聚楽第の記録と地名に残っている建物

 

 聚楽第に関する記録と地名にある建物を考えます。聚楽第の二代目の主豊臣秀次の家臣として聚楽第で職務をこなしていた駒井重勝の日記『駒井日記』の記述では本丸、北ノ丸、南二ノ丸、西ノ丸、本丸には北門、西門、南門があります。聚楽第の各郭の名称は『駒井日記』が基です。

 堀、門と橋はこちらのページに掲載しています。

 また、山里茶亭を由来とする山里町など聚楽第内部に関する地名も残っています。地名に関してはこちらのページで掲載しています。

 

 

◆本丸の建物・施設

 図を載せている部屋に関してはこちらのページで詳しい説明を掲載しています。

〇大広間

 本丸最大の部屋です。天正19年(1591)閏1月8日にインド副王使節が聚楽第で秀吉と謁見しました。その様子を使節から聞いたフロイスが『フロイス日本史』に記載し、フロイスは文章化して掲載してます。

 そこから推定される構造を図にしたものを下図です。詳細に関してはこちらのページに記載してます。

 

 

〇広間

 天正16年(1588)7月24日に毛利は聚楽第で初めて豊臣秀吉と対面しました。『輝元公上洛日記』にその部屋の座席表が記載されてます。下記図は人物名などを現代風に改めたものです。

 

 

 

〇御座の間

 同年8月1日に聚楽第で八朔参賀あり、秀吉は正午から毛利ら参賀した公卿達と宴会をしました。その部屋の座席表が『輝元公上洛日記』に記載されてます。人物名などを現代風に改めたものが下図です。

 

 

 

○庭

 一般的な城では大広間や広間などから庭が見えるように設計されています。二条城二の丸御殿の庭は御殿の南西にある行幸御殿からも見えるようになっていたそうです。

 『聚楽第行幸記』によると庭には遅咲きの桜、山吹、ツツジが咲き、舞台と左右の楽屋があります。現存する町名によると亀木町から庭には木製の亀の噴水、須浜町から州浜と池、長谷町から人工の滝があったと考えられます。

 慶長3年(1598)に秀吉が建設した醍醐寺三宝院にある藤戸石が聚楽第の庭から運ばれたと伝えられています。醍醐寺三宝院の庭は聚楽第と同じ桃山時代の庭です。

 

○山里茶亭(茶室)

 気軽に出かけることができない大名は茶室の庭に山里の風景を再現し、気分転換しました。山里町という町名は「山里茶亭」と呼ばれる聚楽第の茶室に由来しています。

 山科言経の日記『言経卿記』の文禄2年6月8日の項に「殿下へ参了、山里へ渡御了」と山科らと豊臣秀次が聚楽第の山里茶亭へ行った記録があります。

 天正16年(1588)7月28日に毛利が出席した聚楽第の茶室の図と内部の様子を『輝元公上洛日記』では記録してます。下記図は『輝元公上洛日記』に掲載されている茶室の図を彩色したものです。原図はモノクロで雰囲気がつかみにくくわかりにくいため、イメージ重視で色分けをしています。

 聚楽第の茶室が1つであるとは断定はできませんが、おそらく1つである可能性が高いため、『輝元公上洛日記』に掲載されている茶室の図は山里茶亭の可能性が高いです。

 

○多門櫓と隅櫓

 多門櫓は石垣の上にある長屋上の平屋の櫓です。石垣と塀のみでは敵に乗り越えられる怖れがありますが、石垣の上に多門櫓を設置することで、多門櫓の窓から石垣を登って来る敵を迎え撃つことができ、防御性が向上します。戦時以外は倉庫か家来が住む長屋に使えます。

 攻め込まれる可能性がない聚楽第では見栄えや石垣の上のスペースの有効活用の観点から設置されたそうです。

 昭和49年(1974)に大宮通一条下ル東側で実施された発掘調査では花崗岩の礎石が9個見つかり、この場所に本丸の北東隅櫓か堀に架かる橋の橋脚があったと考えられています。隅櫓は戦時では防御施設、平時では侵入者がいないか見張る警備施設です。石垣の要所にあったでしょう。二層か三層の櫓を天守閣の代用にするケースがあります。

 

○奏者の間

 『輝元公上洛日記』の中に関東の大名の北条氏規の名代として上洛した北条氏直が秀吉と謁見した天正16年8月22日の項に「右の衆(この前文に書かれている9名の人物)ハ奏者の間迄御供ニ」という記述があります。

 この日は武家を含む公卿と公家成の大名(政権内の武家の格式を三段階で格付けした場合、公卿が上、公家成が中)に謁見の場の参列を命じられ、毛利は家来200名を連れて行きますが、聚楽第の建物内に入れたのは12名のみです。公卿の毛利と公家成の小早川、吉川は謁見の場に参列し、穂井田ら従五位下諸大夫(政権内の武家の格式では下。平大名と同等の待遇)の6名と赤川ら従五位下布衣(江戸時代の布位は諸大夫より下ですが、この時代の布衣は諸大夫と同等)の3名の計9名は奏者の間までお供をしました。

 奏者の間は一般的な城にある遠侍(とおざむらい)の間と呼ばれている部屋と同じものでしょう。奏者の間はこの記録のみにある名称のため、奏者の間が正式な名称か断定はできませんが、関白の邸宅兼政庁である聚楽第は、遠侍の間という武家風の呼び方を嫌い、奏者の間と呼んでいたのかもしれません。

 この日は毛利らを含む17名の武家が列席し、毛利や徳川ら6名が武家の公卿です。彼らも毛利同様に従五位下諸大夫と従五位下布衣の官位を授かった家臣を奏者の間に控えさせているはずで、奏者の間全体でかなりの人数が入るだけの広さがあったと考えられます。

 この部屋の本来の用途は主と謁見するために来た者の控室です。主と謁見者の取次役である奏者がこの部屋で謁見者をもてなし、用件などを取り次ぎます。この部屋で奏者が謁見者を持て成している間に主らは対面のための準備を整えます。同日記の7月24日の毛利との秀吉との初謁見時の奏者は前野長康が務めています。主の御供として来た者は主が謁見を終え、戻るまでこの部屋で控えます。

 謁見者の地位により通される部屋が決まっています。二条城二ノ丸の遠侍ノ間には勅使専用の勅使の間があります。聚楽第にも勅使の間に相当する部屋があったと推測できます。  

 なお、『フロイス日本史』のインド副王使節が聚楽第の秀吉と謁見した時の記述では聚楽第に入る前に聚楽第南二ノ丸西側にある豊臣秀次の屋敷を訪問しています。使節の人数が多く外国の使節であるため秀次の屋敷を奏者の間の代わりにしたようです。 

 

○玄関

 御殿への入り口です。式台があります。屏風に虎の絵が描かれて虎の間と呼ばれることが多いです。『聚楽第行幸記』によれば車寄があります。行幸では天皇は鳳廉(ほうれん)、聚楽第の主である秀吉は牛車に乗っています。車寄は乗り物から降りると直接建物の中に入れるように高さが調整してあります。

 聚楽第の車寄を利用するのは天皇、聚楽第の主である秀吉と秀次という限られた人物だけです。

『天正年中聚楽亭両度行幸日次記』の天正16年の行幸では「近江中納言ノ門ノ東ヨリ下馬」とあります。近江中納言は、当時は近江半国を領し中納言である豊臣秀次のことです。天皇や秀吉以外の人物は南二ノ丸の傍にある秀次屋敷の前で馬や輿から降りました。

 『輝元公上洛日記』によると秀吉は平時の外出での乗り物は輿です。御成先の大名屋敷にも車寄せがあります。

 

 

○台所

 「聚楽第図屏風」では第の右側に井戸が描かれています。井戸の側にある建物が聚楽第の台所のようです。屏風の上を北と考えると二条城二ノ丸同様に北東側に位置します。ここで第内の食事が用意され廊下を通って各部屋へ運びました。 

 『フロイス日本史』ではルイス・フロイスが天正19年(1591)閏1月9日にインド副王使節として聚楽第の秀吉と対面した巡察史ヴァリニャーニら一行から聚楽第のことを聞き記録しています。その中に、台所に関する記述もあります。

 「関白はその後、二人の公家に対し、司祭たちやポルトガル人に、宮殿の諸建築を参観させるように命じた。そこで一行は宮殿の主要な部分を見学したが、(中略)部屋という部屋、広間という広間、その内外と上下は言うに及ばず、台所までがその用具や机の置場に至るまで、ことごとく金が塗られているからである」

 とあります。使節もしくはフロイスによる誇張も含まれている可能性はありますが、台所と台所用具まで金が塗られていたようです。

 台所を見学したのは使節だけではありません。毛利輝元の家臣である平佐就言は天正16年7月から9月の主に従い上洛し、その様子を記録した『輝元公上洛日記』の8月7日の項に

 「未刻に聚楽へ出仕候碁被成御覧。其以後御座席台所迄不残見せ被参せ候駿河大納言大和大納言殿御案内者也。」

 とあり、聚楽第へ出仕した毛利は囲碁を観戦した後、豊臣秀長と徳川家康の案内で聚楽第の座敷から台所まで残らず見学しています。使節と毛利が聚楽第見学の折に台所も見学しているため、聚楽第見学コースに台所も含まれていたようです。

 「台所までがその用具や机の置場に至るまで、ことごとく金が塗られているからである」というのは誇張している印象を受けますが、見学コースに含まれているということは通常の城の台所とは異なる豪華なものであったようです 

 

 

○行幸御殿

 行幸された天皇と皇后のために設けられた仮御所です。天皇を行幸させるために禁裏に近い場所に聚楽第を建てているため建築当初から御殿も建てられたでしょう。「聚楽第行幸記」によると檜の皮で屋根を葺いた檜皮葺(ひわだぶき)の寝殿です。天皇と皇后は別々の寝殿で就寝します。行幸御殿も天皇の御殿と皇后の御殿があったと推測できますが復元図ではスペースの都合上一つにしています。

 

○楽屋と舞台

 庭に舞台があり舞台の左右に楽屋があると『聚楽第行幸記』にあります。大広間の南側に設置しました。

 

○殿主

 聚楽第の主である秀吉・秀次の生活空間です。諸史料では聚楽第の中に天主と殿主という名称の施設があることが確認できます。これらは天守閣を指すこともありますが、安土城天主造営以前は城主の居住空間を指す言葉として用いられます。

 聚楽第には絵画史料以外では天守閣の存在が確認できないことから、城主の居住空間を意味していると考えます。詳しいことはこちらのページ参照

 

本丸以外

○南二ノ丸

 外部から本丸への通り道です。

 南二ノ丸跡地付近には天正17年(1589)に秀吉が公家と諸大名達に金を配った馬場が由来と推測できる金馬場町があります。

 『輝元公上洛日記』では8月27日に毛利は国許へ帰る挨拶のため聚楽第にて秀吉と謁見し、進物の返礼として秀吉から馬一頭を贈られますが、秀吉は毛利を厩へ案内し、そこから毛利に馬を選ばせました。秀吉の気前の良さがわかる出来事です。

 そのことから、聚楽第本丸の近くに厩があったことがわかります。金馬場町の由来である南二ノ丸の馬場の存在が裏付けられます。

 

○西ノ丸

 西ノ丸には秀吉の正妻の高台院を由来とする高台院町という町名があり、秀吉の妹の旭姫と母が聚楽第で亡くなっています。このことから西ノ丸には秀吉の女家族が住んでいた曲輪と推測できます。

 

○北ノ丸

 中井均氏は「城郭史からみた聚楽第と伏見城」(『豊臣秀吉と京都』編日本史研究会 文理閣)で『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」では北ノ丸が描かれていない点と『鹿宛日録』の文禄2年8月1日の「北方新御殿」という記述からこの時期に造営されたとあります。

 ただ、『鹿苑日録第3巻』(編 辻善之助 太洋社)ではこの記述は文禄2年ではなく翌年の文禄3年(1594)8月1日ですから、文禄2年とされたのは中井氏の記載ミスのようです。この記述を北ノ丸造営の根拠と考える中井氏の説に従うと、北ノ丸が造営されたのは文禄3年頃です。

 北ノ丸造営時期の聚楽第の主は豊臣秀次です。黄金を多用した本丸御殿は彼の好みに合わず、王朝文学と和歌に造詣が深い彼の好みが反映された御殿と庭を造営したのではないかと思います。

 


聚楽第にあるはずの建物

 城、屋敷、民家と種類に関わらず人が暮らすには必要なものがあります。二条城二の丸と江戸城を参考に考えていきます。

 

○式台の間

 聚楽第の主である秀吉、秀次の側近達の控え室です。登城した大名と主との側近との要談や主への献上品をこの部屋で取り次ぎます。

 

○湯殿

 湯船に御湯を溜めて入るいう和風の入浴スタイルは江戸時代にできました。それまでは蒸し風呂です。釜で御湯を温めて、その蒸気で体を温め、洗い場で体を洗いました。

 

○蔵

 米倉と金蔵です。第外に蔵屋敷があったかもしれませんが、日常に使う分は第内の蔵に保管されていたでしょう。

 

○役所

 関白の政庁という触れ込みで聚楽第は作られています。関白としての職務をこなすため配下の者が働くための役所が設けられていたはずです。しかし、豊臣政権の運営自体は大坂城にいる官僚の役目のため聚楽第の役所は大きくはないはずです。位置的には玄関の右手奥になるでしょう。

 天正19年(1591)に関白の座と聚楽第を秀吉から譲られた秀次を豊臣家の後継者と位置づけるなら、聚楽第が豊臣政権運営の拠点になるはずで、政権運営のための役所が必要ですが、作られた形跡はないです。関白職と関白の政庁である聚楽第だけを譲ったようです。

 

聚楽第の最初のページへ