聚楽第城下町の大名屋敷の探し方

 

 聚楽第自体の情報が少なく、聚楽第城下町の大名屋敷に関してはさらに少ないです。聚楽第に関する書籍ですら「大名屋敷があった地域」と一括りにされるか、屋敷を構えていた人物を由来とする町名が残っている人物だけを掲載する程度です。 

 史料が乏しく、説がわかれるなどわからない部分が多いですが、まとまったものがインターネット上では公開されていないようで公開することに意義があると考え、地名由来として残っている大名屋敷や聚楽第に関する史料を基にまとめてみました。

 御意見や御反論、ある史料に「○○家の屋敷が△△にある」もしくは「○○家の屋敷は△△家の隣という記載ある」など情報がございましたら当道場の掲示板へメールまでお願いします。 

 このページでは大名屋敷地図の探り方を紹介します。大名屋敷地図はこちらのページで掲載しています。

 絵画史料と平面図に記載されている大名屋敷の分析は絵画史料などに記載されている聚楽第の大名屋敷で行っています。

 

 

◆聚楽第城下町の大名屋敷の主の探し方

 聚楽第城下町の大名屋敷の主を特定する方法は探せば案外あるものです。ここではその方法を紹介します。主に下記の発掘調査の結果、町名、絵画史料と平面図を根拠に作成しました。

 

○発掘調査

 もっとも確実な方法です。森島康雄氏は発掘調査の地点で同じ家紋付きの瓦がまとまって出土した場合は、その家紋を使う大名家が調査地点の屋敷の主とする方法で堀川より東にある4家の屋敷を特定されています。森島康雄「聚楽第と城下町」(『豊臣秀吉と京都/聚楽第・御土居・伏見城』に収録)を参照してください。

 

○町名由来

 聚楽第城下町で屋敷を構えていた大名を由来とする町名が今も多数残っています。(聚楽第に関連する地名のページに掲載しています)

 地名は情報が少ない大名屋敷を探る上では欠かせない情報源です。天保14年(1843)に名倉希言が作成し明治時代の摸写のみ伝わる「豊公築所聚楽城址形勝」や各種地名辞典、京都市内の町名の変遷をまとめた『京都市町名変遷史』(聚楽第ならびに城下町の大名屋敷が掲載されているのは1巻から3巻です)などから探ることができます。

 ただ、町名由来の中には「聚楽第があった当時には亡くなっている」、「成人していない人物が由来」、「実在しない人物の屋敷が由来」、「ある人物の屋敷の位置が当時の史料から判明しているにも関わらず、異なる場所にその人物の屋敷があったことを由来」など由来が誤りであると断定できるものもあります。このことに関しては聚楽第関連町名再考のページで解説しています。

 史料から由来が誤りであると断定できるもの以外は、現在伝わる町名の由来を尊重します。

 

○聚楽第の平面図

 聚楽第の平面図では「浅野文庫蔵諸国古城之図」の「山城聚楽」と「豊公築所聚楽城址形勝」があります。

 「浅野文庫蔵諸国古城之図」の「山城聚楽」は広島市立図書館のHP内の特別集書Webギャラリー浅野文庫蔵諸国古城之図(別ウィンドウで開きます)のページに掲載されています。

 「豊公築所聚楽城址形勝」は、『平安宮跡を訪ねて』(編集 京都渡来文化ネットワーク会議 監修 NPO平安京他 出版 京都創文社)に財団法人聚楽教育会が所蔵のものがカラーで掲載されているためわかりやすいです。

 「山城聚楽」に記載されている大名屋敷の分析はこちらで、「豊公築所聚楽城址形勝」に記載されている大名屋敷の分析はこちらで行っています。

 これらの平面図には、町名由来として残っていない大名の屋敷が記載されています。町名由来以外の大名屋敷は屋敷があったという伝承か、現存していない史料を根拠にしていると推測されます。

 

○絵画史料

 聚楽第を描いた絵画史料の中には描かれている屋敷の主を記載しているものもあります。

 三井記念美術館蔵の「聚楽第図屏風」は前田など3つの屋敷を記載しています。記載されている大名屋敷の分析はこちらで行っています。

 東京藝術大学蔵の「探幽縮図」の「聚楽第行幸図屏風」では戸田屋敷など約5つの屋敷を記載しています。記載されている大名屋敷の分析はこちらで行っています。

 尼崎市で2004年に見つかった「聚楽第行幸が描かれた洛中洛外図」(尼崎本と略します)の附箋から描かれている屋敷の主がわかります。尼崎本に記載されている大名屋敷の分析はこちらで行っています。

 尼崎本の附箋の解読は伏谷優子著「聚楽第と聚楽第行幸が描かれた洛中洛外図について」(『文化史学の挑戦』笠井昌昭編 思文閣)にある「図 洛中洛外図 左隻」を基にしています。尼崎本は江戸時代前期に作成されたと考えられています。

 尼崎本が左隻の下半分の題材が天正16年(1588)の聚楽第行幸です。堀川から烏丸間に大名屋敷が建ち並ぶのはこの行幸の3年後ですが、金箔瓦が使われた大名屋敷を描くことにより、豊臣時代のきらびやかさを強調するための意図的な改変と考えられます。

 尼崎本は絵画史料ですが、尼崎本に描かれている前田屋敷があることを示す附箋がある屋敷の位置と森島氏が1981年の中立売通小川南東角の発掘調査により特定された前田屋敷の位置がほぼ一致するなど、(尼崎本)の大名屋敷への附箋は一定の信憑性があると認められ、根拠として用いることができると判断しました。

 

○文献史料

 文献史料では毛利輝元の家臣の平佐就言が天正16年(1588)の毛利輝元の上洛を記録した『輝元公上洛日記』が唯一です。8月1日に「御屋敷ハ立六十間横六十五間也。聚楽より辰巳の方御屋敷の右ハ備前宰相殿屋敷左ハ越後上杉殿館也前は前野但馬守也」とあります。毛利屋敷と隣接する屋敷がどの大名の屋敷であるかを記載しています。

 その中の大名の1人の宇喜多屋敷が「山城聚楽」と「豊公築所聚楽城址形勝」に記載され、宇喜多屋敷があったことを由来とする浮田町として残っていることから、宇喜多屋敷の位置が特定できます。

 「山城聚楽」などでは宇喜多屋敷の西隣には徳川家康の屋敷があることから、この日記の記述の右は西を意味することがわかり、毛利屋敷の西隣は宇喜多、東隣は上杉、南隣は前野の屋敷があることがわかります。

  

 

 

◆聚楽第城下の大名屋敷の構造

 大名屋敷の構造に関しては詳細は不明です。ただ、発掘調査や文献史料からの断片的な情報があります。特徴的なものをまとめてみました。

 

○金箔瓦

 豊臣期の城郭の特徴として金箔瓦が用いられることがあります。聚楽第城下での発掘調査で、複数の箇所から大名の家紋付き金箔瓦が出土していることから、大名屋敷にも金箔瓦が用いられていることが判明しています。

 

○御成門

 フロイスの『日本史』では聚楽第城下の大名屋敷に関する記述があります。フロイス本人は聚楽第と城下の大名屋敷に来たことはないですが、秀吉と謁見したインド副王使節からの話として記載しています。本文中の引用は『完訳フロイス日本史5 豊臣秀吉篇2』(訳 松田穀一 川崎桃太 中央公論新社)からです。 

 「いずれの屋敷にも二つの豪壮な門があり、その正面はすこぶる優雅な珍しい構造で、数々の塗金した銅板が貼られ、(中略)。一つの門は日常、家への出入りに用いられ、他の一つは、つねに閉鎖されていて、関白殿が彼らに招かれ、もしくは彼らの屋敷を見に訪れた時のみに使用するだけの目的で特に造られたものである。」

 とあり、日常で使用する門の他に、御成門があったことがわかります。

 尼崎本と『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」は大名屋敷の門が2つ描かれています。尼崎本で描いている大名屋敷の主な範囲は、当時は禁裏御所と聚楽第を結ぶ重要な通りである中立売通の烏丸通から堀川通の大名屋敷です。この区域に屋敷が配置されている大名は、秀吉に仕える大名の中でも重要な人物ですから、彼らの屋敷に御成の可能性があるため御成門を造ったと考えられます。

 全ての大名に秀吉の御成があるとは考えにくいため、ある程度の地位が高い大名の屋敷のみに御成門があったと考えられます。

 

○櫓門

 『言経卿記』の天正16年4月17日の記事に「一宿了、門ヤクラニ住居了」とあります。

 有職故実に詳しい山科言経は、18日の早朝からこの日に行われる聚楽第行幸の還幸(天皇が行幸先から禁裏御所へ戻ること)行列に供奉(ぐぶ)する秀次の装束を整えるため前日に泊まりました。彼が泊まった場所が門櫓は櫓門の2階部分(1階部分は門)のため秀次の屋敷には櫓門があることがわかります。

 豊臣秀次は豊臣一族であり、この屋敷には秀吉の御成もあります。豊臣秀長や秀次屋敷での御成には摂家や公卿達の参列しているため、彼らの屋敷は聚楽第と同様に公家達や諸大名との社交場のような位置づけもあるため、通常の大名屋敷とは役割が異なります。

 おそらく秀次屋敷と同様の役割がある秀長屋敷にも櫓門はあったと考えられます。

 聚楽第に準ずる位置づけがある2人の屋敷だから櫓門を構えていたのか、ある程度の格式がある大名ならば櫓門を構えることが許されるのかはわからないです。 

 なお、聚楽第に関する絵画史料で描かれている聚楽第東外門も櫓門として描かれています。

 西洞院時慶の日記から聚楽第行幸の部分だけ抜粋した『天正年中聚楽亭両度行幸日次記』によれば天正20年 (1592)の秀次主催の聚楽第行幸に供奉(ぐぶ)した西洞院は初日である1月26日の記事に「休息所ハ、鐵門ノ上ヘ退下」という記述から聚楽第の門の上に休息所があることがわかり、聚楽第の城門に櫓門があることが裏付けられます。 

 

○四脚門 

 絵画史料では大名屋敷の四脚門を描いているものもあります。四脚門は棟柱2本とその前後に控柱が2本ずつある構造です。寺院や大名屋敷の正門に用いられることが多く、現在でも寺院の正門の構造が四脚門であることも珍しくないです。

 上京区下立売通浄福寺西入ル南側で昭和59年(1984)から行われた発掘調査で桃山時代の遺構から柱の痕跡が見つかりました。柱の痕跡の配置から調査地には東か西に開く幅約3mの四脚門と門の北に幅約1.8mの脇戸があることがわかりました。

 門が東か西に開くことから、この門は調査地に住んでいた大名屋敷の東門か西門であり、聚楽第があった当時には門の東か西は南北の通りに面していたことがわかります。

 この調査だけでは、この門が櫓門であるかはわからないです。 

 なお、この発掘調査地は平安宮内裏承明門の雨落溝と地鎮に用いられた遺物が見つかったことで有名で、平安宮内裏承明門跡の石碑が現地にあります。

 

○築地塀

 絵画史料の大名屋敷の囲いは築地塀です。『言経卿記』の天正20年1月25日の記録に翌日の聚楽第行幸の見物場所を「佐竹築地辰巳角」、翌日には「佐竹築地角ニテ見物」とあり、大名屋敷に築地塀があったことが裏付けられます。

 

〇屋敷の広さ 

 屋敷の広さがわかるのは毛利輝元の屋敷のみです。前述の『輝元公上洛日記』の記述に「御屋敷ハ立六十間横六十五間也」と、屋敷が縦60間、横65間とあります。造営開始を伝える記述にあることから屋敷ではなく、屋敷用地全体と推測できます。1間が時代や地方によって異なるため、この日記にある1間が何尺に相当するのか不明です。

 この日記の1間を当時の城郭や大名屋敷などで用いられていた京間の6尺5寸(約1.97m)でメートルに換算すると南北は約118m、東西で約128m、用地面積は約15,104u(約4,570坪)です。

 大大名である毛利は秀吉の仲介により朝廷から参議という高い官位を与えられた武家の公卿です。豊臣政権の大名を上中下の3段階でランク付けすると武家の公卿は上に分類できます。同日記にある毛利屋敷と隣接する武家の公卿の上杉、宇喜多の両屋敷も同じ広さでしょう。

 ランクが中と下の大名の屋敷は、毛利屋敷より狭いはずですが、具体的な広さは不明です。大名屋敷地図では原則として現在の1区画に1家の屋敷を入れています。

 

○大名屋敷の区画溝

 平成28年4月29日に公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センターが行った「平安京跡(平安京右京一条三坊二町)現地説明会」の配布資料によると、上京区下長者町通新町西入藪ノ内町42番地の京都府警本部新庁舎建設工事に伴う発掘調査で長さ23.5m、幅2.1m、深さ1.5mの溝が見つかりました。

 この溝から金箔瓦や金箔を押した土師器皿など出土した遺物から、この溝は聚楽第城下の大名屋敷を区画する溝である可能性が高いと考えられています。

 聚楽第の城下町の大名屋敷と大名屋敷の間に区画溝があったことがわかりました。溝の位置は現在の新町通の西端から約30mです。

 

 

 

 上記図は調査地と周辺の道との位置関係を示したものです。幕末に京都守護職屋敷造営に伴い、屋敷用地に含まれるなどの理由で道路がなくなった箇所を点線で示しています。 

 西洞院通は聚楽第城下町の町地の聚楽町の川東組の東端にあたります。釜座通と衣棚通は調査地付近が大名屋敷街になる前年の天正18年の天正の地割で新たに開通した通りです。釜座通の丸太町通以南の延長線上までの距離が短いことから、釜座通りは聚楽第破却に伴い大名屋敷がなくなった後に調査地付近まで延伸したと考えます。

 この溝の西側にある屋敷は聚楽町の川東組の東端の西洞院通に面していると推測します。

 新町通から二筋東の室町通は聚楽第があった当時は大通りです。現在の室町通は普通の幅の通りですが、当時の室町通は上京と下京という洛中にある二つの都市を結ぶ唯一の通りという交通の要所であったことから、当時の道幅は今よりもかなり広かったと考えます。

 現在の室町通とこの溝の距離は『輝元公上洛日記』から大大名の毛利屋敷の東西の長さである約128m以上あるため、室町通とこの溝の間に2つか3つの大名屋敷があったのではないかと考えます。

 当時の西洞院通と室町通の道幅や調査地付近まで新町通と衣棚通が存在していたのかわからないですが、この溝から当時の大まかな大名屋敷の区画割がわかる可能性はあります。

 

 

 

◆聚楽第の大名屋敷のその後

 

 聚楽第破却の前年である文禄3年(1594)から伏見城の城下町の本格整備が始まり、諸大名は秀吉の命で伏見城下に屋敷を構え、聚楽第城下の屋敷から伏見城下の屋敷に移り住みました。

 聚楽第城下の屋敷を移築する形で伏見城下の屋敷を構えた大名が多いようで、聚楽第破却時には聚楽第城下の大名屋敷は全盛期に比べ大幅に減り閑散としていたと考えられます。聚楽第破却により城下に残っていた屋敷も伏見へ移転しましたが、破却後も大名屋敷は少なからず残っていました。

 

〇大名の京都の宿所として残る

 『鹿児島県史料 旧記雑録後編2』(編 鹿児島県維新史料編さん所)に収められている龍伯(島津義久)が文禄4年(1595)11月12日に甥の又八郎殿(島津忠恒)へ送った書状によると京都の島津屋敷が秀吉により接収され、秀吉から聚楽第にある御殿を下賜されています。島津は伏見にまだ屋敷を構えていないため、伏見屋敷の建築資材としてすでに解体された聚楽第の御殿(もしくは秀次事件で処罰されたなどの理由で主を失った聚楽第城下の大名屋敷)を下賜されました。

 徳川家康の侍医の板坂卜斎の覚書『慶長年中卜斎記』(『改定史籍集覧第26冊』臨川書店に収録)によれば、文禄5年(1596)5月13日の秀吉親子参内に関して「伏見城より京島津龍伯舊宅迄八十八町あり」や「島津舊宅より禁中迄の間五町」など旧島津屋敷という記述が何度もあることから、秀吉は前年に接収した島津屋敷を京都の宿所として利用していることがわかります。

 徳川家康も聚楽第城下に屋敷を残していました。山科言経の日記『言経卿記』によると聚楽第破却中の文禄4年(1595)8月8日に「徳川亜相今日聚楽南之私宅」、その後は翌年の2月4日には「江戸亜相宿所長者町」とあります。

 「南之私宅」は、『浅野文庫蔵諸国古城之図』の「山城聚楽」などから聚楽第の南である現在の下立売通日暮付近の徳川屋敷を指します。

 長者町の徳川屋敷は天正19年の堀川以東へ大名屋敷街拡張以降に構えた屋敷で、島津屋敷と同様に禁裏御所の近辺にあったと考えられますが、この記述のみでは具体的な位置を特定するのは無理です。徳川のように秀吉の御供として上洛する大名は上洛用の宿所として堀川より東に構えた屋敷を残していたようです。

 

 

〇京都新城築城に伴い聚楽第城下の大名屋敷が完全になくなる

 旧島津屋敷では京都の宿所して狭すぎると秀吉は考えたのか、京都に新たな拠点を作ります。拠点を作るために立ち退きの対象となった範囲は『言経卿記』の慶長2年(1597)1月24日によると「三条坊門ヨリ四条坊門マテ四町、又西ハ東洞院ヨリ東へ四町ナリ(現在の通り名で記載すると北は御池通、南は蛸薬師通、東は寺町通、西は東洞院通)です。

 位置は京都御苑から南へ約1キロで、広さは四町四方(1町=109mで換算すると約19,000平方メートル)という広大な土地です。言経は秀吉の新たな京都の拠点の造営を見物した同年4月12日の項に「東洞院御屋敷見物了」と記載していることから秀吉の新たな京都の拠点を東洞院屋敷と呼んでいたことがわかります。

 しかし、言経が造営を見物した半月後には秀吉が造営場所を現在の仙洞御所がある付近に変更し、住民を立ち退かせています。『言経卿記』の4月26日によると変更に伴う立ち退きの範囲は「北土御門通ヨリ南ヘ六町、東ハ京極ヨリ西ヘ三町也」(現在の通り名で記載すると北は上長者町通、南は竹屋町通、東は寺町通、西は高倉通いう南北六町東西三町(1町を109mで換算した場合、約21,400平方メートル)の区域の住民が立ち退かされました。

 言経は『言経卿記』の同年10月1日の項に「太閤上京御屋敷」とあり、現在は京都新城という名称で呼ばれている秀吉の京都の新たな拠点を上京屋敷と呼んでいたようです。同年9月26日に秀吉親子が宿泊したことから、主要部分は完成しているようです。

 『言経卿記』の慶長2年4月6日以降は徳川の長者町屋敷に関する記述がなくなり、徳川の上洛時の宿所は有力商人の亀屋栄仁の家、当時は禁裏御所近くにあった頂妙寺など転々とします。同記録の同年10月5日には「江戸内府屋敷地ナラシ見物了」と言経は京都の新たな徳川屋敷の普請のための地均しを見物してます。徳川は京都新城の主要部分が完成した時期に長者町屋敷に代わる新たな京都屋敷の普請を開始していることがわかります。 

 『言経卿記』の慶長3年(1598)3月22日には「内府内々御上洛之由有之間、屋形へ罷向、留守□□(欠落)ニ対面了、座敷見物了」と彼は徳川の京都屋敷へ行き留守を任されている人物(欠落部分は留守役の人物名と推測されます)の案内で座敷などを見物したことから屋敷自体はすでに完成していると考えられます。新たな徳川屋敷の名称に関しては、同記録の同年の11月18日では「上京内府屋形へ留守ニ罷向了」と記載していることから上京屋敷と呼ばれていましたようです。

 新しい屋敷が上京屋敷と記載されていることから長者町屋敷とは別の場所にあることがわかります。 

 『言経卿記』の慶長5年4月18日(関ヶ原の戦いの約5か月前)に「内府八時分ヨリ已前ニ上洛、施薬院宿也間」と徳川は上京屋敷ではなく、施薬院屋敷に宿泊していることがわかります。そのことからこの時までに徳川の上京屋敷はなくなっていたようです。

 京都新城は秀吉親子の宿所として築城されましたが、翌年に秀吉が亡くなると慶長4年(1599)から秀吉の正妻の高台院が住みました。

 徳川の上京屋敷は京都新城完成と同時期に普請が始まりましたが、京都新城が秀吉の京都の宿所という役割を失った2年後には上京屋敷が廃邸になっていることから、京都新城と上京屋敷の関係性が強く、現在は京都新城と呼ばれている秀吉の新たな屋敷を言経は太閤上京屋敷と呼んでいたことから、徳川の上京屋敷は京都新城の城下にあったと考えられます。

 慶長年間末(1620)頃の公家屋敷の配置を再現した「中むかし公家町之図」では京都新城を高台院殿と記載されています。高台院の屋敷の範囲は『言経卿記』にある京都新城築城のために立ち退かした区域の北半分ほどしかなく、特に南半分が高台院の屋敷に含まれていないため、この範囲内に徳川の上京屋敷があったと考えます。京都新城の周りには大名屋敷も建ち並んでいたようです。

 京都新城の築城がきっかけで、大名の京都の宿所という形でわずかに残っていた聚楽第城下の大名屋敷も完全に消滅したと考えられます。

 

聚楽第 豊臣家の夢の跡のメインページに戻る