隠れているため見つけにくいです。

 小町通を挟んで西側に、右の写真の「小野小町双紙洗水遺跡」という石碑が小町通にあります。これを目印にすると見つけやすいです。

 加藤清正の通称の主計頭(かずえのかみ)が由来の主計町(しゅけいちょう)が東堀川通一条下ルにあるように、石碑がある辺りは聚楽第があった当時は大名屋敷街でした。(詳しくは聚楽第城下町の大名屋敷地図の周辺地区をご覧ください)

 宮本武蔵と吉岡一門の決闘の場である一条下り松はこの地であるという伝承から碑文に「一条下り松遺跡」とあります。この石碑の南には一条下り松があったことが由来と思われる松之下町があります。

 宮本武蔵と吉岡一門の決闘の場である一条下り松はこの石碑がある場所以外に北野七本松(現在の一条通七本松付近)、一乗寺下がり松という伝承があります。

 

 

 聚楽城武家地 上杉景勝屋敷跡の碑

 

 

 

 2009年放送のNHK大河ドラマ『天地人』の放送を機に、同年4月に『天地人』の主人公の直江兼続が仕える上杉景勝の聚楽第城下の屋敷跡の碑が建碑されました。 

 弾正町の由来である上杉景勝の通称の弾正大弼(だんじょうだいひつ)を根拠に建碑されました。

 聚楽第があった当時の史料である『輝元公上洛日記』の記述、地名などから導き出される上杉屋敷はこの石碑から約1キロほど南にあることがわかり、この石碑を建碑したNPO法人京都歴史地理同考会さんがその場所にも建碑されています。

 三井記念美術館蔵の「聚楽第図屏風」では蒲生屋敷の北隣に浅野屋敷が描かれています。蒲生氏郷の通称の飛騨守を由来とする飛弾殿町(江戸時代までは飛騨殿町)が弾正町の南隣にあります。それらのことから、弾正町の由来になった人物は上杉ではなく、弾正少弼を通称に用いていた浅野長政と考えられます。

 詳細に関してはこちらで詳しく解説しています。

 

 

 

 黒田如水邸跡の石碑

 

 

 2014年放送のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公の黒田官兵衛こと黒田孝高(よしたか)の聚楽第城下の屋敷があったことを示す石碑です。

 石碑がある如水(にょすい)町は聚楽第があった当時、この地に屋敷を構えていた彼の号の「如水(じょすい)」、南隣の「小寺町」は彼の旧姓「小寺」が由来です。

 黒田孝高の祖父が播磨の大名の小寺政織に仕え、彼の父が小寺家の養女を妻に迎えると主の命令で黒田家は小寺姓を名乗りました。彼の功績で織田と毛利という二大勢力に挟まれた小寺ら播磨の大名達は織田信長の傘下に入りましたが、小寺家が織田に背いて滅亡すると黒田家は織田家重臣の羽柴秀吉に仕え、小寺姓から先祖代々の黒田姓に戻しました。

 石碑がある如水町周辺には浅野長政の通称の弾正少弼を由来とする弾正町、蒲生氏郷の通称の飛騨守を由来する飛弾殿町など屋敷を構えていた大名を由来とする町名があります。如水町周辺の町名由来となっている大名の配置から、周辺には秀吉の家臣と元々は織田信長の家臣で秀吉に仕えている大名の屋敷があると考えられます。

 現在は写真にある石碑の横の木の背丈が伸び、石碑のすぐそば(写真の右側)に電柱があるため、知らないうちに石碑を通り過ぎてしまう可能性が高いです。石碑は一条通猪熊の交差点から西へ進んだ南側の一本目の電柱の傍にあります。電柱を目印に探してみてください。

 

 

中立売橋(堀川第一橋)

 

 

 観光地として有名な一条戻橋から一筋南にある橋です。一条戻橋に比べると知名度は低い中立売橋(堀川第一橋)ですが、一条戻橋などに匹敵するぐらいの歴史的な場所で、この橋そのものも文化財としての価値があります。

 聚楽第があった頃の正親町小路(現在の中立売通)の堀川から東(写真の左方向)は聚楽第と禁裏御所を結ぶ幹線道路で、当時の中立売橋は交通の要所でした。天正16年(1588)の聚楽第行幸の行列はこの橋を渡り聚楽第へ向かったと考えられます。(行幸のコースに関してはこちらのページ参照)

 当時の中立売橋は聚楽大橋とも呼ばれ、天正19年に武家地が堀川より西に拡張される以前は聚楽第城下町の武家地と町地の境界線上にあり、聚楽第への玄関口に相応しい立派な橋だったと推測できます。

 また、江戸時代の中立売橋は公儀が管理する公儀橋でした。将軍が二条城から禁裏御所へ参内する時や元和6年(1620)の二代将軍徳川秀忠の娘の和子の入内(天皇へ嫁ぐ)の行列が二条城から禁裏御所へ向かう時、寛永3年(1626)の二条城行幸でも行幸行列が中立売橋を渡ったと考えられます。

 『扶桑京華志(ふそうけいかし)』によると和子の入内の時に戻橋から萬年橋と名称が改められました。入内の行列が渡る橋の名称が戻橋では、「戻る」が離縁を連想させる縁起が悪いものであるため、「夫婦が末永く続く」という入内の行列が渡るには縁起がよい萬年橋と改められたと推測できます。この頃までは戻橋が中立売橋だったことがわかります。

 そのため、秀吉の命で千利休の木像が磔にされた戻橋も一条戻橋ではなく中立売橋です。桃山時代から寛永年間までの中立売橋は豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光ら多数の主要な人物達が渡っていると考えられます。(中立売橋が戻橋だったということはこちらのページで詳しく紹介しています) 

 公儀橋である中立売橋の重要性は明治時代にも引き継がれ、明治6年(1873)に京都府は中立売橋を西洋式の石橋に架け替え、堀川第一橋(ほりかわだいいちきょう)と名称を改めました。架設当時の京都の人々は西洋の技術が用いられた堀川第一橋を見て、驚きと同時に明治時代という新しい時代の到来を感じたことは容易に想像できます。なお、現在の堀川第一橋は大正2年(1913)に改修されたものです。

 堀川第一橋は社団法人土木学会土木史研究委員会選定の日本の近代土木遺産(改訂版) 現存する重要な土木構造物2800選(別ウインドウで開きます。2005年に同名の書籍が出版され、HP上では刊行以降に変更があったものに限定して公開されています)に選ばれ、2006年に国指定文化財クラスに相当するAランクという高い評価を受けています。

 また、京都市は堀川第一橋を平成29年3月31日付で京都市指定有形文化財に指定しました。

 観光地としての知名度は低いですが、このページで掲載することを機にこの橋の歴史的な背景や文化財としての価値が注目されることを願っています。

 

 

聚楽第址の石碑

 

 

 2009年5月に建立された石碑です。左側(南側)の写真の碑文は「聚楽第址」、右側(東側)の写真の碑文は「此付近 大内裏及聚楽第東濠跡」です。

 石碑がある場所は聚楽第東堀跡の中です。石碑が面する南北の通りの大宮通の一条から下長者町間は聚楽第本丸東堀の南北とほぼ一致します。

 この石碑がある通りを挟んで南側にあるハローワーク西陣(京都西陣職業安定所)は1991年に建替工事に伴う発掘調査が行われ、深さ8.4m幅40mと推定される聚楽第本丸東堀跡が検出され、約600点の金箔瓦が出土しました。

 ハローワーク西陣での発掘調査で桃山時代の金箔瓦と堀跡の遺構がセットで検出されたことにより、見つかった堀跡が聚楽第のものと判明しました。聚楽第の堀跡と確認できる遺構が初めて検出されたことで考古学の分野で聚楽第の存在が証明されました。

 そのことで、平安京大内裏(聚楽第は大内裏跡の北東部分に建てられました)跡の発掘調査で検出された謎の堀跡が聚楽第の堀跡ということがわかり、聚楽第研究が一気に進み、考古学の観点から聚楽第の内堀と外堀の位置を提示することができるようになりました。 

 また、ハローワーク西陣での発掘調査で出土した金箔瓦は、1992年に京都府警110番指令センター建設に伴う発掘調査で出土した大量の金箔瓦と一括して2002年に重要文化財に指定されました。 

 当HPをご覧になった建碑者の方からメールでご連絡を頂き、直接お会いしたり、メールで情報交換をしています。建碑者の方は聚楽第東堀跡の遺構が発見されたハローワーク西陣にそのことを示すものがなく、広く知ってもらうため自宅改築を機に敷地内に石碑を建立されました。

 豊臣秀吉は平安京大内裏があり、戦乱で荒廃し内野(うちの)と呼ばれていた地域の北東に聚楽第を造営しました。秀吉は大内裏を意識し聚楽第の二代目の主である豊臣秀次が文禄3年(1594)に増築したと考えられる北ノ丸以外の聚楽第の曲輪は平安京大内裏に収まるようにしました。

 この石碑から約260m西にある裏門通にある此附近聚楽第址の石碑までの距離が聚楽第本丸の東西の長さとほぼ一致します。ここから此附近聚楽第址の石碑まで歩いてみると本丸の東西の広さが実感できます。

 

 

 梅雨の井

 

 松屋町通下長者町上ル東入ルの路地の奥に「豊臣秀吉が茶の湯の折に愛用した名水」という伝承がある梅雨の井があります。長年、聚楽第の現存する唯一の遺構として扱われたことで知名度が高く、多くの人が訪れました。 

 井戸がある路地の発掘調査は行われていませんが、森島康雄氏や馬瀬智光氏など発掘調査に基づく聚楽第城郭推測範囲では、この井戸は本丸南堀の中に含まれています。聚楽第の堀の中に聚楽第本丸の井戸があることは明らかに矛盾するため、多くの出版物から梅雨の井の記述がなくなりました。

 また、聚楽第があった当時の記録に梅雨の井に関する記述はなく、この井戸がいつの時代に掘られた井戸かという鑑定は行われていません。

 残念ながら梅雨の井が聚楽第の遺構である可能性は極めて低いです。

 

 

I 聚楽第本丸南堀石垣出土地

 

 

 

 2012年に行われた上京区智恵光院通上長者町南東角の京都府警察本部西陣待機宿舎建て替え工事に伴う発掘調査で東西約32m、高さ約2.3mの石垣が見つかりました。

 聚楽第の石垣の石が見つかったのは、北ノ丸北堀跡石垣の項で掲載している石垣の写真を撮ったマンションで見つかった北ノ丸北堀の底石に次いで2例目です。石垣は宿舎の地下に保存されています。

 写真のパネルは、聚楽第の石垣がこの場所で見つかったことを知ってもらうために2014年5月に京都府警察本部が宿舎の智恵光院通側に設置されました。

 石垣が宿舎の敷地の南端で出土したため、パネルの設置敷地は出土した地点を意識し、敷地の南西隅に設置されています。

 

 

 

 上の石垣の写真は2012年12月24日に京都府埋蔵文化財調査センターが実施した現地説明会で撮影したものです。写っている範囲は石垣の一部です。

 

 

 聚楽城鵲(かささぎ)橋旧跡の碑

 

 

 松屋町通出水上ル東側の松永稲荷にある石碑がこの石碑です。文字がかすれ碑文が読みにくいですが、写真の矢印で指しているものが石碑です。碑文は「聚楽城鵲橋旧跡」です。左隣の常夜灯を目印に探してください。

 この石碑がある場所に「聚楽第の堀に架かっていた橋」という伝承がある鵲橋がありました。『聚楽第と周辺ガイド』(編 京都市考古資料館 じゅらくだい倶楽部)によると、昭和36年(1961)でこの辺りで行われた下水道工事の時に石の欄干と擬宝珠が地中から出土したとあり、伝承にある鵲橋が実際に存在したようです。鵲橋は庭園の池にあるような小さな石橋のことです。

 幕末から終戦までの秀吉人気と、石碑がある場所の町名の南清水町が「豊臣秀吉が茶の湯の折に愛用した名水」という伝承がある梅雨の井を由来とする清水町(明治2年に東隣の東堀町と合併)から一区画南にあることが由来のため、梅雨の井の伝承が成立した影響により、鵲橋が「聚楽第の堀に架かる橋」と聚楽第と関連付けた伝承されたと考えます。

 

松永稲荷と隣接する民家の間にある小川跡

 

 明治17年度(1884)にまでに完成した『上京区地籍図』(「京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブ」のHP内で公開されている行政文書の中に含まれているため、ネットから閲覧可能です)の松永稲荷がある南清水町の地籍図を見ると、南清水町は南隣の西天秤町との境界線上に松屋町通を東西に流れる小川があります。松永稲荷と南隣の民家の間には上の写真のように幅約1mほどのスペースが東(写真の奥)へ延びており、これが鵲橋が架かっていた小川跡のようです。同様のスペースは松屋町通を挟んで西側にもあります。

 『聚楽第と周辺ガイド』では、地元の方から提供された昭和33年当時の小川の写真が掲載されているため、戦後しばらくは小川はあったようですが、昭和7年(1932)にこの石碑が建碑されていることから、鵲橋は建碑された昭和7年以前に小川の松屋町通を横切る部分は通行の妨げにならないように暗渠化されたことに伴い撤去されたようです。この小川に関してはこちらのページで検証しています。

 『果樹園芸大百科3 ブドウ』(農文協編 農山漁村文化協会)では聚楽葡萄を明治維新以前の日本の有名な葡萄の品種として紹介しています。『京都市町名変遷史2巻 西陣周辺』では文政8年(1825)にこの石碑がある南清水町の葡萄栽培を請け負う証文を引用し、この地で葡萄栽培を行われたことを紹介しています。

 江戸初期から京都は葡萄の産地として有名で、洛中では大宮葡萄、洛外では嵯峨葡萄が栽培されていました。江戸時代の京都の地誌には聚楽葡萄、『果樹園芸大百科3 ブドウ』では大宮葡萄と嵯峨葡萄が掲載されていないことから、幕末から明治に起こった秀吉ブームにあやかり、どちらかの品種名を聚楽葡萄と改称したと推測できます。聚楽葡萄の由来は聚楽第跡地で栽培されていたことと考えられるため、石碑がある付近が聚楽葡萄の発祥の地かもしれません。

 

 

 

K  此南聚楽城武家地 直江兼続屋敷跡推定地の道標

 

 

 

 2009年NHK大河ドラマ『天地人』の放送を機に、主人公の直江兼続と直江の主君の上杉景勝の屋敷の位置を示す石碑が同年5月に建碑されました。

 聚楽第があった当時の記録である『輝元公上洛日記』の記述から上杉景勝の屋敷は石碑がある通りを挟んで北側にあることが確実です。石碑の北東にある長尾町は上杉景勝の実家である長尾を由来と推測できます。そのため、石碑の西面(右側の写真)に「此北 聚楽城 武家地 上杉景勝屋敷跡推定地」とあります。

 「此南 聚楽城 武家地 直江景勝屋敷跡推定地」とあるのは、この石碑の南にある直家町は江戸時代初期は直江町で、直江町の由来が直江兼続の屋敷があったことであるということが根拠です。直家町に関してはこちらで詳しく解説しています。

 「直江が秀吉の推挙により朝廷から官位と豊臣姓を授かっているという特別待遇を受けていたから、直江は主とは別に秀吉から賜わった土地で屋敷を構えた」という考え方があるようですが、『輝元公上洛日記』によると毛利輝元の親族と重臣達も秀吉の推挙で朝廷から官位と豊臣姓を授かっているため、直江への待遇は特別なものではなく大大名の重臣としての待遇を受けただけです。

 現時点では、陪臣(大名の家臣や旗本の家臣)が秀吉から屋敷用地を賜ったと確認できる例はありません。中村一氏ら秀次の附家老達は屋敷を構えていますが、彼らは秀吉の直臣であり秀吉の命で秀次を補佐するために派遣されています。

 また、諸史料から直家町は聚楽第があった当時は武家地ではなく、聚楽第城下町の町地である聚楽町に含まれている可能性が高いです。直江が秀吉から町地に土地を賜ったということはないです。

 秀吉から賜った屋敷用地だけでは上杉屋敷内に家来の居住スペースが確保できないなど何らかの事情で直江が現在の直家町に土地を借りて屋敷を構えるということはありえたと考えます。そのことが直江町の由来と解釈します。もっとも、直江が現在の直家町に構えた屋敷は上杉が秀吉から賜った平安京の条坊制の約1区画を占めるような広い土地ではなく、町民の家に比べると広い程度の広さと推測します。

 

 

L 聚楽第南外濠跡の碑

 

 

 石碑がある松林寺は境内の落ち込み(左側の写真)が聚楽第の遺構としてよく紹介される場所です。門前から境内まで約1.5メートル落ち込んでいます。一般的な寺院が「○○山」という山号があるように境内を進むにつれて高くなっていく構造の中、松林寺は門前が境内より高いです。

 古くから聚楽第の堀跡による落ち込みと伝承され、『西陣を語る第三話 聚楽城』(著 田中緑紅 京を語る会)によると昭和5年5月に京都市が「聚楽邸遺址 聚楽邸南方濠池跡」として史蹟指定し、駒札を設置したようです。札は現存していないです。

 1997年の本堂再建工事に伴う試掘調査により、外堀を埋めるために使われたと推測される土が出土し、伝承が正しいことが証明されました。2007年5月に堀跡があったことを示す石碑が建立されました。

  

 

M 木村長門守重成公旧館地の碑

 

 

 千本下立売の交差点から下立売通を西へ約200mほど行った先の北側にある弘誓寺の門の東側の囲いに石碑がひっそりとあります。

 この石碑がある長門町は聚楽第があった頃、この地に屋敷を構えていた木村重成(しげなり)の通称「長門守」が由来とされています。

 彼は聚楽第破却された文禄4年(1595)の19年後の慶長19年(1614)の大坂冬の陣で豊臣側の講和交渉の使者を務め、翌年の大坂夏の陣では激戦の末、戦死しました。 

 彼の生年は不明ですが、『朝日日本歴史人物事典』(編・出版 朝日新聞社)によると享年23歳です。享年から逆算すると生年は聚楽第破却される2年前の文禄2年(1593)です。幼児の彼が聚楽第城下で屋敷を構えているはずがありません。長門守を通称に用いたのも秀頼の頃です。

 長門を領している毛利輝元の屋敷は、当時の史料である『輝元公上洛日記』からこの石碑の約800mほど東にあることが判明しているため長門町と毛利は無関係です。

 この町に長門守を通称に用いた人物の屋敷があったことを由来として長門町という町名がつけられましたが、江戸時代に大坂の陣や木村を題材とした小説、講談などの影響で木村の知名度が高まり、由来の人物が木村に変えられたようです。

 「聚楽第がある当時、長門守を通称に用いた大名の屋敷があった」という長門町の由来を尊重し、条件に一致する大名を探してみると伊藤盛景が該当します。詳しくはこちらで解説しています。

 

 

 聚楽城武家地豊臣秀勝邸跡伝承地

 

 

 

 2011年のNHK大河ドラマ『江〜姫達の戦国〜』を放送を機に、同年9月に主人公の江の2番目の夫である豊臣秀勝の屋敷跡の伝承地を示す石碑が建立されました。江は結婚後、秀勝の屋敷に住んでいました。

 解説板には石碑の解説文の他に三井記念美術館蔵の『聚楽第図屏風』や江戸時代初期に広島藩浅野家によって作成された『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」の一部が掲載されています。 

 建碑した団体によると『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」に丹波少将(豊臣秀勝のこと。彼が丹波国亀山城主と官職を合わせた呼称)と記載されている場所は建碑場所になります。

 建碑場所の敷地は1974年と翌年に平安博物館により発掘調査が行われ、建碑場所の敷地の西端から東へ約35m付近の調査地点で人工的に掘られた深さ5m以上の何かの痕跡が見つかりました。聚楽第研究が進んだ現在では、この痕跡は東西に延びる外堀の西端の肩口であると考えられています。

 森島康雄氏の「聚楽第と城下町」(『豊臣秀吉と京都/聚楽第・御土居・伏見城』編 日本史研究会 文理閣)に掲載されているの「第二図 聚楽第跡考定図」に基づくと建碑場所の建物の敷地の東半分から東へ延びる外堀、敷地が面する土屋町通の西側には南北の外堀、建碑場所の北隣には2つの外堀につながる東西の外堀があり、建碑場所は三方を外堀に囲まれています。森島説に基づけば建碑場所の周りは外堀に囲まれているため、建碑場所は大名屋敷ではなく外堀の中の可能性が高いです。

 秀勝屋敷の位置に関する史料は「山城聚楽」のみです。「山城聚楽」で彼の屋敷の南隣にある豊臣秀次屋敷(彼が三好家に養子入りしていた時の名乗りの三好孫七郎と記載)は『天正年中両度聚楽亭行幸日次記』の中で天正16年(1588)の行幸行列が「近江中納言(当時の秀次の領地の近江半国と当時の官職の権中納言を合わせた呼称)ノ門ノ東ヨリ下馬」とあります。「山城聚楽」や絵画史料などから南二ノ丸から聚楽第の外へ通じる門は西門のみです。これらの史料と行幸推定コースを併せてみると、行幸行列は秀次屋敷の門の東にある南二ノ丸西門手前で下馬したということがわかり、秀次屋敷は南二ノ丸の西にあることがわかります。

 つまり、秀勝屋敷は南二ノ丸の西にある秀次屋敷の北隣にあります。

 豊臣一族の豊臣秀長らが内堀と外堀に挟まれた区域に屋敷があることや秀次屋敷の東が行幸行列の下馬所になっていることから、建碑場所の敷地の西端から東へ約35m付近から東に延びる外堀と内堀に挟まれた区域に秀次屋敷があり、秀次屋敷の北隣にある秀勝屋敷は建碑場所から一区画北にあると私は考えます。

 

 

   

O 聚楽第外堀跡の落ち込み

 

 

 土屋町通中立売下ルの傾斜のきつい坂道は古くから聚楽第外堀があった痕跡による落込みと考えられていました。

 森島説によれば外堀は土屋町通の東側(この写真の左)、北限(この写真の下が北)はこの坂道を下ったところにある東側の路地の南側までです。

 聚楽第跡地周辺には堀跡による落込みと推測できる坂道がいくつもありますが、この坂道と聚楽第南外濠跡の碑がある松林寺境内付近がわかりやすいです。

 この坂道を下った先の東側の路地の北側の土地と、その土地の北隣の土地である中立売通沿いの南側の土地では、路地の北側の土地が建物の数m低いです。この高低差は坂道の高低差とほぼ同じと考えられます。この高低差は坂道の西側の民家からほぼ真東に約100m続いています。この状況は、約2.5メートルの高低差が東西約150メートルある聚楽第北ノ丸北堀跡石垣付近と似ています。 

 明治17年末(1884)までに完成した『上京区地籍図』で路地の北側にあたる田丸町の地籍図を見ると、田丸町の中立売通沿いの土地は宅地ですが、現在は路地になっている土地の北側は畑地です。この路地の北側の土地は写真の坂道のような傾斜があり、畑地として耕しやすいように整地された結果、路地の北側の土地は北隣の土地と比べて数m落ち込んでいるのかもしれないです。

 もっとも、路地の北側の土地は発掘調査が行われていないため、坂道から路地へ東に延びる落ち込みが未発見の外堀跡によるものかは現時点ではわからないです。の落ち込みの正体が解明される日が待ち遠しいです。

 

 

 

P 此附近 聚楽第址の石碑 

 

 

 聚楽第跡の石碑です。大正時代に正親(せいしん)学区の有志の方の寄付で建立されました。2008年3月から人目がつきやすい正親小学校の角地に移動しました。 

 建碑当時の大正時代では聚楽第の範囲が大まかにしかわからないため、「此附近聚楽第址」という碑文ですが、森島説など最新の発掘調査に基づく聚楽第城郭推定範囲では、建碑場所は聚楽第本丸西堀にあたるため、2008年6月に石碑の東側(写真の右)に設置された駒札の表題が「此附近聚楽第本丸西濠跡」です。石碑の碑文と石碑を解説するために設置された駒札のタイトルが異なる珍しい例です。

 石碑がある南北の通りの裏門通の一条から下長者町間は本丸の南北、ここから東に約260m先にある大宮の聚楽第址の石碑までが本丸の東西とほぼ一致します。この場所は聚楽第本丸の広さが実感しやすい場所です。

 

 

 

 聚楽第北ノ丸北堀跡石垣

 

 

 一条通の智恵光院通から大宮通間の北側の東西約150メートルに点在する高さ約2.5メートルの石垣は北ノ丸北堀石垣跡です。石垣の一部はマンションや民家、路地の奥などに残っています。現存する石垣の石は当時のものではなく、北ノ丸北堀石垣の基礎部分を再利用し石垣が築かれたと考えられています。

 1997年の一条松屋町西入ルのマンション建築工事に伴う試掘調査で北ノ丸北堀の石垣の基底石4個と石垣の石を抜き取った跡が検出されました。聚楽第の石垣の石が見つかったのはこの写真の石垣があるマンションが初めてです。 

 マンションは住民の皆様の生活の場です。石垣は非公開です。マンション内はマンション関係者以外立ち入り禁止です。聚楽第ウォークでもコースに含める予定はないです。

 掲載している写真は2009年10月31日に開催された財団法人京都市埋蔵文化財研究所主催のスタンプラリー「聚楽第と御土居をめぐる」でこの石垣が公開された時に撮影したものです。

 行政か市民団体などが主催する史跡ウォーク等で聚楽第がコースに含まれる場合は、マンション住民の皆様のご好意により特別公開されることがあります。一般の方が事前申し込みなしで参加できるイベントで公開されるという情報を入手しましたら、お知らせします。

  

 

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る